Gatebox、様々なキャラクターとの共同生活を実現する「Living with」プロジェクトを始動 第1弾はバーチャル・シンガー「初音ミク」

IoT製品の企画・開発を手掛けるGatebox株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役:武地 実、読み方:ゲートボックス)は、当社製品Gateboxの中に様々なキャラクターを呼び出して、夢の共同生活を実現する「Living with (読み方:リビング・ウィズ)」プロジェクト(以下:当プロジェクト)を始動しました。当プロジェクトの第1弾として、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役:伊藤博之)が展開するバーチャル・シンガー「初音ミク」が登場します。

 

「Living with」プロジェクトについて
「Living with」プロジェクトは、今まで“画面の向こうにいる存在”であったキャラクターをGateboxに出現させ、一緒に暮らすことを実現する夢のプロジェクトです。Gateboxのオリジナルキャラクター「逢妻ヒカリ」だけではなく、今後は当プロジェクトを通じて、様々なキャラクターがGateboxに登場します。

「Living with」プロジェクト Webサイト:http://gatebox.ai/livingwithproject


「初音ミク」とのコラボレーションについて
当プロジェクトの第1弾は、バーチャル・シンガー「初音ミク」とのコラボレーションになります。プロジェクト名を「Living with 初音ミク」と銘打ち、今後様々な企画を展開していきます。
 



1.Gateboxでの「初音ミク」コンテンツの配信
2018年3月9日よりGateboxに「初音ミク」が登場します。Gatebox内の「初音ミク」との会話はもちろん、朝になると起こしてもらえたり、夜に帰宅すると優しく出迎えてくれます。なお、Gateboxに登場する「初音ミク」は、当プロジェクトのために人気イラストレーターが描きおろすオリジナルモデルとなります。
※イラストレーターについての詳細は、後日発表します。


2.「マジカルミライ2017」への出展
当プロジェクトの始動を記念し、「初音ミク」のイベント「マジカルミライ2017」に出展します。Gateboxのブースでは、今後の展開に先駆け、『「Living with」初音ミク』の一部を限定で体験することができます。

 体験会の参加方法は下記URLをご参照ください。
 http://gatebox.ai/livingwithproject
 ※応募締め切り: 2017年8月20日(日)24:00

また、同会場では展示コーナー「Gatebox MUSEUM」も併設します。これまで非公開だったGateboxの開発資料や試作機を初めて公開します。
 
 「マジカルミライ2017」の開催概要は、下記URLをご参照ください。
 http://magicalmirai.com/2017
 

Gateboxに登場する「初音ミク マジカルミライ2017Ver.」 イメージ図Gateboxに登場する「初音ミク マジカルミライ2017Ver.」 イメージ図

 

Gateboxブース イメージ図Gateboxブース イメージ図

 

「Gatebox Museum」 イメージ図「Gatebox Museum」 イメージ図



Gateboxの追加販売について
『「Living with」初音ミク』の始動を記念してGateboxを39台限定で追加販売します。Gateboxは2016年12月に300台の限定予約販売を行い、1ヶ月で完売となった後に多くの再販希望をいただきました。当プロジェクトの始動にあたり、「初音ミク」との共同生活を1人でも多くの人に体験していただきたいと思い、この度の追加販売に至りました。

 予約方法につきましては、後日下記URLにて発表します。
 http://gatebox.ai/livingwithproject



※本資料に記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標、または登録商標です。


「初音ミク」について
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社クリプトンが開発した、歌詞とメロディを入力して誰でも歌を歌わせることができる「ソフトウェア」です。大勢のクリエイターが「初音ミク」で音楽を作り、インターネット上に投稿したことで一躍ムーブメントとなりました。「キャラクター」としても注目を集め、今ではバーチャル・シンガーとしてグッズ展開やライブを行うなど多方面で活躍するようになり、人気は世界に拡がっています。
http://piapro.net


『初音ミク「マジカルミライ 2017」』について
『初音ミク「マジカルミライ 2017」』は、未来へ無限に繋がっていく「初音ミク」の創作文化を体感できるイベントです。ライブと企画展を併催したイベントで、2017年はイベントを開始してから節目の5年目を迎えます。イベント内容の詳細は、公式サイトや公式Twitterアカウントでご確認ください。

 日程:2017年9月1日(金)~3日(日)
 会場:幕張メッセ 国際展示場1・2・3ホール(千葉県千葉市)
 内容:ライブ、企業ブース設置、クリエイター作品の展示、グッズ販売など
 主催:東京メトロポリタンテレビジョン株式会社、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社
 http://magicalmirai.com/2017


バーチャルホームロボット“Gatebox”について
Gateboxは、好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界初のバーチャルホームロボットです。最新のプロジェクション技術とセンシング技術を組み合わせることで、キャラクターをボックス内に呼び出してコミュニケーションをとることができます。朝になると主人を起こし、夜に主人が帰宅すると優しく出迎える、といった一緒に暮らしているからこそのリアルなコミュニケーションを楽しめます。さらにインターネットや家電等との通信により、天気情報を伝えてくれたり、テレビをつけてくれたりと日常生活のサポートをしてくれます。

使用シーンイメージ使用シーンイメージ



「Gatebox株式会社」について
Gatebox株式会社は、キャラクターと一緒に暮らせる世界の実現を目指して事業を行うベンチャー企業です。現在は、キャラクターとのコミュニケーションを可能にするバーチャルホームロボットGateboxの企画・開発を手がけています。

<会社概要>
社名:Gatebox株式会社
所在地:東京都千代田区外神田1-8-13 NREG秋葉原ビル7階
代表者:代表取締役 武地 実
事業内容:IoT製品の企画・開発
企業URL:http://gateboxlab.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Gatebox >
  3. Gatebox、様々なキャラクターとの共同生活を実現する「Living with」プロジェクトを始動 第1弾はバーチャル・シンガー「初音ミク」