株式会社Linc、事業拡大のため既存株主とエンジェル投資家の有安伸宏氏等から8,000万円の資金調達を完了

外国人材向けオンライン学習・キャリア支援サービスを提供する株式会社Linc(本社:東京都千代田区、代表取締役:仲 思遥)は更なる事業拡大のため、既存株主のジェネシア・ベンチャーズ、BEENEXTに加え、起業家・エンジェル投資家の有安 伸宏氏を引受先とする第三者割当増資を完了いたしました。
左:最高技術責任者(CTO)胡 華、中:代表取締役社長(CEO)仲 思遥、右:最高戦略責任者(CSO)娄 飛 本写真は昨年撮影されたものです。左:最高技術責任者(CTO)胡 華、中:代表取締役社長(CEO)仲 思遥、右:最高戦略責任者(CSO)娄 飛 本写真は昨年撮影されたものです。【Lincについて】
Lincは、外国人材(インバウンド・タレント)の『「日本に来て良かった」を最大化させる』をミッションに、留学生向けのオンライン学習・キャリア支援サービスを提供しています。
総務省が発表した2019年10月1日時点の人口動態調査によると、外国人を含めた日本の総人口は1億2617万人弱と9年連続で減少しただけでなく、減少幅・減少率ともに過去最大を更新しました。対照的に在日外国人は21万人増加し、過去最多の243.6万人超を記録しただけでなく、165万人だった外国人労働者は2030年までに最大で400万人弱まで増える可能性があることが発表されました。
来る“大労働力不足時代”と日本社会のますますの多様化を見据え、Lincは、インバウンド・タレントの留学、就職、生活全般といったライフイベントを支える各種サービスを展開するプラットフォームを目指しております。

 


【新型コロナウイルスの影響】
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大対策である、小・中・高等学校の臨時休校を受け、全国の日本語学校においても全体休校や2020年4月入学予定の特定地域出身留学生に対する一時的な隔離といった深刻な影響が出ています。そうした中、留学生は休校や隔離により学習が進まず、日本語学校関係者はオンライン教育への移行対応等に追われ、双方が大きな不安を抱えている状況です。上記影響を受けている日本語学校を支援すべく、この度Lincでは進学オンライン学習システム「Linc Study」の【無償開放プロジェクト: https://linc-info.com/news/covid-19-eju-free-e-learning/】及び日本語学校内の授業をLinc Studyプラットフォームを通じてオンライン配信【⽇本語学校⽀援プロジェクト:https://linc-info.com/news/yiea-online-japanese-class-eju-free-e-learning/】を先日発表しました。

【資金調達の背景】
新型コロナウィルスの猛威を前に、今日の世界は非常に不確定かつ激動の中にあります。日本における外国人材の文脈でいえば、来日前の留学生の日本入国は制限されてしまっており、また、既に来日している留学生は学習や就職活動に苦しんでいます。一方で、少子高齢化が加速している日本において、新型コロナウィルス収束後でも間違いなく変化しない大きな時流、それは労働人口及び生産性に対する需要です。

今回の資金調達を通じて、Lincは主力ービスLinc Study関連のコンテンツ拡充・プロダクト開発に加え、将来的に日本で働いていきたいと考えている外国人材のキャリア支援及び企業とのマッチンサービスを一層強化し、日本語学習や留学から就職・転職まで一気通貫でサポートするサービス群を提供して参ります。

そして、パートナー企業である株式会社グローバル・リンク・マネジメント及び株式会社アクセスグループ・ホールディングスをはじめ、外国人材の日本における衣食住といった生活関連サポートサービスを関連パートナー企業と共に包括的に推進して参ります。

また、今回の資金調達では従来より力強くサポートして下さっている既存株主であるジェネシアベンチャーズ、BEENEXTに加え、新規でエンジェル投資家の有安伸宏氏に株主として参画して頂きました。同氏の起業からエグジットまでの経験、そしてこれまで日米90社への出資を通じて蓄積した知見はLincの事業を一層強化し、成長を加速させていくものだと確信しております。

Lincはこれからも優秀なインバウンド・タレントと日本の架け橋になり、彼ら彼女らを留学から就職まで一気通貫でサポートするプラットフォームを構築することで、少子化社会と雇用構造にイノベーションを起こし、多様性と包容力溢れる社会を実現して参ります。

【主な資金調達先投資家様からのコメント】
  • 起業家・エンジェル投資家:有安 伸宏 氏
Lincは、アフターコロナの世界に必要とされる事業です。世界規模のパンデミックにより、先進国各国が政治的、経済的に閉じていくことが懸念される今だからこそ、社会的に大きな意義がある事業だと考え、かなり短い期間で出資を決断しました。アジアと日本との間の労働力の移動、という普遍的なテーマをベースに、まずは、e-Learningを来日留学生向けに提供する。教育事業と人材マッチング事業に軸足をおきながら、インバウンド人材の生活プラットフォームへと進化させていく。野村證券、マッキンゼー、DeNA、メルカリなどでキャリアを積んだマチュアな経営陣が、長期的にユニークな事業ポジショニングを志向し、日本の経済成長にとって不可欠な外国人人材のための一気通貫した事業体を作り上げていくことを確信しています。
  • ジェネシア・ベンチャーズ 代表取締役/General Partner:田島 聡一 氏
少子高齢化が進み、労働者人口が減少し続けている日本にとって、海外の優秀人材をより多く受け入れる必要性が年々増しているのは言うまでもありません。 その一方で、日本の大学や企業は、海外の優秀な人材を数多く受け入れたいにも関わらず、彼らにうまく必要な情報を届けることができていないのが現状です。 私たちは、そんな両者の最高の橋渡しとなれるのは、Lincしかいないと信じています。私たちが持つ東南アジアでのネットワークをフルに活かしながら、仲さん、娄さん、胡さんという日本とテクノロジーを知り尽くした強い経営チームと一緒に、今後ますます重要性が高まってくる外国人が日本で活躍するためのライフ・プラットフォームを実現していきます。
  • BEENEXT マネージングパートナー:前田 ヒロ 氏
現在日本は深刻な人手不足の時代に突入しています。人口の減少に歯止めがかからない中、外国人材による日本への留学、就職、生活は日本経済の持続的な発展にとって必要不可欠です。私はLincが世界と日本のグローバル人材をつなげる素晴らしいプラットフォームになると信じています。最高のマネジメントチーム、そして心強い投資家陣と一緒に引き続きLincのビジョンの実現に向け全力で支援して参ります。

----------------------------------
【企業概要】
企業名:株式会社Linc
代表者:代表取締役CEO 仲 思遥
住所 :〒101-0047 東京都千代田区内神田1-7-4晃永ビル4F 
URL :https://www.linc-info.com/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Linc >
  3. 株式会社Linc、事業拡大のため既存株主とエンジェル投資家の有安伸宏氏等から8,000万円の資金調達を完了