理美容家電ブランド カドークオーラ ノーズレスドライヤー「2019年度グッドデザイン賞」を受賞

理美容家電メーカー株式会社カドークオーラ(東京都港区新橋)は、速乾・高機能ドライヤー「BD-E1」にて「2019年度グッドデザイン賞」を受賞しました。

 

株式会社カドークオーラの速乾・高機能ドライヤー「BD-E1」は、2019年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

 

https://cadocuaura.com/

 

< 受賞内容 >

□ 製品名:ヘアドライヤー BD-E1

□プロデューサー:株式会社カドークオーラ 古賀 宣行 ( https://cadocuaura.com/ )
□ デザイナー:アエテ株式会社 鈴木 健( http://aete.jp/ )

- グッドデザイン賞審査委員による評価コメント -
「ノーズレス形状」という大きなチャレンジが、ロジカルな利点とともに提案されている点に、大きな説得力を感じる。 ドライヤーを使用することに起因する美容師の腱鞘炎の問題を、ドライヤーの部品のレイアウト、特に重量配分の観点から合理的に解決策を提示、かつ、一見してその特徴がわかるデザインとしてユニークに実現されている。固定化したドライヤーのイメージを超え、ドライヤーにも新たな可能性があることを希望を持って提示してくれる強さがある。

コンセプトは「美容師の負担を軽減するドライヤー。」

美容師は1日20人以上の髪を乾かすこともあり、腱鞘炎に悩まされる人も少なくないなか、その問題を解決したのが「ノーズレス形状」でした。本体の軽量化に加え、前へと傾きがちな重心が自然と手の真上にくるため手首への負荷も軽減。さらに、吹き出し口が手と近いことで使い勝手も飛躍的に向上しました。

デザインのポイント

  1. ノーズレス形状。モーターの位置を移動することで、手に負担をかけない「軽さ」と「使い勝手の良さ」を実現
  2. 包丁の柄に着想を得た三角形の持ち手。力を入れなくても手にフィットし、軽いタッチで操作可能に。
  3. モーター下部に設けたくぼみ。親指の付け根をくぼみに合わせて握ると、手元がブレず高い安定性をもたらす。

ノーズレスドライヤーが生まれた背景
美容室によっては、1人の美容師が1日に20人以上の髪を乾かすこともあり、疲労から腱鞘炎になる美容師もいるといいます。その悩みを解決することは、ハードユースな美容師はもちろん、握力の弱い高齢の方や長時間使用するロングヘアの方など、より広範なシチュエーションで使われる一般家庭においても、使いやすいドライヤーの誕生につながると考え、開発に着手しました。目指したのは使い手の負担を最小限に抑えた、軽くて使いやすく、日々の「道具」となる理美容家電でした。シンプルで使い手の性別や世代を問わない筐体を追求しながら、どこか柔らかさもある、使い手の毎日にストレスなく心地よく寄り添うのにふさわしい姿を探っていきました。

ノーズレスドライヤーを実現した経緯とその成果

開発はドライヤーの形状を見直すことから始め、内部構造のレイアウトを最適化しました。一般的なドライヤーではモーターを格納するノーズ部分をなくし、モーターの位置を大胆に移動。これによりコンパクトかつ軽量化に貢献するだけでなく、使用時に持ち手と髪・頭皮との距離が縮まり、操作性も向上しました。特に後頭部は圧倒的に乾かしやすくなりました。吹き出し口を下に置くと自立するので、収納時もスペースをとらず、スタイリング中に洗面台やドレッサーにサッと置くことも可能に。また、業務用とコンシューマ用とで、仕様の異なることが多い家電業界において、同一製品を両方の市場で展開できていることは、プロが十分に満足するレベルの使用感と仕上がりを、一般家庭にも提供できているという、開発当初の狙いを実現できた裏付けとなっています。

シンプルな使い勝手とスペックの両立
外観上のデザインのこだわりももちろんのこと、シンプルな使い勝手とスペックにもこだわりがあります。3段階のスライドスイッチに温風・冷風の切替ボタンで使いやすく。スペックは、 2.2㎥/minというパワフルな大風量での速乾性、あえて最高風温85℃と低めに設定にすることで、ロングヘアの方が長時間使っても熱すぎない“ちょうどいい風”、「デュアル遠赤外線」仕様と、マイナスイオンユニットの搭載による高い風質を実現。消費電力は1,000Wとドライヤーにしては押さえ、また、DCブラシレスモーターの採用により、約20,000時間という、これまでの一般的なドライヤーの40倍以上にあたる長寿命化を達成しました。

 

 

<スペック>
型名:BD-E1
本体色:ブラック/ホワイト
電源:AC 100V 50/60Hz
定格消費電力:1,000W
風量:2.2㎥/min
温風温度:約85°C(室温30°C 風量「2」設定時)
動作モード:スライドスイッチ:OFF - 弱 - 中 - 強 / ボタンスイッチ:温風・冷風 切替
外形寸法:幅110 x 高さ250 x 奥行き60 mm
質量:約400g(コードを除く)
電源コード長:約1.8m
付属品:スタイリングノズル / ストラップ / 取扱説明書兼保証書
※仕様および外観は改良のため予告なく変更することがあります。
※意匠登録出願中

<取扱店舗>

ヨドバシカメラ、ビックカメラ、二子玉川 蔦屋家電 その他一部家電量販店
<取扱ECサイト>

カドーグループオンラインストア(https://bit.ly/2FuycOX

■株式会社カドークオーラについて

cado cuaura(株式会社カドークオーラ)は、空気清浄機や加湿器等を製造・販売する日本の「cado(株式会社カドー)」と韓国の「SK Magic Co., Ltd.(エスケーマジック)」との合弁会社です。
飾ることで得られる美しさではなく、一人ひとりが本来持っている輝きや価値を引き出したいという思いのもと、cadoの開発力・デザイン力と、SK Magicのグローバルな販売力を活かすことで、理美容・ヘルスケア製品におけるリーディングカンパニーを目指します。
企画 / 製造:株式会社カドークオーラ https://cadocuaura.com

● デザイン / プロデュース:アエテ株式会社 http://aete.jp

● 販 売:株式会社カドー https://cado.com/jp
 

 

- グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」に出展 -

本年10月31日(木)から5日間にわたり、東京ミッドタウンで開催される、最新のグッドデザイン全件が集まる受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」において、カドークオーラ ヘアドライヤーBD-E1が特別展示で紹介されます。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2019 – 2019年度グッドデザイン賞受賞展 –
会期:10月31日(木)〜11月4日(月・祝)
会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)
http://www.g-mark.org/gde2019/

- グッドデザイン賞について -
1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。
http://www.g-mark.org/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カドークオーラ >
  3. 理美容家電ブランド カドークオーラ ノーズレスドライヤー「2019年度グッドデザイン賞」を受賞