「東京大壁画」本格始動にともないロゴマーク・キービジュアルを公開

Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13

東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京が主催する“Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13”のひとつであり、株式会社ドリルが企画制作を手がける「東京大壁画」は、本日、ロゴマーク及びキービジュアルを発表します。

ロゴマーク・キービジュアルロゴマーク・キービジュアル

丸ビル・新丸ビル制作風景丸ビル・新丸ビル制作風景

「東京大壁画」は、“Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13”の最後に発表された企画であり、2021年夏の東京・丸の内において、アーティスト横尾忠則さん、横尾美美さんを起用し、丸の内ビルディング(以下、丸ビル)・新丸の内ビルディング(以下、新丸ビル)の壁面を一対のキャンバスに見立て総面積7,000㎡以上の巨大壁画アート2作品を展示するものです。

 

企画のコンセプトとなるのは「宇宙 COSMO POWER」。宇宙生命の大きなうねり=エネルギーを表現すべく、丸ビルの壁面(総面積3,371㎡)には“火(ignis)”をテーマとした横尾美美さんの作品が、新丸ビルの壁面(総面積4,381㎡)には“水(aqua)”をテーマとした横尾忠則さんの作品が展示されます。展示はお二人が手掛けた巨大な絵柄をそれぞれ100枚以上に分割して1枚あたり約3㎡のシート化を行い、そのシートを1枚ずつ丸ビル・新丸ビルのガラス壁面に貼り付けるかたちで行われます。5月20日段階で、全体の約半分までシートの貼り付けが進行。これから7月17日(土)までの約2ヶ月をかけて、全353シート(丸ビル113シート、新丸ビル240シート)の貼り付けを完了させます。


 今回発表するロゴマークは、東京駅の正面に立つ丸ビル・新丸ビルの巨大なグラス・ウォールを象徴的かつダイナミックにデザインし、掲げられた“火(ignis)”と“水(aqua)”をテーマとした二つの作品から生じるCOSMO POWERを表現しました。キービジュアルは二棟のビルをモチーフにしたロゴマークを中心に据え、掲出される作品の一部と共に構成し、巨大壁画アートのスケール感を表現しつつ、企画コンセプトに込められた、世界を強く鼓舞するメッセージを伝えます。

今回の作品について、横尾忠則さんからは(今回の企画への参画が決定した時に)まず、この支持体とどう対峙するかに、しばらく時間がかかるだろうと思った。テーマである火と水は相対的なものとして、ここでは二つの要素を一つの要素として考えた。まず現場に立って身体的に実感してもらいたい。」、横尾美美さんからは「東京大壁画は、アートという別次元へと誘(いざな)う入口を父と私の作品で創りあげているように感じた。"ignis(炎)"の中には、隠し画のようにさまざまな動物や天使、食べ物、花など平和を象徴するようなものが描かれているので、探しながら楽しんで観て頂きスケールの大きさを体感いただけたら嬉しい。コロナ禍にあっては、焼き尽くす炎が全てを新しく生まれ変わらせ、炎の聖さ(清さ)、優しさで心と身体が癒され、炎の強さ、情熱で、光(希望)へと導かれるような世界が感受できるような作品に成れば。」とのコメントをお寄せいただきました。

「東京大壁画」の展示期間は2021年7月17日(土)から、9月5日(日)までの50日間、国内はもとより海外でも例のない世界最大級のパブリックアートの完成をご期待ください。

<展示される作品の詳細について>
1.作品のテーマ〜“火(ignis)”と“水(aqua)”

横尾忠則氏作品(一部) テーマ  “水(aqua)”横尾忠則氏作品(一部) テーマ “水(aqua)”

横尾美美氏作品(一部) テーマ “火(ignis)”横尾美美氏作品(一部) テーマ “火(ignis)”

