2018年の日本の難民認定数42人 ー ワークショップ教材『難民』を発行

開発教育協会(DEAR)はこのたび、教材『開発教育基本アクティビティ集2-難民』を発行しました。シンプルで、初めの人でも取り組みやすい4つのアクティビティを収録しています(中学生以上対象)。

難民について学び、問題に向き合うということは、他の人権・環境問題などと同様、どのような社会をつくるのか、一人ひとりの生き方の選択につながります。私たちの身近に存在する難民(認定されているにせよ、いないにせよ)について知り、かれらと共に生きていくために何ができるのかを考えるきっかけになれば幸いです。
身近に存在する難民について知り、かれらと共に生きていくために何ができるのかを考えるきっかけに

私たちは、この地球に6,000万人を超える難民・避難民といわれる人たちと暮らしています。そして、住む場所を追われる人びとは、世界中で今後ますます増える可能性があります。難民が生まれる要因は、戦争や紛争、政治体制による思想信条、宗教、性的多様性への弾圧や、それらの相違を背景とする民族間対立など様々です。難民問題に関する学習は、その背景や原因である社会構造、難民認定をめぐる解釈、解決のあり方など、領域が広く、内容も専門的で、自分事として捉える難しさがあります。

しかし、難民について学び、問題に向き合うということは、他の人権・環境問題などと同様、どのような社会をつくるのか、一人ひとりの生き方の選択につながります。私たちの住む日本にも約7,500人の難民の方々が暮らしていますが、日本においては難民問題に対する関心は高いとは言えません。本教材が、私たちの身近に存在する難民について知り、かれらと共に生きていくために何ができるのかを考えるきっかけになれば幸いです。
 


シンプルで基本的な開発教育のアクティビティをご紹介

『開発教育基本アクティビティ集1-世界とのつながり』(DEAR、2017年)に続く第2弾として、シンプルで基本的なアクティビティを紹介しています。
・準備が簡単で、45分でできる。
・その後に様々なテーマにつなげて展開したり、応用したりしやすい。 
そんな、4つのアクティビティを掲載しました。そして、アクティビティと同じく重要な「ふりかえり」の方法もご紹介しています。開発教育や参加型学習の初心者の方に気軽に実践してほしいという思いから、進行のポイントや発問の仕方も詳しく記載しています。
 


この教材のねらい

本教材は、「難民」をテーマに一人ひとりが問題に向き合い、公正で持続可能な社会のあり方を考えることをねらいとして作成されました。具体的なねらいは以下のとおりです。参考(36頁)に難民をテーマとした学習の目標を詳しく提示しています。あわせてお読みください。
  1. 難民が生まれる背景や難民を取り巻く状況について理解し、関心を持つこと。
  2. 日本に住む難民の人々の暮らしを知り、その立場を想像して自分事として捉えること。
  3. 日本社会における難民の受け入れについて考え、自分に何ができるかを考えること。

概要
  • 発行:開発教育協会
  • 2019年3月、A4判32頁
  • 一般価格:¥1,200+税
  • 会員価格:¥1,000+税
  • 対象:中学生以上(~大人まで)

もくじ
  • ねらい
  • この教材の使い方
  • 開発教育と参加型学習
  • 参加のルール
  • ふりかえり
  • アクティビティ1 難民について知っていること・知りたいこと
  • アクティビティ2 難民ってどんな人?
  • アクティビティ3 日本にいる難民について考えてみよう
  • アクティビティ4 難民受け入れをめぐる意見を読み比べよう
  • ・参考・資料集
 



資料提供・協力
  • 聖心女子大学グローバル共生研究所(SHISF)
  • 特定非営利活動法人 難民支援協会(JAR)
  • 公益財団法人 日本クリスチャン・アカデミー 関西セミナーハウス活動センター 開発教育研究会
  • 加藤丈太郎(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士後期課程)
  • 藤原孝章(同志社女子大学)

教材の詳細&ご注文はこちら
http://www.dear.or.jp/book/book01_kihon2.html

講師派遣もどうぞ
この教材をつかったワークショップや研修会への講師派遣も承ります。詳細はこちらをご覧ください。
http://www.dear.or.jp/facilitator/index.html

教材とワークショップのお問い合わせ
特定非営利活動法人 開発教育協会(DEAR)
112-0002 東京都文京区小石川2-17-41富坂キリスト教センター2号館3階
TEL 03-5844-3630 FAX 03-3818-5940
URL: http://www.dear.or.jp/
E-mail: main@dear.or.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 認定NPO法人開発教育協会 >
  3. 2018年の日本の難民認定数42人 ー ワークショップ教材『難民』を発行