治験情報インフラを展開する株式会社Buzzreach、~新型コロナウイルス(COVID-19)に関する治験および臨床研究について、治験情報公開インフラシステムの無償提供を製薬企業・研究機関向けに開始~

製薬企業と患者を直接つなぐ治験情報インフラを展開している株式会社Buzzreach(本社:東京都品川区、代表取締役:猪川 崇輝)は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染症対策の一環として、当社が提供する製薬企業・研究者と患者さんを直接つなぐSaaS「puzz(パズ)」と治験情報公開プラットフォーム「smt(エス・エム・ティー)」を新型コロナウイルス(COVID-19)の治験および臨床研究については無償提供することとします。
当社のpuzz(パズ)では治験・臨床研究の一般患者向け試験情報公開機能をベースにスクリーニング機能、試験実施医療機関の選択、参加応募、被験者管理までがオンラインでワンストップ管理できます。必要に応じて被験者募集広告機能も備えております。現在も新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の感染拡大が続くなか、各製薬企業、研究機関などでは治療薬やワクチン、診断薬などの開発が急速に進められようとしております。罹患された患者さんの治験実施医療機関への集積および、回復者からの抗体採取の支援において、当社の提供する治験情報インフラの活用により、治療薬やワクチンの開発のさらなる推進に寄与したいと考えております。

【サービスの展開図】


【代表取締役CEO 猪川 崇輝からのメッセージ】
新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が広がる中、直近では100名以上/日の感染者が確認されるようになりました。この環境下で、製薬企業と共に治験情報の一般公開サービスを進めている当社として、治療薬やワクチンなどの開発の迅速化に何かお役に立てないかとスタッフ全員で考え、今回のシステム無償提供を開始することを決断いたしました。具体的には製薬企業・研究機関が実施試験情報の共有機会が必要な場合や罹患者、完治者の一般公募が必要な環境で当社システムを活用いただけます。当社は『我々のプロダクトを通じて治験プロセスの効率化を図り、患者さんに1日でも早く、新たな治療法の選択肢を届ける世界を作っていく』というビジョンを掲げております。このビジョンを全うすべく、微力ながら患者様、開発を行う製薬企業や研究機関のお役に立てれば幸いです。

■治験情報インフラ「puzz」の無償提供期間
2020年4月~2021年3月(1年間)

■無償提供条件
製薬企業・研究機関・アカデミア等において、新型コロナウイルス(COVID-19)の治療薬及びワクチン等の開発を目的とした治験を含む臨床試験・臨床研究を行う場合。
特設サイト:https://www.buzzreach.co.jp/new04062020
提供方法:上記特設サイトまたは下記『お問い合わせ先』にて問い合わせさい。

【Buzzreachの事業内容】

・治験情報発信プラットフォーム「puzz(パズ)」について(http://www.buzzreach.co.jp/lp/puzz/)
puzzは、製薬企業が主体となり治験情報を登録・公開・管理し、治験情報を必要とする患者さんやご家族に向けて情報を提供、治験実施医療機関とのマッチング、参加申し込みまでをオンラインで完結できる製薬企業・研究者および医療機関向けのプラットフォームシステムです。
 

・治験情報マッチングプラットフォーム「smt(エス・エム・ティ)」 について(https://www.searchmytrial.com/)
smtは、新しい治療法や治療薬の情報を求める患者さんやご家族と日本にある全ての臨床試験情報をウェブ上でマッチングするサービスです。ご自身やご家族の環境や状況に合った治験情報だけでなく、近隣で、どの医療機関が該当する治験を実施するのかを知ることができます。製薬企業によってsmtに公開された治験情報は、治験実施医療機関の選択、参加申し込みまでをオンラインで完結できます。
 

・“新薬の早期承認を支援する”患者(被験者)向け治験管理アプリ「スタディ・コンシェルジュ」について(https://www.buzzreach.co.jp/lp/msc/)
「スタディ・コンシェルジュ」は、治験参加患者に寄り添ったリアルタイムのコミュニケーションにより、治験参加患者の不安を和らげ、効率的に有効データを得ることで治験中止リスクを軽減し、新薬の早期承認を支援する業界初の画期的なアプリです。治験参加患者の治験薬の服薬忘れや飲みすぎを防ぎ、治験コーディネーター※※※(CRC:Clinical Research Coordinator)のサポート的な役割を担う治験管理アプリです。
※※※治験コーディネーターとは、製薬企業などによって開発された新薬が実際の薬として使用されるために必要な治験を含めた臨床研究を行う際に、医療機関や製薬会社、患者の間に立ち、スムーズに進行するようサポートするスタッフ。


・smtの登録情報とインフラを活用した「smt APIサービス」について
治験情報マッチングプラットフォーム「smt(エス・エム・ティ)」では、治験情報の公開から実施医療機関への応募までワンストップで行えるインフラが整っており、自社のコーポレートサイトにペイシェントセントリシティの一環として、患者さん向けに治験情報を公開したい製薬企業や患者会などへ、当社のsmtの公開情報とインフラを提供できるAPIサービスです。

■会社概要
【会社名】株式会社Buzzreach
【代表者】代表取締役 猪川 崇輝
【設立】2017年6月23日
【所在地】東京都品川区上大崎2-15-19 MG目黒駅前
【ホームページ】https://www.buzzreach.co.jp/
・臨床試験に関わるプラットフォームシステム(SaaS)の開発及び販売
・インターネットを利用した臨床試験情報・医療情報マッチングサービス
・臨床試験・製薬・ヘルスケア分野のグローバル企業向けBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)業務
・臨床試験被験者の募集に関する支援業務、臨床試験・ヘルスケア関連のスマートフォン及びパーソナル
コンピューター向けアプリケーションソフトウェアの開発および販売
・インターネットを利用した患者向け医療・ヘルスケア特化型SNSサービス
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バズリーチ >
  3. 治験情報インフラを展開する株式会社Buzzreach、~新型コロナウイルス(COVID-19)に関する治験および臨床研究について、治験情報公開インフラシステムの無償提供を製薬企業・研究機関向けに開始~