丸ビル・新丸ビルの二つの巨大なグラス・ウォールに作品を展開するにあたり、テーマにおいても「相互関係にあり、二つの呼応し合えるような概念を」ということで、横尾忠則氏、横尾美美氏を交えてミーティングを進めるうち、「火と水」、しかも卑近な状況にとどまらない、宇宙的な元素概念として捉えることのできる、“火(ignis)”と、“水(aqua)”に絞り込まれました。火は水によって消火されるが、水もまた火によって気化するという相関関係にあります。また、火は揺れ続け、螺旋状に上昇する一方で、水は水平にとどまり、垂直に落下するという、運動形態も極めて異種の状態を示します。こうした二つの存在と運動は、宇宙はもちろん、人類、私たち一人一人が内包する運動であり、エネルギーでもあるという思想に立ち、人類から、宇宙までに通底する「コスモパワー COSMO POWER」=「生命の循環運動」と捉えました。

 

2.作品の表現形式〜“部分と全体”
表現形式においても、「相互関係にあり、二つの呼応し合えるような概念」のもとに、作品制作ができないものかと考えました。テーマは、“火(ignis)”と、水(aqua)”ですが、単にそれぞれが火や水を描くのではなく、モンタージュ、あるいはコラージュという手法を用い、作品の部分部分が、単純な火や水ではないものによって構成されています。「部分と全体」双方が意味を持って存在することで、細部においては異化異質でありながら、総体としては火や水の表現になるという構造です。原質(オリジン)と、多様性(バリエーション)の関係を表すことにもなります。これは、人類、地球、宇宙をつなぐ大きな様相でもあります。“火(ignis)”は横尾美美氏、“水(aqua)”は横尾忠則氏が制作いたします。


【参考資料1.アーティストプロフィール】


横尾忠則氏

1936年兵庫県生まれ。美術家。72年にニューヨーク近代美術館で個展。その後もパリ、ヴェネツィア、サンパウロ、など各国のビエンナーレに出品し、パリのカルティエ財団現代美術館など各国の美術館で個展を開催。15年高松宮殿下記念世界文化賞、令和2年度東京都名誉都民顕彰。7月17日より東京都現代美術館での大規模な個展が開催される。

 

横尾美美氏
画家。1994年 「Tadanori&MimiYOKOO」展で展覧会デビュー。1995年個展開催から、東京を中心に、全国各地で開催。 2000年 PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE MILLENNIUM、Spring Summer2000 を担当。最近ではme ISSEY MIYAKE “MIMI YOKOO”の第一弾(2017年)から第三弾(2020年)までコラボレーションを展開。





【参考資料2.実施概要】
イベント名:東京大壁画
実施期間:2021年7月17日(土)~2021年9月5日(日)
実施場所:丸ビル(東京都千代田区丸の内2丁目4−1)、新丸ビル(東京都千代田区丸の内1丁目5−1)
アクセス:JR東京駅丸の内南口より徒歩1分、東京メトロ丸ノ内線東京駅より直結
公式WEB:http://www.tokyodaihekiga.jp
主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
企画運営:株式会社ドリル
後援:三菱地所株式会社、三菱地所プロパティマネジメント株式会社(会場協力)
協力:株式会社アタマトテ、株式会社アマナ、株式会社アンテナ、株式会社Odds Design
※プログラム内容は変更になる可能性がございます。

 

「Tokyo Tokyo FESTIVAL」とは
オリンピック・パラリンピックが開催される東京を文化の面から盛り上げるため、多彩な文化プログラムを展開し、芸術文化都市東京の魅力を伝える取組です。

「Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13」とは
斬新で独創的な企画や、より多くの人々が参加できる企画を幅広く募り、Tokyo Tokyo FESTIVALの中核を彩る事業として、東京都及び公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京が実施するものです。国内外から応募のあった2,436件から選定した13の企画を、「Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13」と総称し、展開しています。
公式WEBサイト:https://ttf-koubo.jp/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 Drill >
  3. 「東京大壁画」本格始動にともないロゴマーク・キービジュアルを公開