ホスピス医が伝える、「苦しみ」を抜け出して幸せを見つけるための生き方のヒント

「NHKプロフェッショナル」、「NHKスペシャル」等で話題の著者。
30万部の『今日が人生最後の日だと思って生きなさい』シリーズの原点、復刻を望まれる方々のご要望に応え、13年前に出版されたものに、新たに加筆修正し、このたび改訂版として出版されました。


限られた“いのち”を生きるホスピス病棟で、「究極の苦しみ」と向き合うホスピス医だからこそ伝えたい、「苦しみ」を和らげる人間関係のあり方について説いた一冊です。

今、この苦しみから抜け出したいあなたへ贈ります。

 

苦しみの中でも幸せは見つかる苦しみの中でも幸せは見つかる

なぜ自分だけこんなに苦しまなくてはならないのか。

1年間に2万人以上が自殺する時代、苦しみを持たない人はいません。
人やものの大切さを表す表現に「価値」という言葉があります。そして、多くの人は、役に立つから生きていて良いと考えています。しかし、病気やケガなどで健康でなくなると、役に立つという価値観では、自分の存在を支えることはできなくなります。

役に立たない、何もできない私であったとしても、存在して良いと思えるためには、どのようなことが求められるのか。友人、知人、夫婦、親兄弟、教師・生徒、上司・部下、学校・仕事関係……。

すべての「苦しみ」は人間関係を見直すことで改善されます。
本書を読むことで、多くの人が苦しみと向き合う力を得て、苦しみを通して見えてくる真の幸せを見つけられることでしょう。

―目次―
第一章 苦しんでいる人の前で私たちにできること
第二章   限られた“いのち”から見えてくる人間という存在
第三章   自分の”苦しみ”をわかってもらうために
第四章 医師である私の生きる道



■著者プロフィール
1963年、東京都生まれ。
1987年、東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業。
1991年、山形大学大学院医学研究科医学専攻博士課程修了。
その後、救命救急センター、農村医療に従事した後、1994年より横浜甦生病院内科・ホスピス勤務、ホスピス病棟長を経て、現在めぐみ在宅クリニック院長。ホスピスマインドを広めるために、Facebookを通して情報の発信をおこなうかたわら、自らをホスピスの伝道師と称し、学校教育の中に、死への準備教育、いのちの教育が展開されることを目指して活動を続けている。

■SNSリンク
小澤竹俊 Face book
https://www.facebook.com/taketoshi.ozawa
一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会ホームページ
https://endoflifecare.or.jp/


■購入リンク
Amazon 
https://www.amazon.co.jp/dp/4594076637
楽天市場
http://books.rakuten.co.jp/rb/15000102/
■新刊概要
『苦しみの中でも幸せは見つかる 改訂版』
著者 : 小澤竹俊
発売 : 2017年6月30日
定価 : 1080円(本体1000円+税)
判型&体裁: B6変判
頁数 :  144頁
発売元 : 株式会社 扶桑社
ISBN :9784594076634
URL : http://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594076634

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社扶桑社 >
  3. ホスピス医が伝える、「苦しみ」を抜け出して幸せを見つけるための生き方のヒント