北斎生誕260年、2020に何ができるか⁉

~すみゆめ2019年度活動報告会&シンポジウムを開催~

「隅田川 森羅万象 墨に夢」実行委員会は墨田区との共同主催により、2月15日(土)午後、YKK60ビルAZ1ホール(墨田区亀沢3-22-1)にて、アートプロジェクト「隅田川 森羅万象 墨に夢」(通称すみゆめ)の2019年度活動報告会ならびにシンポジウム「すみだと北斎—文化資源が磨く地域力」を開催いたします。
すみだ北斎美術館の開館を機に2016年に始まったアートプロジェクトすみゆめは、世界的コンテンツである「北斎」、江戸文化を育んだ「隅田川」をテーマとして、これまで毎年秋に、まちなかや隅田川テラス、公園や商店街などで多彩な活動を展開してきました。固有の資源を活かしながら、アートでつながるコミュニティを育み、地域の魅力を磨き上げていくためにはどうすればよいか。2019年の活動報告を踏まえ、第二部のシンポジウムでは、オリンピック文化プログラムや創造都市などに詳しいパネリストを迎えて、その方策や可能性について意見を交わします。
オリンピックイヤーとなる2020年は、葛飾北斎生誕260年。世界の耳目が東京に集まるこの夏、まちに、人々に潜在する力を引き出し、いかに創造的なアクションに挑めるか。スタートラインに立つ機会となる報告会&シンポジウムです。皆さまのご参加をお待ちしています。

■日時   2020年2月15日(土)13:30~17:00(13:00開場)
      【第一部13:30~15:00】「隅田川 森羅万象 墨に夢」2019年度 活動報告会
      【第二部15:10~17:00】シンポジウム「すみだと北斎—文化資源が磨く地域力」
■会場   YKK60ビル AZ1ホール(墨田区亀沢3-22-1)
■定員   各回定員150名 ※途中参加・途中退場可能
■参加費  無料
■お申込  すみゆめWEBより http://sumiyume.jp/event/20192300/
      電話受付 墨田区文化芸術振興課 TEL:03‐5608‐6115(平日8:30~17:00)

==第一部「隅田川 森羅万象 墨に夢」2019年度活動報告会=================
「隅田川 森羅万象 墨に夢」実行委員会事務局からの主催企画レポート/プロジェクト企画参加団体によるプレゼンテーション/選考委員からのコメント/すみゆめ2020の企画公募について

【主催企画】
●すみゆめ踊行列「さくらばし輪をどり」「影絵:水と油の輪っかっか」
●KOSUGE1-16「どんどこ!巨大紙相撲~両国すみゆめ場所」 ●鈴木康広「ファスナーの船」
◎北斎コネクト:隅田川を超えて「北斎祭りプラス」 ◎「ファスニングショー@桜橋」
◎KOSUGE1-16「ネイバーランド」

KOSUGE1-16「どんどこ!巨大紙相撲~両国すみゆめ場所」KOSUGE1-16「どんどこ!巨大紙相撲~両国すみゆめ場所」

鈴木康広「ファスナーの船」鈴木康広「ファスナーの船」

すみゆめ踊行列「さくらばし輪をどり」すみゆめ踊行列「さくらばし輪をどり」

◎「北斎コネクト:隅田川を超えて」は内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局の委託により、2019年度オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査として実施しました。

【プロジェクト企画参加団体】
●EAST MEETS EAST実行委員会 ●旧水路ラボ&暗渠マニアックス ●劇団M.M.C
●古今亭菊千代一座 ●ずぼんぼプロジェクト ●すみだパークスタジオ演劇部・扉座大人サテライト
●NPO法人寺島・玉ノ井まちづくり協議会 ●点字物語「天の尺」実行委員会
●NPO法人トッピングイースト ●プゼ ●北斎通りまちづくりの会 ●北斎ヨガ実行委員会
●向島国際デザインワークショップ2019実行委員会 ●一般社団法人もんてん ●柳生二千翔

ずぼんぼプロジェクトずぼんぼプロジェクト

寺島・玉ノ井まちづくり協議会「江戸に浸かる」寺島・玉ノ井まちづくり協議会「江戸に浸かる」

==第二部 シンポジウム「すみだと北斎—文化資源が磨く地域力」=============
北斎から何を継承し、新たに光をあてられるか/2020年、東京が世界に発信する文化とは?/アートプロジェクトは地域に何をもたらすか/地域資源を磨くクリエイティブの力

パネリスト】
石綿祐子
公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京企画室 オリンピック・パラリンピック文化戦略担当課長|シンクタンク、広告代理店を経て、2012年よりアーツカウンシル東京プログラム・ディレクター、2015年より現職にて文化プログラムの立上げと実施を担当。鋭意事業推進中。

太下義之
文化政策研究者|博士(芸術学)。独立行政法人国立美術館理事、公益社団法人日展理事。東京芸術文化評議会委員。2020年オリンピック・パラリンピック文化プログラム静岡県推進委員会副理事長。アーツカウンシル新潟アドバイザー。鶴岡市食文化創造都市アドバイザー。

新川貴詩
美術ジャーナリスト|早稲田大学第一文学部卒業、同大学院情報通信専攻修了。出版社に勤務した後、執筆活動を開始。新聞や雑誌などに主に現代美術や舞台芸術に関する文章を発表。編集者や学校教員、2016~18年には「すみゆめ」の選考委員を務める。

橋本光明
すみだ北斎美術館館長|信州大学名誉教授、前長野県信濃美術館・東山魁夷館館長、東山魁夷記念財団評議員、小山敬三美術館運営委員長等。文科省特定課題委員会主査(北斎作品等の課題・調査研究)、大学美術教育学会理事長、日本学術振興科学研究費専門委員ほか多数歴任。

【モデレーター】荻原康子 「隅田川 森羅万象 墨に夢」統括ディレクター 

■主催   「隅田川 森羅万象 墨に夢」実行委員会、墨田区
■特別協賛 YKK株式会社
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 「隅田川 森羅万象 墨に夢」実行委員会 >
  3. 北斎生誕260年、2020に何ができるか⁉