カヤックLiving「SMOUT」と塩尻市が自治体向けイベント開催「なぜ塩尻に学生が年間100人も訪れるのか?」〜塩尻市職員・元ナンパ師として知られる山田崇氏さん登壇〜

株式会社カヤックLiving(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:松原佳代、以下「カヤックLiving」)は、移住スカウトサービス『SMOUT』(スマウト https://smout.jp )主催による自治体職員向けのイベントを2019年1月24日に開催いたします。テーマは「なぜ塩尻に学生インターンが年間100人も訪れるのか?」。ゲストに塩尻市の職員で「元ナンパ師公務員」として知られる山田崇さんをゲストに迎え、塩尻市の関係人口創出と移住促進の取り組みについて伺います。
■イベント概要
開催日時:2019年1月24日(木)19時00分〜20時45分(予定)
テーマ:「なぜ塩尻に学生が年間100人も訪れるのか?」〜元ナンパ師による自治体ナンパテクニック公開!〜
開催場所:移住・交流情報ガーデン(東京・八重洲口より徒歩5分)
〒104-0031 東京都中央区京橋1丁目1−6 越前屋ビル1F
内容:第1部(19時〜20時15分)
「なぜ塩尻に学生が年間100人も訪れるのか?」
第2部(20時15分〜20時45分)交流会
ゲスト:塩尻市 山田崇氏
主催:カヤックLiving
申し込み:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSesO73O5LXfI5pAhT2goe4kmyYdPKLNKsXoQH7cjkfaI5EQqA/viewform

※本イベントは自治体の職員の方、公務員に内定している大学生または公務員になりたい大学生を対象としています。
参加費:無料

■山田崇氏プロフィール
塩尻市役所企画政策部 地方創生推進課シティプロモーション係長。
2014年「地域に飛び出す公務員アウォード2013」大賞を受賞。TEDx Sakuでのトーク「元ナンパ師の市職員が挑戦する、すごく真面目でナンパな『地域活性化』の取組み」が話題に。2016年1月からは「MICHIKARA〜地方創生協働リーダーシッププログラム」を、首都圏のプロ人材との協働による官民連携プロジェクトをスタート。地方の課題解決を民間企業のプロフェッショナル人材との協働実施するプログラムの全国展開を目指す。
2016年9月にソフトバンク地方創生インターンシップTURE TECH、2017年10月にはリクルートホールディングスと塩尻市の包括連携協定など、地方創生プロジェクトを担当。2016年5月から内閣府 地域活性化伝道師。信州移住計画 ファウンダー。2017年7月から「地域と他地域・都会・海外を垣根なく個人が還流し、結果として課題解決が促進されている地域社会」をビジョンに掲げたCareer For(一般社団法人 地域・人材共創機構)に参画。

■SMOUTについて
「SMOUT」は、地域と地域に行きたい人を繋ぐ移住スカウトサービスです。いま話題の地域や移住促進に積極的な地域が参加し、自分たちの地域が求める人や地域の活動をプロジェクトとして掲載し、相性の良さそうな人材をスカウトをすることができます。地域に関わりたい人、地域の仕事を探している人は、SMOUTにプロフィールを登録をしておくと、マッチする情報やスカウトが届きます。2018年12月1日現在、80以上の市区町村が参加、募集プロジェクトの数は150を超えています。地域で活動する人とマッチングすることで、地域に行ったり関わったりする人を増やし、さらには移住のきっかけの創出を目指しています。地域のシティプロモーションの場としても活用することができます。
URL:https://smout.jp
運営:株式会社カヤックLiving

【カヤックLiving概要】
会社名:株式会社カヤックLiving
所在地:神奈川県鎌倉市御成町11番8号
代表取締役:松原佳代
設立:2017年9月1日
事業内容:Webを活用した住まいと地域に関する面白クリエイティブ事業
サービス:SuMiKa https://sumika.me 、SMOUT https://smout.jp
URL:https://www.kayac-living.com
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カヤックLiving >
  3. カヤックLiving「SMOUT」と塩尻市が自治体向けイベント開催「なぜ塩尻に学生が年間100人も訪れるのか?」〜塩尻市職員・元ナンパ師として知られる山田崇氏さん登壇〜