『ガンダムSEED』シリーズとGIレースの名シーンがクロスオーバーしたオリジナル新CM「ガンダムSEED JRA」 が解禁!JRAオリジナルガンプラが当たるハロガチャ天皇賞(秋)SEEDも公開!

特設サイトURL:https://umabi.jp/gundam-jra/10月16日(水)11:00 公開!

日本中央競馬会(※以下、JRA)は、40周年を迎えた大人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズとコラボレーションしたスペシャルプロジェクト「騎乗戦士ガンダムJRA -BEYOND THE TURF-」の第三弾コンテンツ「ガンダムSEED JRA」 を公開します。

Ⓒ創通・サンライズⒸ創通・サンライズ

ガンダムシリーズにおいて高い人気を誇る『ガンダムSEED』シリーズとのコラボレーションが実現。『ガンダムSEED』シリーズとGIレースの名シーンがクロスオーバーしたオリジナルCM「ガンダムSEED JRA」や、第160回天皇賞(秋)と連動、 JRAオリジナルガンプラ作例 HGCE  1/144 キタサンブラックオリジナルストライクフリーダムガンダムなどが抽選で当たる「ハロガチャ天皇賞(秋)SEED」を公開します。
11月のジャパンカップに合わせて、第4弾コンテンツの公開も予定しておりますので、どうぞご期待ください。
 
  • 新CM「ガンダムSEED JRA」解禁!テーマ曲はT.M.Revolution「 INVOKE -インヴォーク- 」 !
新CM「ガンダムSEED JRA」では、『機動戦士ガンダムSEED』『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のキャラクターや名シーンが登場し、JRAで繰り広げられてきたGIレースとクロスオーバーします。
ナレーションは『ガンダムSEED』シリーズのメインキャラクター キラ・ヤマト役の保志総一朗さん、アスラン・ザラ役の石田彰さんが担当、お二人の掛け合いにご注目ください。
また、『ガンダムSEED』シリーズの主題歌でもおなじみ、T.M.Revolutionの「INVOKE -インヴォーク-(作詞:井上秋緒/作曲:浅倉大介)」【Licensed by Sony Music Labels Inc.】をテーマ曲に起用、迫力の映像をさらに盛り上げます。
動画URL:https://umabi.jp/gundam-jra/movie2019/

Ⓒ創通・サンライズⒸ創通・サンライズ

 
  • 第160回天皇賞(秋)と『ガンダムSEED』シリーズがコラボレーション「ハロガチャ天皇賞(秋)SEED」が公開!JRAオリジナルガンプラが当たる「ガンダム馬券」キャンペーンもスタート!
ハロガチャが『ガンダムSEED』シリーズとのコラボでパワーアップ、「ハロガチャ天皇賞(秋)SEED」として登場します。第160回天皇賞(秋)と、ガンダムシリーズにおいて絶大の人気を誇る『ガンダムSEED』シリーズがコラボレーションしたコンテンツとなっており、ハロをタップすると【『ガンダムSEED』シリーズキャラクター×モビルスーツ】の組み合わせがデザインされた「ガンダム馬券」がランダムに発券されます。

Ⓒ創通・サンライズⒸ創通・サンライズ

Ⓒ創通・サンライズⒸ創通・サンライズ









                      

さらに、第160回天皇賞(秋)の結果(枠連)とリアル連動した「ハロガチャ 天皇賞(秋)SEEDガンダム馬券キャンペーン」 を開催します。10月16日(水)11:00から10月27日(日)【第160回天皇賞(秋)当日】15:00までの応募期間中に、第160回天皇賞(秋)の枠連の結果と同一の組み合わせとなる「ガンダム馬券」を、規定のハッシュタグをつけてTwitterにシェアして頂いた方の中から、抽選で3名様に、JRAオリジナルガンプラ作例 HGCE 1/144 キタサンブラックオリジナルストライクフリーダムガンダムと「電子マネーギフト3万円分」 、10名様に「電子マネーギフト3万円分」を贈呈します。
※ 「ハロガチャ天皇賞(秋)SEED」について、発券される「ガンダム馬券」の式別は「枠連」のみです。

