緊急事態宣言明けの大企業のテレワークに新たな手段!安心して働けるワークスペースをコンシェルジュが手配する「叡知オフィスクラウド」開始

株式会社エイチ(本社:東京都港区、代表取締役:伏見匡矩、以下 エイチ)は、2021年3月23日に、テレワークのためのサテライトシェアオフィスプラットフォーム「叡知オフィスクラウド」を開始します。

コロナウイルス感染症の流行により、2月後半の都内の在宅ワーク実施率が59%(東京都調べ)となる中、単身世代では在宅ワーク疲れが深刻化、DINKS世代では家の中で2名ともがオンライン会議を行うことなどでのストレス、子育て世代では在宅ワークでは集中できないなどの「在宅ワークの限界」も見えてきております。一方で、オフィスを解約・縮小する企業も多く、戻る場所としてのオフィスが縮小されていっております。また、営業活動を再開する企業などでは、アポイントの間に入ってしまうオンライン会議に対応をするためのカフェなどでは店舗側もオンライン会議禁止なども多く、情報漏洩リスクが高いため、セキュリティが確保できる個室が外出先にないという悩みも出てきており、新たな働き方に対応するオフィス外でのサードプレイスワークスペースの必要性が高まってきております。

エイチは、2015年7月より約5年半に渡り、スペースコンシェルジュサービスを提供し、会議室・レンタルオフィス・ホテルのデイユース・カラオケルーム・イベントスペースなどの提携施設を約12,000箇所まで拡大し、これまで約20,000社に対して必要なスペースをコンシェルジュとシステムで手配を代行するサービスを提供してまいりました。これらのスペースネットワーク資産及びコンシェルジュオペレーションで積み上げてきたノウハウ・データベースを活かし、正式にテレワークのためのサテライトシェアオフィスプラットフォーム「叡知オフィスクラウド」をローンチいたします。

 

 

企業は「叡知オフィスクラウド」に会員登録をするだけで、従業員が国内最大級の約12,000の個室(SOLO)・オープンスペース(SHARE)・レンタルオフィス(FLEXIBLE)・ミーティングイベント(MEETING/ EVENT)に分類されるスペースにアクセスすることができます。AIを搭載した「エイチくん」に話しかけるだけで、適切なニーズを深堀するための質問が投げかけられ、それらに回答するだけですぐに適切なワークスペースがレコメンドされます。ワンクリックで予約ができ、あとは予約したスペースに行くだけで経費精算は不要。企業管理部門様はセキュリティに関する条件を設定することができますので、従業員が使える会場、使ってはいけないNG会場を指定・管理ができ、従業員ごとの予算制限をかけることができます。スペース利用料金については、立替払いなどが発生せず、エイチの管理画面から請求書をダウンロードするだけで、どの従業員がいつからいつまでどこで働いていたかの出退勤記録も手に入れることができます。マッチングに対する手数料は発生せず、通常のスペース利用料金での利用が可能になっております。


既に実証実験に参加した企業の満足度・継続率とも100%となっており、利用に関しては主にホテルのデイユースや1名用の個室会議室などの利用が多く、オンライン会議における情報漏洩を考慮した個室の需要が高まっており、情報漏洩リスクの高いオープン型のコワーキングスペースなどは敬遠される傾向が見えてまいりました。

緊急事態宣言明けの営業活動の再開などに向け、益々オフィス・在宅ワークに加え、サードプレイスでの働き方の需要が高まる中、従業員の新しい働き方を支えてまいります。

■    株式会社エイチ 会社概要
所在地:東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル903
設立:2013年7月
代表者:伏見 匡矩
URL: https://eichiii.com/office/

 

 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エイチ >
  3. 緊急事態宣言明けの大企業のテレワークに新たな手段!安心して働けるワークスペースをコンシェルジュが手配する「叡知オフィスクラウド」開始