未来の駅のサービスを体験できる「STARTUP_STATION」開催!

ベンチャー企業とのテストマーケティングから協業を生み出します。

2018年12月3日(月)~9日(日)の7日間、大宮駅西口イベントスペースにて、JR東日本のアクセラレーションプログラム「JR東日本スタートアッププログラム2018」にて採択したベンチャー企業と作り上げる新しいサービスやビジネスのデモンストレーションをメディアの方やお客さまの体験していただく場として、「 STARTUP_STATION 」を開催いたします。
「JR東日本スタートアッププログラム2018」は、ベンチャー企業や様々なアイディアを有する方々から、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスの提案をオープンに募り、ブラッシュアップを経て提案を実現していくプログラムで、今年は182件のビジネスアイデアの提案をいただきました。

▲会場イメージ▲会場イメージ

▲会場イメージ▲会場イメージ

▲会場イメージ▲会場イメージ

▲会場イメージ▲会場イメージ

<「 STARTUP_STATION 」概要>
■日時:2018年12月3日(月)~  12月9日(日)11:00~18:00 ※3日のみ14:00~
■会場:大宮駅西口イベントスペース(埼玉県さいたま市大宮区錦町)
■主催:東日本旅客鉄道株式会社 JR東日本スタートアップ株式会社 共催
■内容:
 ①AdAsia Holdings Pte. Ltd.のダイナミックDOOH(屋外デジタル広告)の検証
 ②株式会社エアークローゼットのIoTを活用した無人パーソナルスタイリング体験
 ③株式会社Showcase Gigのスマートフォンとキオスク端末を利用した無人オーダーカフェ体験
 ④株式会社TBMの再生可能素材「LIMEX」傘の展示
 ⑤メトロエンジン株式会社のAIを活用した新幹線混雑予想表示(デジタルサイネージ)
 ⑥Motionloft,inc.のAIカメラを活用した流動調査と広告媒体の認知率調査
 ⑦「アクセラレーションコース」18社の協業プラン紹介
■入場:無料
■HP:
http://jrestartup.co.jp/
https://www.jreast.co.jp/jrestart/
※イベント内容について予告なく変更となる場合がございます。

<参加ベンチャー企業(一例)>

 

▲昨年の様子「AI無人決済店舗の実証実験」▲昨年の様子「AI無人決済店舗の実証実験」

▲昨年の様子「記者会見」▲昨年の様子「記者会見」

▲昨年の様子「AIカメラによる空席情報照会サービス」▲昨年の様子「AIカメラによる空席情報照会サービス」

【JR東日本スタートアップ株式会社とは】
 JR東日本スタートアップ株式会社は、JR東日本グループとスタートアップ企業との共創を推進するコーポレートベンチャーキャピタルです。

 

所在地:東京都渋谷区(東日本旅客鉄道株式会社本社内)
代表者:代表取締役社長 柴田 裕
株主:東日本旅客鉄道株式会社(100%)
設立日:2018年2月20日
出資枠:50億円
連絡先(E-mail):info@jrestartup.co.jp
ホームページ :http://www.jrestartup.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JR東日本スタートアップ株式会社 >
  3. 未来の駅のサービスを体験できる「STARTUP_STATION」開催!