新規事業やアプリ開発も得意とするWeb制作会社の代表取締役:名村晋治が2018年8月4日(土)名古屋最大級のWeb系セミナー「WCAN」に出演

〜ビジネスチャットサービス「アトリク」のリリースで勢いに乗るサービシンク代表名村が登壇します!〜

東京都内で不動産業界特化のWeb制作会社サービシンク(本社:東京都新宿区1-10-3太田紙興新宿ビル6F)の代表取締役:名村晋治が、名古屋で最大級のWeb制作者向けセミナー「WCAN」で「クライアントに採用してもらう為、企画作りに込めるモノ」というタイトルで出演いたします。

◯WCANとは?
WCANとは「Web Creators Association Nagoya」の略で、愛知県のWeb制作者の技術向上や地域産業・有限会社の活性化の為に、2000年10月から定期的にイベント・セミナーを開催しております。運営会社は愛知県名古屋市に本社を置く「有限会社アップルップル」で、代表名村も過去複数回出演しております。2018年から毎月30名から50名を動員するイベントとして認知されています。

◯企画書を作成する目的を再度考える為のセミナー(https://wcan.doorkeeper.jp/events/75713
Web業界で働く人間にとって切って離せないのが「企画書作成」です。クライアントに提案をする時、Web制作を進める中で社内のクリエイティブチームへと依頼をする時、社外セミナーへと参加する時など様々な場面で求められます。数多くの企画書を作成することで、どうしても企画書を作成することが目的になりがちですが、我々がおこなっているのは「企画書合戦」ではありません、あくまで「商売」であり「クライアントから選んでもらう」ことです。企画書の説明のみではなく、何を伝えれば良いのか?その為に考えるべきことは何なのか?代表名村が社内勉強会として開催している「企画そのもの以外に企画書に込めてきたモノ」、ひいてはそれは「クライアントに企画を受け取ってもらう為」の「プロの企画書作成虎の巻」の内容を、120分に凝縮してお伝えします。

◯愛知県のWeb業界の繋がりを作るべく懇親会も実施
ライトニングトーク・登壇者への質疑応答も含め時間にして約3時間超えとなっており、非常にボリュームがあるイベントとなっております。イベント後には希望者を対象に懇親会も実施し業界間の繋がりを作ることで、愛知県のWeb業界全体の底上げに寄与しています。代表名村も参加し、イベントにて伝えきれなかったことざっくばらんに参加者へとお話しします。

◯名村 晋治プロフィール
大学2年生の1996年からWebの制作集団ネイムヴィレッジを主催。大学卒業の1999年までの間に100社ほどのサイト制作の企画、ディレクション、デザイン、Perlでのシステム開発、マークアップに携わる。
2000年からは不動産検索サイトHOME'Sを運営している、株式会社LIFULL(旧:ネクスト)に合流。
2005年から別の制作会社に合流し取締役なども歴任。同社では不動産業界のサイト制作のディレクションからフロント実装を担当。

2010年1月12日から株式会社サービシンクを立ち上げ、代表取締役に就任。
不動産業界に特化したサイト制作の、アートディレクション~HTML実装設計~システム設計のすべてに携わるジェネラリスト。基軸としてはクライアントの商売に寄り添う為に、徹底的に思考を巡らせる為のディレクションを行う。

◯会社概要
会社名 :株式会社サービシンク
事業内容:Webインテグレーション事業
システムインテグレーション事業
ブランド構築事業
ビジネスコンサルティング事業
コンテンツ編集事業
インターネットサービス事業
不動産テック(Real Estate Tech)事業

◯プレスリリースに関してのお問い合わせ
会社名 :株式会社サービシンク
所在地 :〒160-0022 東京都新宿区新宿1-10-3太田紙興新宿ビル6F
E-MAIL :pressrelease@servithink.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サービシンク >
  3. 新規事業やアプリ開発も得意とするWeb制作会社の代表取締役:名村晋治が2018年8月4日(土)名古屋最大級のWeb系セミナー「WCAN」に出演