国産CMSのRCMSでWebプッシュ通知機能を標準機能として提供開始

コストパフォーマンスのよいオウンドメディア構築や業務系WEBアプリケーションを支援

記事公開時に自動的にユーザーにWebプッシュ通知する機能が追加され、Facebook/Twitter/Webプッシュ通知/メルマガ/Pingへの同時配信を可能にしました。
RCMSでは、従来より記事公開時の連携機能としてFacebook/Twitter/メルマガ/Pingを提供してきました。
その機能に加えて、Webプッシュ通知する機能が追加されました。本日から有償版の全てのRCMSで利用が可能です。(※仮想専有、サーバインストール版の場合はRCMSの無償アップデートが必要です)

Webプッシュ通知機能は会員登録やメルマガ登録などの必要もなく、手軽に登録を促すことが出来るため、オウンドメディアなどでの利用が広がっております。

RCMSではオウンドメディアや業務系WEBアプリケーションでのご利用のお客様よりご要望をいただき実装を行いました。

今後、会員制サイトや業務系WEBアプリケーションでの利用にも適用しやすいようにターゲティングができるような機能の追加も予定しております。

下記のようなWebプッシュが送信されます。(Androidでの受信サンプル)


記事公開時の連携機能は以下のような画面になっております。同時に各連携機能を設定できます。


「Webプッシュ通知」とは
ここ数年広がってきたChrome, Firefox, Microsoft Edgeなどのブラウザで利用が可能な通知機能で、ブラウザで送信元のサイトを開いていなくても通知を受信するすることができます。
スマートフォンアプリで利用されているPush通知とは違う技術になります。

GoogleによるWebプッシュ通知の技術的な解説
https://developers.google.com/web/fundamentals/codelabs/push-notifications/?hl=ja

「RCMS」とは

RCMSは様々なコンテンツをメタデータ化し、それらを関連させることで、これまでより簡単に高度なWebサイトを構築するためのコンテンツ・マネジメントシステム(CMS)です。コーポレートサイトはもちろん、会員制サイト、メディアサイト、ECサイトなどで利用され、金融機関や上場企業をはじめ、3,000社を超える企業に導入されています。
URL:https://www.r-cms.jp/

株式会社ディバータ 営業部
business@diverta.co.jp
TEL:03-3267-3900
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ディバータ >
  3. 国産CMSのRCMSでWebプッシュ通知機能を標準機能として提供開始