East Asia Data Symposium: AI's Potential in Japan and China

AI界を先駆けるキーパーソンによるAIトークが東京で開催決定!

東京大学にてAI界を先駆けるキーパーソンによるAIトーク開催決定!

[※重要なお知らせ※]
諸事情により、清華大学 Steve Deng助教授が来日できない可能性があります。その場合、Matrix AI NetworkのCEOであるOwen Tao氏の代理スピーチとなります。

AI×データ、AI×ブロックチェーンの関係の重要性は世界中でますます高まってきております。
本イベントでは、AI大国である中国の清華大学からトップ・データ・サイエンティストとして多方面に活躍するSteve Deng助教授と、データ活用のトップランナーとして国際的に活躍されている東京大学の越塚登教授をお招きし、中国と日本それぞれの観点から、これらの技術の可能性を語り合う会を開催いたします。
また、当イベントでは、お二方による登壇に加え、株式会社bitgritのCEO、Frederik Busslerがモデレーターを務めるパネルディスカッションも展開いたします。
スケジュール:
13:00- 受付開始
13:30- イベントスタート (Matrix & bitgrit紹介)
14:00-14:45 (Steve Deng助教授スピーチ) “The fusion of AI and Blockchain for industrial intelligence”
5分休憩
14:50-15:35 (越塚教授スピーチ) "AI for Data, Data for AI: Global Data Platform and AI”
5分休憩
15:40 パネルディスカッション
16:30 ネットワーキング
17:30 イベント終了

場所:
東京大学伊藤国際学術研究センター 3F
〒113-0033
東京都文京区本郷7丁目3−1

詳細:
当日は同時通訳(英⇆日)がございます。

Steve Deng教授のスピーチタイトル:
The Fusion of AI and Blockchain for Industrial Intelligence

越塚登先生のスピーチタイトル:
AI for Data, Data for AI: Global Data Platform and AI

Steve Deng助教授についてのご紹介:

 

Steve Deng助教授は清華大学で学士号(1995)と修士号(1998)を取得し、2006年にはCarnegie Mellon大学でコンピュータサイエンスの博士号を取得しました。
彼の主な研究対象は電気設計・並列アルゴリズム・画像処理機械構造の自動化におけるAIです。過去には中国の高速鉄道設計においての危険を予測するAIの設計・開発に携わっていました。また、代表的な著作であるStructured Integrated Circuit DesingやHigh Level Synthesisは有名な大学の教科書として採用されており、著名ジャーナルにおいて20編以上の論文を掲載しています。2017年にはPascal AIの国際大会において、彼の率いたチームが優勝した実績もあります。

越塚登教授についてのご紹介:


越塚 登教授
東京大学 大学院情報学環・教授  YRP ユビキタスネットワーキング研究所副所長
1994年3月 東京大学 大学院理学系研究科 情報科学専攻 博士課程修了、博士(理学).
1988年以来、TRON(リアルタイムオペレーティングシステムニュークリアス)プロジェクトに参加しています。 約30年間、ユビキタスコンピューティング、IoT(Internet of Things)、組み込みシステム、ヒューマンコンピュータインタラクション、およびコンピュータネットワークを研究してきました。 現在の主な研究対象は、IoT(Internet of Things)、ユビキタスコンピューティング、オープンデータ、組み込みリアルタイムシステム、オペレーティングシステム、およびコンピュータネットワークなど。
中国科学院計算技術研究所 客員教授

Owen Tao (Matrix AI Network CEO )についてのご紹介:

北京大学の物理学と経済学の学士を卒業。 ゲーム好きが理由で卒業後はゲーム関連分野に勤める。 長年のハイテク企業でのCEO経験を経て、中国初のゲーム内埋め込み広告システムなどのインターネット技術製品の開発者となる。また同時に海外への営業及び拡販の経験があり、2000万人のユーザーを有するインターネットオペレーティングプラットフォームを構築。MATRIXのCEOとして、これまでの長年の経験を活かし、人工知能を用いてパブリックチェーンの基盤技術を改革し、分散型人工知能に新しい「遊び」をもたらすことを目標としています。


パネルディスカッションモデレーター:フレデリック・バスラー
株式会社bitgrit CEO

 


弱冠19歳で株式会社bitgritの最高経営責任者(CEO)に就任。様々な企業で培ったAIとブロックチェーンのノウハウと経験を活かし、bitgritが目指す「コミュニティ主導の民主AI」の実現に向けて企業を率いています。スマート・コントラクト・コードの脆弱性を特定する会社である「スマート・コントラクト・オーディティング(Smart Contract Auditing)」の創立者兼CEOとしてキャリアをスタートさせ、 さらにアムステルダムのMaven 11 Capitalのデータアナリストや、HealthDexのチーフデータオフィサー、Rare Genomics Instituteのブロックチェーンおよび機械学習の調査分析専門家、Agro Stock Exchangeの戦略アドバイザーなども歴任しました。

本イベントは「コミュニティ主導の民主AI」の実現を目指す株式会社bitgritと、中国に拠点を置くAI/ブロックチェーン企業Matrix AI Networkが共催いたします。

ご予約はeventbriteからお願い致します。
https://www.eventbrite.com/e/east-asia-data-symposium-ais-potential-in-japan-and-china-tickets-60802511950
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社bitgrit >
  3. East Asia Data Symposium: AI's Potential in Japan and China