【美脚・美尻の専門サイト開設】岡部医師が監修する、美脚のなるためのエッセンスが詰まったホームページが公開されました。

http://bikyaku.mikara.jp/

株式会社ジャパンヘルスケア(東京都渋谷区、代表取締役医師:岡部大地)は、2018年4月26日(木)に美脚になるための専門サイト「Mikara 美脚」(http://bikyaku.mikara.jp/)を公開いたしました。全記事医師監修の「Mikara 美脚」は信頼性が高く、女性なら誰もが知りたい本当に美脚になれるノウハウが凝縮されています。
夏に向けて、美脚作りをはじめるのは今です。脚が綺麗になる習慣を始めましょう。
 


■美脚に対する専門サイト「Mikara 美脚」とは
美脚は女性の憧れです。それゆえにネット上では様々な情報が溢れかえり、玉石混交の状態です。そこで今回公開された「Mikara美脚」は全記事を医師が監修しています。また身体のプロである理学療法士、作業療法士と共に作られており、身体の解剖学や運動学を元に美脚を分析し、美脚になるための方法をまとめました。
これまでのウェブサイトとの一番大きな違いは「歩き方」にもフォーカスしているところです。エクササイズやストレッチを繰り返しても、日々の身体の使い方が乱れていると美脚にはなれません。
「本物の美脚を作る」
そのためのノウハウを、Mikara美脚には詰め込んであります。


■Mikara(ミカラ)とは
Mikaraでは、正しく効果的にキレイになれる方法を紹介してします。
  • 美しい身体を目指す 美(ミ)身体(カラダ)
  • 自分の身体を見る
  • 全ての始まりは身から
Mikaraには、これら3つの意味が込められています。
身体をきちんと見てあげて、美しい身体を手に入れる。身体を磨けば、見た目もよくなり、自信にもつながり、毎日が変わります。そんなあなたの毎日を変えるエッセンスを、Mikaraは提供します。

 

 

 

HP内の挿入イラストHP内の挿入イラスト

 

 

記事の美脚エクササイズ記事の美脚エクササイズ

 

 


■なぜ医療の会社が「美脚」に特化したサイトを作ったのか
ジャパンヘルスケアは、予防医療という観点で人々の健康作りをサポートしています。しかし予防のために早くから行動すべき20〜40代ぐらいの方には「健康」というワードだけでは響かない方が多いのも事実です。事業を展開する中で健康だけでなく「美」の要素を絡めることで、これらの世代の興味が高まることを日々実感しました。さらには「美脚」へ変わることで「健康」にもつながることが分かりました。
こういった理由から美脚を前面に押し出していくことで実際のアクションにつなげ、見た目にも美しく、健康な身体を手に入れてもらおうと、当サイトの立ち上げに至りました。


■今後の展開
サイトではコンテンツを読んでいただき、美脚になるための正しい情報を知ってもらうことが目的になります。
正しい情報をもとに自分でできる人はよいですが、「綺麗に歩けているか自分では分からない」「なかなか1人では継続できない」などという人も多くいます。リアルでの指導が必要な方のために、その指導の場として東京・渋谷にて美脚レッスンも行っています。
今後は「美脚になるための歩き方」を指導するアプリの開発や(現在進行中)、「美脚のためのエクササイズ」アプリも作っていく予定です。
  • コンテンツを読んで美脚
  • レッスンに来て美脚
  • アプリを使って美脚
いろんな手段を提供することで、その人に合った美脚への変わり方を提案していきます。
 

 



■参考
【株式会社ジャパンヘルスケアについて】
「今もこれからも健康的で豊かな暮らしを」をミッションとして、医師が立ち上げた会社。「ココロ」と「カラダ」と「環境」を変えることを目的にサービスを展開中。現在は歩き方を改善するIoTプロダクトやアプリを開発中であり、同時にウォーキングレッスンやパーソナルトレーニングを実施している。
参照URL:http://jp-hc.com/
Mikara美脚URL:http://bikyaku.mikara.jp/

■お問い合わせ先
◆本プレスリリースに関するお問い合わせ
株式会社ジャパンヘルスケア 広報担当 中田
nakata@jp-hc.com
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャパンヘルスケア >
  3. 【美脚・美尻の専門サイト開設】岡部医師が監修する、美脚のなるためのエッセンスが詰まったホームページが公開されました。