IoT向け無線通信規格『LoRaWAN™』認証プログラム 試験サービス開始

~ 全ての認証対象地域(欧州・米国・韓国・日本含むアジア10カ国)対応の試験機関として認定 ~

総合的な第三者検証ソリューションを提供するアリオン株式会社(東京都 品川区、代表取締役社長:中山英明 以下「アリオン」 )は、アリオン台湾ラボがLoRa Alliance™よりAuthorized Test House(ATH:第三者認証試験機関)としての認定を受けたことをお知らせいたします※1。これに伴い、アリオンは2018年8月より、LoRaWAN™認証対応の全地域(欧州・米国・韓国・日本含むアジア10カ国)を対象とした認証プログラムを開始いたしました。認証を取得することで、LoRaWAN™ロゴマークの使用が可能となります。
LoRaWAN™ネットワークは、基本的に拡張スター型トポロジー(star topology)で構成されています。
 

図:LoRaネットワーク概略図図:LoRaネットワーク概略図


■ アリオンのLoRaWAN™認証プログラム
アリオンではLoRaWAN™認証プログラムの実施に加え、IoTに関連する総合検証やデバッグ支援サービスを提供しています。お客様の製品が持つ潜在的な課題に対し、市場販売前の段階で解決へと導くお手伝いをいたします。

[対応している認証地域 (周波数帯域)]
● ヨーロッパ:EU 863-870MHz
● 北米(米国及びカナダ):US 902-928MHz
● アジア10カ国※2(日本含む):AS 923MHz
● 韓国:KR 920-923MHz

製品のIoT化が進んだことで無線技術が複雑化しており、市場では製品同士の互換性の確立を求められています。これは、国内外を問わず数多くの企業が抱える課題であると同時に、改善のポイントでもあります。アリオンはLoRaWAN™認定の第三者認証試験機関となったことで、LoRaWAN™関連技術を搭載した幅広い製品に対し、性能試験や信頼性試験といった試験サービスで製品品質の向上を支援しています。アリオンは最新の技術動向に追随しながら、高効率かつ完全カスタマイズによる検証プランを提供していますので、ご興味をお持ちの方はアリオンまでお気軽にお問合せください。

※1:https://www.lora-alliance.org/certification-test-houses
※2:日本、台湾、タイ、ベトナム、ニュージーランド、シンガポール、インドネシア、ブルネイ、カンボジア、ラオス

■ LoRaWAN™ について
LoRaWAN™は、LoRa Alliance™が定めたLPWA(Low Power Wide Area)の一種で、LoRa無線変調技術をベースとしたIoT向けの通信プロトコル技術です。無線局免許が原則不要の「アンライセンスバンド」である920MHz帯域を利用しています。IoTネットワークの構築に求められる低コスト・低消費電力に加え、長距離通信を実現しており、LoRaWAN™ゲートウェイを設置することで、半径数km~数十kmの範囲にある機器との無線接続が可能となります。

■ 会社概要
会社名:アリオン株式会社
住所:〒141-0022 東京都品川区東五反田 3-20-14 住友不動産高輪パークタワー 1F/12F
代表者:中山 英明(なかやま ひであき)
設立:2002年4月
URL:http://www.allion.co.jp/
事業内容:
● 総合的な第三者検証ソリューションの提供
● 企業や標準団体等の各種ロゴ認証試験(USB, HDMI, Wi-Fi, Bluetooth, LoRa, OCF, HDR10+ 等)
● ハードウェア・ソフトウェア製品全般に関する品質保証テストおよび関連情報サービス
● 製品開発・品質保証に関する検証ツールの開発および販売

※ 本ニュースリリースに記載された商品名称等に関する表示、会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アリオン株式会社 >
  3. IoT向け無線通信規格『LoRaWAN™』認証プログラム 試験サービス開始