primeNumberのデータ統合自動化サービス「trocco®」が、新たにGoogle、Facebookなどの主要広告サービスやサイボウズ社の顧客案件管理システム「kintone」に対応開始

企業は各種保有データと広告、顧客情報を簡単に紐付けて分析可能に

データ統合自動化サービス「 troccoⓇ」(トロッコ)などを提供する株式会社primeNumber(本社:神奈川県横浜市、代表取締役CEO 田邊雄樹 以下、プライムナンバー)は、この度「 troccoⓇ」に連携可能なサービス として、 「Google広告」、「Facebook広告」、「Yahooスポンサードサーチ」、「Twitter広告」といった主要広告サービスのほか、サイボウズ株式会社が提供する顧客案件管理クラウドサービス「kintone」への対応を開始致しました。これにより、企業は売上などの保有データに広告や顧客データ等を簡単に統合でき、より緻密な分析、判断を行うことが可能となります。 すでに先行ユーザーとして、国内大手人材企業など複数社が利用を開始しています。今後とも、「 troccoⓇ」はユーザーのニーズに応えながら順次対象サービスを拡充してまいります。


(※1)「 troccoⓇ」の管理画面イメージ


■「Google広告」、「Facebook広告」、「Yahooスポンサードサーチ」、「Twitter広告」、「kintone」への対応によるユーザーメリットについて

・多様なデータを簡単に統合でき、より緻密な分析、判断が可能に
「 troccoⓇ」は、売上データなど企業が持つあらゆる種類のデータを、事前処理(データの変換・統合)を行った上で、企業のデータ基盤に自動統合するクラウドサービスです。これまでは主に、MySQLやAmazon S3などの代表的なデータベース、およびストレージに蓄積された企業データの統合に幅広く対応(※2)してきましたが、この度、新たに広告・マーケティング系、業務改善系の主要サービスを加え、統合の対象となるデータの種類を大きく拡充しました。これにより企業は、既存の各種保有データに外部サービスの広告、顧客データ等を簡単に統合できるようになり、より緻密で戦略的な分析、判断が可能となります。

・自社開発と比べてデータ分析の「準備」工数を90%削減
企業は、「 troccoⓇ」を利用することで、データ統合とその事前処理を実現するためのシステムを自社開発する場合と比べ、約90%の工数削減(※3)を実現します。

・広告・マーケティング系サービス間で異なるデータの「指標」や「単位」も「trocco®」が自動で整形
多くの事業会社や広告代理店では、さまざまな広告サービスを並行して活用することが一般的です。企業の担当者は、複数サービスのデータ管理を行うため、手作業や専門ツールを用いて日々データの収集、事前処理(変換・統合)を行い、自社のデータ基盤に統合しています。そのため、例えば、広告サービスごとに管理できる「成果指標」(例:インプレッション数、CTR、クリック数、CV数・率など)やデータの表示単位が異なる場合など、それらを統合するために多くの手間が発生します。「trocco®」では、これら一連の作業を自動化することができ、大幅な工数削減が見込めます。

なお、今回の対応サービス拡充による料金改定はありません。引き続き、対応サービスを随時拡大してまいります。


■「trocco®」について
企業の経営判断に欠かせないデータ分析においては、大量のデータを取り込んだ後、正しく処理がなされるようデータの事前処理(変換・統合)を行うことが必須です。日本では、これまでデータサイエンティストや企業の情報システム担当者が、膨大な時間をかけ手作業などでその役割を担ってきましたが、こうした非効率が、企業のデータ活用に遅れを生じさせてきた大きな要因とも考えられています。

「 troccoⓇ」は、こうした課題を解決するクラウドサービスで、初期費用0円、最短5分でご利用開始可能です。国内最高の転送速度を誇るデータ統合クラウドサービスとして(※4)、すでに総合エンターテインメント企業、大手ゲームメーカー、運輸企業、大手不動産会社や大手総合広告代理店などを中心に、100社以上(※5)にご利用いただいています。

(※1)MySQL:https://www.mysql.com/

(※2)「 troccoⓇ」の既存対応サービスラインナップについては、以下の「主要な対応サービス」欄をご覧ください。
https://trocco.io/lp/index.html

(※3)初期開発の場合:
・自社開発:技術キャッチアップ、転送処理実装、インフラ構築=480時間/月
・ troccoⓇ:設定=5時間/月
※上記数値はユーザーヒアリングをもとに算出。初期開発および運用保守を2年行った場合、約90%削減となる。

(※4) 自社で他社製品との速度比較を実施した結果。プレスリリース発表時点

(※5) 非課金ユーザー数を含む

■会社概要
primeNumberは、「あらゆるデータを、ビジネスの力に変える。」データテクノロジーカンパニーです。あらゆるデータが爆発的に増えていく時代に、 誰もがすばやく、簡単にデータを使える環境を構築し、データ活⽤までのプロセスを最適化。⾼度なテクノロジーと独⾃のアイデアで、世界中のビジネスを⽀援します。

会社名      : 株式会社primeNumber(英文名:primeNumber Inc.)
代表      :  代表取締役CEO 田邊 雄樹(たべ ゆうき)
設立           : 2015年11月
関係会社     : 株式会社GRue
本社           : 神奈川県横浜市都筑区見花山1-30・3F
オフィス     : 東京都目黒区青葉台1-14-17 S.Y.T Bldg中目黒 3F
HP             : https://primenumber.co.jp/
trocco®HP: https://trocco.io/lp/index.html

※エンジニア・データサイエンティストを積極採用中
URL:https://primenumber.co.jp/#recruit

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社primeNumber >
  3. primeNumberのデータ統合自動化サービス「trocco®」が、新たにGoogle、Facebookなどの主要広告サービスやサイボウズ社の顧客案件管理システム「kintone」に対応開始