バカ高い、奥義「奥の手」の実力!なんの変哲もない桐箱に隠された秘密

2019年のエイプリルフールにイマイチ盛り上がらず、ザワツキもしなかった奥義「奥の手」を改めてフォーカス



伊豆半島合同会社は、奥義「奥の手」を再製造・再販売を開始した。「奥の手」は、底面がスライドして宝物を隠すことができるカラクリ桐箱。時空を超えて、悪代官と越後屋の気持ちを体感できる作品として2019年4月1日に誕生した作品。


 


既に伊豆半島合同会社が販売している熱海温泉毒饅頭は、お土産や差し入れとして最適だが、更に人を引き付けるように改良して辿り着いたのが「奥の手」。底面に、相手が喜ぶものを忍ばせてプレゼントするのがポイント。あの手この手で駄目ならば、もう「奥の手」しか残されていない。真似する人はいないと思うが、大判・小判はあくまでも漫画の世界を表現したまで。現金や商品券ではなく、子供にはチョコやクッキーを。大人にはサプライズとして大切なものを入れてもらえるとありがたい。
 



数あるカラクリ桐箱のアイデアから、底面がとれるもの、底面を重ねるもの、底面をスライドするものに絞り込み製造。桐箱らしく上質な仕上がりと珍しさからスライド式を採用。ひとつひとつ木目が異なる上質な桐箱、希少な食材で入手が大変な温泉饅頭、敢えて語らない特別なプレゼント入り。
 



拘り1.毒饅頭桐箱を製造した職人達が「奥の手」桐箱を製造
三重県の木工職人が手作りで仕上げた毒饅頭桐箱を、カラクリ桐箱にアレンジした作品。隠し引き出しをつくり、笑顔が溢れるものを忍ばせることができる。名称とは裏腹に、写真のような笑顔溢れるカワイイ活用法を推奨。また、本物の悪代官にならないように、帯付きの札束が入らないようサイズを調整。
 



拘り2.販売会社代表の書を印字
書の力と箱の力のアンバランスさが魅力を高める。完璧でない未完成にこそ美しさがある。伊豆半島合同会社の代表が、小手先の技術で書を書きロゴ制作。弱々しい書と本物志向の中身の対比は素晴らしい。この書から隠された底面・底力を見抜くことなど到底できない。
 



拘り3.話題の熱海温泉毒饅頭」入り
2018年8月の発売以来、国内外1,000以上のメディアで紹介され、著名な人もメディアで紹介する毒饅頭う入り。言うまでもなく拘り抜いた温泉饅頭。国産の最上級の小豆餡と葛粉を使い、無農薬栽培の癖の少ないドクダミを混ぜた日本初の和菓子。

拘り4.敢えて触れないプレゼント入り
購入者しかわからない価値のある何かが入っている。モノによっては価格以上のこともあるが、モノによってはそれ以下過ぎることもある。


何よりも語呂合わせ価格のためバカ高い。すぐ売れる作品ではないので、店舗としては上質なインテリアとして考えている。毎週少しずつ上質なインテリアが増えていくことになるだろう。料金は作品名の通り、09010(オ0ク9ノ-0テ-10)、つまり9010円(税込)。

問い合わせ:伊豆半島合同会社 TEL0557‐82‐2588 info@izuhanto.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 伊豆半島合同会社 >
  3. バカ高い、奥義「奥の手」の実力!なんの変哲もない桐箱に隠された秘密