「私に保険は必要ですか?」「いいえ、必要性は低いです」独自アルゴリズムがあなたを分析。辛口保険評論家も開発に参加した、ロボット保険アドバイザー「ドーナツ」がサービス開始!

2018年4月24日、Sasuke Financial Lab株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 松井 清隆)は、家計支出の中でも比較的割合の大きい保険の「見直し」や「加入」を支援する、ロボット保険アドバイザー「ドーナツ(ベータ版)」の提供を開始しました。「ドーナツ」は、利用者が7つの質問に回答することで、わずか数分以内にパーソナライズされた最適な保険の組み合わせが提案されます。また回答内容によっては、特定の保険の必要性が低いことが提示されるなど、利用者に寄り添ったサービスを特徴としています。

▼ロボット保険アドバイザー『 ドーナツ(ベータ版)』
https://i-donuts.com/

 

新サービスの概要

 

「ドーナツ」は、これまで時間や手間のかかっていた保険選びを「スマホで、手軽に、即座に」というコンセプトで開発されました。「ドーナツ」という名前には、これまで大変だった保険選びをまるでドーナツを選ぶときのワクワクした感覚に変えていきたいとの想いが込められています。


【主な機能と特長】
  1. 約1分で最適な保険の組み合わせを提案
  2. ユーザーに寄り添った保険サービス
  3. 複数の保険会社の商品から提案



① 約1分で最適な保険の組み合わせを提案
7つの質問に答えると、ユーザーに最適な保険を提案します。平均的な所要時間は約1分。保険選びには時間と労力がかかるというこれまでの常識が変わります。

 



② ユーザーに寄り添った保険サービス
複数の専門家が開発に携わった独自アルゴリズムが「死亡保険、医療保険、がん保険、就業不能保険」の中からパーソナライズされたベストな組み合わせを分析します。ユーザーの選択肢によっては、いずれの保険も必要性が低いとの診断が出る場合もあります。


 

 


③ 複数の保険会社の商品から提案
比べることが当たり前の時代。「ドーナツ」は複数の保険会社の商品の中から、ユーザーに最適な組み合わせを提案します。既に保険に加入している人、これから保険に加入する人、まずは「ドーナツ」を確認してみませんか?提携の保険会社は今後随時増えていく予定です。

 



【使い方 ~保険選びの第一歩~ 】
  1. 直感的に回答できる7つの質問(準備は必要なし)
  2. 回答内容を独自アルゴリズムで分析、ベストプランを作成
  3. 取り扱う複数の保険会社の中から、オススメの商品をご提案

 
サービス開発の背景


ドーナツでは、「保険」とは将来回避できない経済的リスク(大黒柱の不幸や大病に伴う急な出費や収入減等)に備えるものだと考えています。世帯所得が低下傾向にある今日、若年層を中心に家計の余裕はほとんどない状況が続いています。保険本来の目的である「将来回避できない経済的リスク」に対し、若年層こそが、こうしたリスクに備える必要があるのではないでしょうか。こうした若年層が「必要な保険」に加入できていない状況は、過度な無駄遣いと同じく、家計が大きなリスクにさらされていることと同義だと考えられます。これまで時間や労力のかかっていた保険の見直しや加入に対するハードルを大幅に下げることで、こうした若年層の家計リスクをサポートしたいと考えています。


また弊社では、ドーナツの姉妹サービスである「ウェルスケア(https://wealthcare.jp/)」を通じて、ファイナンシャル・プランナー(FP)のアドバイスを昨年9月から提供してまいりました。「ウェルスケア」は、主婦や働くママを中心に大きな反響を呼び、順調に利用者数を増やしています。利用者からはFPのアドバイスに加え、具体的な改善策を求める声を多く頂いており、こうしたユーザーの声をもとに、家計支出の中でも比較的割合の大きい保険分野で新たなサービスを開発してまいりました。

 

開発者からのコメント

 

【NEO企画代表 辛口保険評論家 長尾義弘】
「ドーナツ」の開発で実現したいことが2つありました。1つ目は少ない質問数で、お客様のニーズをきっちり把握し「ユーザーに寄り添った提案をすること」。2つ目は一般的に複雑で難しいと考えられがちな「保険の内容をわかりやく伝えること」です。7つの質問にお答えいただくだけで、お客様に合わせた保険商品をご提案しますが、場合によっては、お客様には「保険の必要性は低い」とお答えすることもあります。保険加入をおすすめしないこともある、ドーナツはこれまでとは変わった保険サービスと言えるかもしれません。
開発の背景には、全ての保険に加入するのではなく、必要性の高い保険、低い保険を知っていただきたいという思いが込められています。常にお客様に寄り添った立場で、ご提供する保険商品を増やしながら、使いやすく、便利なサービスに進化することを目指しています。

【Sasuke Financial Lab代表取締役 松井清隆】
近年、海外を中心に「保険(Insurance)」と「テクノロジー(Technology)」を掛け合わせた造語「Insurtech」が注目を集めています。日本の保険業界においても、ユーザーの利便性向上と販売プロセスの透明化が求められる中、販売チャネルも「Insurtech」を背景とした変化が訪れようとしています。
保険はユーザーのライフイベントに加え、様々な特約等の商品性が複雑に絡み合うことから、他の金融商品と比較してもユーザー自らが比較・検討することが難しい商品です。こうした複雑で難しい保険商品をいかに分かりやすくご提案することができるか、開発チームの大きなチャレンジであり、今後の更なる開発テーマです。ユーザーのニーズやライフイベントを的確に捉え、納得感のもとに、「比較・提案・申し込み」が行えるUI・UXを今後も追求してまいります。「ドーナツ」を通じて、日本においても欧米並みにAI化の進んだ保険業界の実現を販売チャネルの側面から支援していきたいと思います。

 

会社概要

 

 会社名:  Sasuke Financial Lab株式会社
 所在地:  東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル FINOLAB内
 代表者:  松井 清隆
 資本金:  7300万円(資本準備金含む)
事業内容:  テクノロジーを活用したファイナンシャル・プランニング事業、生命保険の保険代理店事業
サービス:  家計見直し「ウェルスケア」https://wealthcare.jp/
       保険加入・見直し「ドーナツ」https://i-donuts.com/ 
 連絡先:  info@sasukefinlab.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Sasuke Financial Lab株式会社 >
  3. 「私に保険は必要ですか?」「いいえ、必要性は低いです」独自アルゴリズムがあなたを分析。辛口保険評論家も開発に参加した、ロボット保険アドバイザー「ドーナツ」がサービス開始!