 

 

 

Ⓒ創通・サンライズ                         ※画像はイメージです。実際の景品と異なる場合があります。プロモデラーが組み立て、彩色するオリジナルデザインの作例となります。Ⓒ創通・サンライズ                         ※画像はイメージです。実際の景品と異なる場合があります。プロモデラーが組み立て、彩色するオリジナルデザインの作例となります。

  • 若者に高い人気を誇る「ガンダムSEED」シリーズとは?
『機動戦士ガンダムSEED』は21世紀に入って初めて制作されたTVシリーズのガンダム作品。2002年10月~2003年9月まで放送された。戦争を通じて、主人公のキラの苦悩と成長を描いている。中でも、幼馴染でありながら敵対する立場となったアスランとの対立や、途切れない友情についてのドラマティックな演出が本編の見所のひとつである。また、先鋭的なデザインのモビルスーツが多く登場し、プラモデルは好セールスを記録。平井久司によるキャラクターデザインも多くの女性ファンをつかみ、ファン層の拡大に繋がった。その続編の『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』は『機動戦士ガンダムSEED』から2年後の世界を描いた続編。2004年10~2005年10月まで放送された。本作品から登場するシン・アスカの目線から、再び勃発したザフトと地球軍の戦乱を描いている。過去のガンダム作品のデザインを踏襲したMSも登場。フリーダムやジャスティスといった前作の機体も再登場し、前作同様の人気を誇った。
 
  • 「ガンダムSEED JRA」オリジナルTシャツが当たるキャンペーン開催!【東京競馬場】
11月17日(日)に東京競馬場へご来場いただいたお客様の中から抽選で1,000名様に「ガンダムJRA SEED」オリジナルTシャツをプレゼントします。

【日時】11月17日(日) 開門~ ※賞品なくなり次第終了
【賞品】「ガンダムSEED JRA」 オリジナルTシャツ
【数量】1,000名様限定
【参加方法】
来場ポイントキャンペーンのToday’sチャンス賞特別版として、ポイントリーダーにタッチし「当選」が出たお客様にプレゼントします。
※詳細につきましては、特設サイトをご確認ください。

 

 

Ⓒ創通・サンライズ                        ※画像はイメージです。実際の賞品と異なる場合があります。Ⓒ創通・サンライズ                        ※画像はイメージです。実際の賞品と異なる場合があります。

 
  • 11月ジャパンカップに連動したコンテンツも公開予定!
11月のジャパンカップに合わせて、第4弾コンテンツの公開を予定しておりますので、乞うご期待ください!
  • 「機動戦士ガンダム」概要
1979年に放送を開始した『機動戦士ガンダム』は、劇中に登場するロボットを「モビルスーツ」という「兵器」として扱い、戦争描写や科学考証、複雑に織り成す深い人間ドラマで、それまでのロボットアニメの潮流であった単純な勧善懲悪では語れない「リアルロボットアニメ」というジャンルを確立し、一大ブームを巻き起こしました。
「機動戦士ガンダム」の放送開始から40周年の節目に、「ガンダム40周年プロジェクト」と題して、個々の作品の枠を超え、国境を越え、世代を越えて、幅広い方々にガンダムの魅力を伝えるための取り組みを実施しています。
 
  • 「ガンダムJRA」概要
スペシャルプロジェクト「騎乗戦士ガンダムJRA -BEYOND THE TURF-」は、『これからも幅広い世代を越えて愛される存在でありたい。』というJRA、機動戦士ガンダムシリーズの共通の想いから生まれ、今年の6月から始動しました。「ガンダムJRA」を通して、新しい競馬の魅力をお届けしています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本中央競馬会 >
  3. 『ガンダムSEED』シリーズとGIレースの名シーンがクロスオーバーしたオリジナル新CM「ガンダムSEED JRA」 が解禁!JRAオリジナルガンプラが当たるハロガチャ天皇賞(秋)SEEDも公開!