【素材開発をAIで加速】MI-6株式会社が株式会社リバネスと資本業務提携

情報科学で素材開発を効率化するマテリアルズ・インフォマティクス(MI)を提供するMI-6株式会社、科学全般に立脚した事業を手がける株式会社リバネスと資本業務提携。材料メーカー等へソリューション共同提案

国内最大の産業(※1)かつ輸出産業(※2)である素材産業における研究開発を効率化する技術(:マテリアルズ・インフォマティクス 以下、「MI」)を提供するMI-6株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:木嵜基博、読み方:エムアイシックス 以下、「MI-6」)は株式会社リバネス(本社:東京都新宿区、代表取締役グループCEO:丸幸弘 以下、「リバネス」)を引受先とする第三者割当増資を実施し、資金調達を実施しましたのでお知らせいたします。金額は非公開となります。
  • 【資本業務提携の目的と今後の展開】

<MI-6のMI技術とケムガレージ研究所の連携により技術ソリューションを共同で提案>
本提携により、MI-6の有するMI技術を活用した新素材探索手法と、ケムガレージ研究所における有機合成、分析、測定等の実験系を組み合わせたワンストップソリューションを開発・提供します。
メーカー内でリソースが不足していたり、経験が不足していたりする開発テーマであっても、すばやく探索手法を確立させ実験系へ持ち込めることから、新規ニーズや研究テーマの立ち上げ時に適したパートナーシップを構築します。※ケムガレージ研究所(リバネスが株式会社サイディンとの連携により熊本大学「産業イノベーションラボラトリー」内に設置)

  • 【代表者コメント】

株式会社リバネス 代表取締役グループCEO 丸幸弘 
「かねてから日本が競争力を持つためには、ものづくりや素材といった産業の基礎となる部分のイニシアチブを取っていくことが重要だと考えていました。複数分野の研究者の力を集結したMI-6は、設立2年弱にして非常に充実した研究チームを抱え、我が国の素材開発を牽引できる会社になれるポテンシャルを有していると思います。これからのものづくり・素材開発の新しい可能性をつくるプラットフォームを目指せるだろうことから、知識を生み出すプラットフォームに投資するという方針を掲げるリバネスとして資本業務提携することを決めました。例えば海ごみ削減のために素材から見直しを図るといった急進するニーズへの対応なども一緒に進めたいと考えています」

 

MI-6株式会社 代表取締役社長 木嵜基博​
「この度テクノロジーを社会実装するリーディングカンパニーであるリバネス社と資本業務提携に至ったことを大変嬉しく思っております。リバネス社には当社の創業間もないタイミングからテックプランターをはじめ多くの事業・研究支援を頂いており、今後さらに連携を深め共同でソリューション開発を進めるとともにMIの社会実装を通じて素材産業全体の競争力底上げに寄与していきたいと考えております」

 

 

 

  • 【マテリアルズ・インフォマティクス(MI)とは】

マテリアルズ・インフォマティクス(MI)とは、機械学習などの情報科学技術を通じて新素材や代替素材を効率的に探索する手法です。近年スマートフォン、ドローン、EVといった様々な「最終製品」が生み出されていますが、それらには部品をつくるための「素材」の進化が欠かせません。市場ニーズの高い素材の開発は至上命題ですが、一方の開発現場には研究者の「経験と勘」が多く存在し、非効率が多く残っているのが現状です。「MI」はこの非効率を解消し、かかる時間とコストを大幅に削減しながら、更に革新的な素材を開発する手法として注目を集めています。

  • 【MI-6株式会社とは】

MI-6株式会社は、「素材開発に革新と効率を」をミッションに、「MI」の研究開発と社会実装を目的として2017年11月に設立されました。国内唯一の「MI」専業ベンチャー(2019年3月末時点/MI-6株式会社調べ)として豊富なプロジェクト実績を有しており、東京大学の津田教授を中心とした「MI」技術研究チームによって関連技術開発を推進しています。
MI-6株式会社は「MI」によって化学・素材メーカーを中心とする研究開発に変革をもたらし、約100兆円ある(※3)素材業界全体の競争力向上に寄与していきたいと考えております。

【採用を強化中】
本資金調達によりプロダクト開発並びに事業開発の体制をさらに強化し、顧客体験の圧倒的な向上を目指します。同時に、事業展開を加速させるべく以下の各人員の募集を開始します。
▶︎UXデザイナー / プロダクト・マネージャー / データサイエンティスト / フロントエンド・エンジニア / バックエンド・エンジニア / 事業開発・マーケティング(応募は以下URLより)
https://www.wantedly.com/companies/company_7177351 

  • 【株式会社リバネスとは】

2002年設立。資本金7000 万円。代表取締役グループCEO 丸幸弘。スタッフ約70名。教育開発事業、人材開発事業、研究開発事業、創業開発事業、地域開発事業、国際開発事業、戦略開発事業の 7つの事業を展開している。年間300以上のプロジェクトを回しながら、新たな研究テーマの企画・遂行、異分野研究開発チームの組成、テクノロジーベンチャーの伴走支援、事業会社の研究開発・事業創出における課題解決をグローバルに展開しています。

【ケムガレージ研究所とは】
「化学者の知恵を開放し、物質の新たな価値を創造する」ことをミッションとして、あらゆる分野の産業・研究現場に化学技術の恩恵をもたらすべく2017年11月に創設。現在は株式会社サイディンとの連携により熊本大学「産業イノベーションラボラトリー」(〒862-0973 熊本市中央区大江本町5番1号)に設置しています。

  • 【会社概要】

会社名:MI-6株式会社
代表者:木嵜 基博(きざき もとひろ)
設立:2017年11月17日
所在地:東京都港区新橋1-18-21 第一日比谷ビル7階
事業内容:マテリアルズ・インフォマティクス(MI)技術の設計・開発及び導入支援
コーポレートサイト:https://mi-6.co.jp/

※1,3 経済産業省「工業統計」よりhttps://www.meti.go.jp/statistics/tyo/kougyo/index.html
※2 財務省貿易統計「対世界主要輸出入品の推移」よりhttp://www.customs.go.jp/toukei/suii/html/data/y2.pdf 

【お客様からのお問い合わせ先】
MI-6株式会社 事業開発担当:入江                
e-mail: bd@mi-6.co.jp
【報道お問い合わせ先】
MI-6株式会社 広報担当:和久井             
e-mail: pr@mi-6.co.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MI-6株式会社 >
  3. 【素材開発をAIで加速】MI-6株式会社が株式会社リバネスと資本業務提携