【ニューカインド】イーサリアム2.0 のステーキングを“Node as a Service”としてβリリース

イーサリアム2.0をノンカストディアルでステーキング可能に

ニューカインドではNode as a Serviceとして、もっとも簡単で安全にイーサリアム2.0をノンカストディアルでステーキングする方法を提供いたします。
株式会社Neukind(以下、ニューカインド、https://neukind.com )は「Node as a Service」として、Ethereum(以下、イーサリアム) 2.0 のバリデーターノードを簡単に扱うことができる新しいサービスを開始します。
 

Ethereum2.0ノードEthereum2.0ノード



イーサリアム2.0 のデポジットコントラクトへステーキングされるETHが、イーサリアム 2.0のメインネット、Beaconチェーンのローンチに必要とされる 16,384バリデーターに、11月24日到達しました。イーサリアム 2.0のステーキング開始が迫ってきています。イーサリアム2.0メインネットビーコンチェーンがアクティブになると、7日間の遅延後、ステーキングが開始されます。

ニューカインドではNode as a Serviceとして、もっとも簡単で安全にイーサリアム2.0をノンカストディアルでステーキングする方法を提供いたします。

ノードの管理画面ノードの管理画面


ニューカインドは2年半近くに渡って、ブロックチェーンプロダクトを開発してきました。PoS(プルーフオブステーク)に関して、Horizen(ZEN)専用のステーキングノードはじめ、フルノードを6,000台以上ホスティングしてきた実績があります。Node as a Serviceは、独自に開発された「NeuNode(ニューノード)」の上に構築されています。

イーサリアム 2.0ステーキングがどのように機能するか、ニューカインドのNode as a Serviceを利用することにより、イーサリアム2.0のステーキングを安全で簡単に開始する方法について説明します。

プルーフオブステーク(PoS)モデルと同様に、イーサリアム2.0では、ステーキング報酬はバリデーター間で均等に分割されます。つまり、コンセンサスを達成するために新しいブロックの有効性の証明に参加するノードがバリデーターです。イーサリアム2.0の場合、この報酬は1日あたり約430ETHです。バリデーターのネットワークのサイズが大きくなると、ネットワークはより安全になりますが、特定のバリデーターに期待される報酬は小さくなります。

パート1:エコシステム
ステーキング報酬
イーサリアム2.0エコシステムに参加する主なインセンティブは、ステーキング報酬です。ネットワーク上で16384個のバリデーターのみがアクティブな場合、APRは21.6%になります。多くのリスクテイカーにとって、APYの21.6%はそれほど多くはないように思われますが、変動性の高いデジタル資産に加えて21.6%は、価格が上昇したときに素晴らしいリターンをもたらします。

ネットワークセキュリティと参加障壁
ほとんどのプルーフオブワークブロックチェーンには、参入障壁が高くなっています。手頃な価格のGPUやASICマイニングハードウェアを見つけて、期待されるマイニング報酬が電気料金を上回るを見つけて、マイニングする必要がありますが、これはますます困難になっています。SDGs(持続可能な開発目標)の観点からも、非効率なエネルギー利用はますます許容されにくくなっています。ビットコインのような人気のあるネットワークでは単独でブロックをマイニングできる可能性が低いため、集中型のマイニングプールが中心となっています。

対照的に、イーサリアム2.0は、バリデーターとしてネットワークに参加するために特別なハードウェアを必要とせず、他の独立したバリデーターと協力しても、期待される報酬は増加しません。簡単に言えば、PoSはブロックチェーンへの参入障壁を大幅に下げ、ネットワークの分散化を促進します。これにより、イーサリアムの安全性が高まります。

パート2:技術的側面
ステーキングのインセンティブとリスク
イーサリアム2.0ネットワークでバリデーターになるための最小要件は32ETHです。このETHは、現在のイーサリアムメインネットがイーサリアム2.0ビーコンチェーンにドッキングされるまで、デポジットコントラクトで保持されます。その間、バリデーターがアクティブであり、ネットワークルールに従って提案と証明を正常に完了する場合、32ETHをステーキングしているバリデーターはステーキング報酬を獲得しつづけます。非アクティブなバリデーターおよび悪意を持って行動するバリデーターは、ペナルティ、スラッシュ、および強制終了によってステーキングしているETHの削減対象となります。潜在的なステーキング報酬をよりよく理解するには、StakeETHが提供するeth2カリキュレーターを使用してください。

中央集権的なクラウドプラットフォームの危険性
ステーキングの報酬はバリデーターの状態と稼働時間に左右されるため、信頼性が高いノードプロバイダーを選択することが重要です。  AWS、GCP,Azureなどのクラウドサービスでステーキングノードをホストする場合、想定よりも多くのプラットフォームリスクを負う可能性があります。予期しないクラウドの停止が発生した場合、個人のステークだけでなくネットワーク全体の状態も脅かされます。 ETHのDappsの集中型クラウドサービス依存は、Anthony Pomplianoのような専門家が警告を発しています。ニューカインドでは、ブロックチェーンの分散型台帳の持つ全てが同じデータを所有していることを利用して、可能な限り地理的にノードを分散バックアップする方法を考えました。

参入障壁
多くの暗号資産投資家にとって、イーサリアム2.0は、イーサリアムエコシステムに投資するよい機会です。ただし、必要なテクノロジの知識とノードメンテナンスの負担は大きな障害となるでしょう。プールに参加することは、資金を失うリスクにも直面します。ニューカインドのNode as a Serviceを使用することで、ETHの安全性を保ちながら、ステーキングを開始できます。 ユーザーは、秘密鍵(withdrawal key)の完全な制御を維持しながら、バリデーターキーのみを共有するノンカストディアルなETH2.0ステーキングサービスを提供します。ユーザーのETHはユーザーの同意なしに移動されることは決してありません。

取り扱い予定ブロックチェーン取り扱い予定ブロックチェーン


ニューカインドでステーキングを始めましょう。ニューカインドのNode as a Serviceは、イーサリアムステーキングする最も簡単で安全な方法のひとつです。ニューカインドは、イーサリアム2.0を始め、さらに多くのブロックチェーンをNode as a Serviceに追加する予定です。

詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。

 

HP:
https://neukind.com

Twitter:
https://twitter.com/neukindinc

Facebook:
https://www.facebook.com/neukindinc

Telegram:
https://t.me/neukind

Discord:
https://discord.com/invite/QjeeVmzChy

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ニューカインド >
  3. 【ニューカインド】イーサリアム2.0 のステーキングを“Node as a Service”としてβリリース