MarkLogicが「MarkLogic®データハブサービス」の提供を開始

企業内のデータからビジネスバリューをすばやく創出

オペレーショナルかつトランザクショナルなエンタープライズNoSQLデータベースのリーダーであるMarkLogic Corporation(https://jp.marklogic.com/)は本日、「MarkLogicデータハブサービス」の提供を発表しました。これはクラウド上において、ミッションクリティカルなデータの統合・格納・ハーモナイズ・分析・セキュリティ適用を最も迅速かつ費用対効果の高い方法で実現するものです。「MarkLogicデータハブサービス」は、業界をリードするMarkLogicのデータハブ技術(https://jp.marklogic.com/solutions/enterprise/operational-data-hub/)の強みを、ビジネスデータとユーザーデータの大規模統合に伴うコストと運用負担を軽減することでさらに強化します。キュレーションされたデータは、強力な分析およびトランザクションアプリケーション、IoT分析、ナレッジグラフ、AIおよび機械学習を促進します。

今日の組織は、ますますデータに圧倒されるようになっています。その結果、簡単に使用でき、運用上のオーバーヘッドが少なく、よりアジリティ(機敏性)のあるソリューションに魅力を感じています。「MarkLogicデータハブサービス」は、データを迅速に統合するために必要なすべてのアジリティをDevOpsチームに提供しますが、運用上のオーバーヘッドはありません。つまり、「運用(Ops)」ではなく「開発(Dev)」に集中できます。これがビジネスバリューとなります。さらに、このサービスはMarkLogicの現代的なマルチモデルデータベース上に構築されているため、データ統合のニーズに対応するために複数のクラウドサービスを手作業でつなぎ合わせて管理する必要はありません。

データレイクの成功版
データレイクは、すべての組織が直面するデータ氾濫の問題を解決すると言われていましたが、成功した事例はほとんどありません。あるアナリスト会社では、その原因としてガバナンスの欠如、意味の不統一、柔軟性の欠如(https://www.gartner.com/doc/3886263/avoid-data-lake-failures)など多くの要因について議論してきました。「MarkLogicデータハブサービス」は、こうした課題に対処するために一から作られています。

MarkLogicの上級副社長(製品担当)のジョー・パスクワは次のように述べています。「実際のところ、MarkLogicデータハブサービスは、データレイクの成功版と呼べるでしょう。データレイクは、方向性は間違っていなかったのですが、企業における根本的な現実を無視していました。MarkLogicデータハブサービスは、データレイクが約束していたことをきちんと実現します。つまり、データの管理、キュレーション、セキュリティ適用、運用、業務活用によって、ビジネスにおける本当の結果を達成します。」

また451 Researchのシニアアナリスト、ジェームズ・カーティス氏は次のように述べています。「今日の多くの企業では、データハブが重要な役割を担うようになっています。というのも、企業データを効率的に整理および管理できるからです。このような企業内のデータハブソリューションを活用することで、MarkLogicデータハブサービスは、クラウドサービスのあらゆる利便性を提供すると同時に、セキュリティが標準装備されたエンタープライズ機能を提供します。」

変動するワークロード、予測可能なコスト
ワークロードは分単位で変化するかもしれませんが、予算は変わりません。企業には、変動する需要に対処できる予測可能なコストモデルが必要です。MarkLogicのユニークなアーキテクチャにより、基盤となるデータベースに対してリソースを追加したり削除したりすることが数秒でできます。MarkLogicデータハブサービスは、MarkLogicクエリサービス(https://jp.marklogic.com/product/marklogic-database-overview/query-service/)で提供を開始した技術と同じものを使用しています。使用ベースラインに基づいてコストを完全に予測可能にしながら、ピークロード時にはバーストして対応できます。これは高コスト、プロビジョン過剰、予測不能なオンデマンドアプローチとは異なります。

「コストが予測可能な状態で変動するワークロードに対応できること、また高度なセキュリティが装備されていることにより、大きな変革がもたらされます。これらが一緒になることで、はるかに多様なワークロードを安全かつコスト効率よくクラウドに移行できます。これによりデジタルトランスフォーメーションが加速されます」とパスクワは指摘しています。

Database-as-a-Serviceへの跳躍
MarkLogicデータハブは、他のデータベースにはない重要なビジネスバリューをもたらします。これは、さまざまなデータソース(RDBMS、メッセージバス、ストリーミングデータなど)からのさまざまな種類のデータ(ドキュメント、グラフ、リレーショナル、地理情報など)を扱うことができ、一つのアーキテクチャ上で統合、キュレーション、マスター管理、ガバナンス、検索、クエリ、ハーモナイズを実現します。従来のアプローチで同様の機能を実現しようとすると、データベースに10個以上の異なるコンポーネントを合体させなくてはならないので、コスト、複雑さ、脆さ、オーバーヘッドが増加します。

安全性とセキュリティ
本サービスの基となるデータハブ技術にはすでに実績があり、業界最高レベルのエンタープライズレベルのデータセキュリティと信頼性をもってデータを統合します。「Data Hub-as-a-service」の提供により、クラウドにおけるデータのアジリティ、セキュリティ、ガバナンスの強化を求める組織は、エンタープライズユーザーがMarkLogicに期待するのと同じ最先端の機能を提供する、オペレーショナルで柔軟かつ統合されたサービスにより、複数のサービスの合体を避けることができます。

こちら(https://www.marklogic.com/product/marklogic-database-overview/query-service/)では、MarkLogicデータハブサービスの提供、料金、エンドユーザーにとってのメリットと価値について、詳細を確認できます。

MarkLogicについて
10年以上にわたって、世界中の組織が革新的なインフォメーションアプリケーションにMarkLogicを使用しています。分断データ統合の世界的なエキスパートであるMarkLogicのオペレーショナル&トランザクショナルエンタープライズNoSQLデータベースプラットフォームを使って、データを統合し全体像(「360」)を把握する現代的なアプリケーションが構築されています。シリコンバレーに本社があり、それ以外に米国、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアに事業所があります。日本では東京渋谷にマークロジック株式会社を設立しています。


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MarkLogic Corporation >
  3. MarkLogicが「MarkLogic®データハブサービス」の提供を開始