静岡の家具屋、森下木工所 静岡県立美術館で展示会「静岡の森林(もり)からはじまる仕事展」2019年4月16日(火)から4月21日(日)まで

静岡の家具屋、森下木工所は、静岡県立美術館にて展示会「静岡の森林(もり)からはじまる仕事展」を開催します。2019年4月16日(火)から4月21日(日)まで

2年に一度開催してきた「静岡木組みの会」としての県立美術館での展示を開催します。
今回は、ヒノキクラフトさん・玉川きこり社さんと共同開催で「静岡の森林(もり)からはじまる仕事展」と題し開催する運びとなりました。また、写真家 杉山雅彦氏による『シズオカのはたらく人たち』も会場内で展示します。


静岡には大きな森林があります。
その森林を守り、活用するために切りだすきこり。
そのオクシズ材を活用し作られたヒノキ家具。
そして、古くから静岡の地で育まれた指物の技術を活かして作られた家具。
そんな文化や技術に触れてみませんか?
また、写真家 杉山雅彦氏による『シズオカのはたらく人たち』も会場内で展示します。
静岡で働く人たちや杉山氏の世界観をどうぞお楽しみください。

【主催】静岡木組みの会(森下木工所・ヒノキクラフト・玉川きこり社)
【後援】静岡市、静岡新聞社・静岡放送 【協賛】DOMO

http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/guide/gallery/plans/
http://aze-kura.com/
https://hinokicraft.jp/
http://www.kicorisha.com/
http://pspeace.net/

 



【概要】
期間:2019年4月16日(火)~4月21日(日)  10:00~17:30(入館は17:00まで)
場所:静岡県立美術館 県民ギャラリーA室 静岡市駿河区谷田53-2
料金:無料


●公共機関をお使いの場合

・電車を利用する場合
JR東海道線「草薙」駅県大・美術館口から、徒歩約25分またはバス約6分
静岡鉄道「県立美術館前」駅南口から、徒歩15分またはバス約3分

・バスを利用する場合
いずれも「県立美術館」バス停下車。
JR「草薙」駅県大・美術館口(南口)から、草薙美術館線県立美術館行き。約6分、大人100円。
JR「静岡」駅北口11番のりばから。県立美術館線県立美術館行き。約30分、大人360円。
静鉄「県立美術館前」駅下車、「静鉄美術館駅前」バス停より、草薙美術館線県立美術館行き。約3分、大人100円。
※開館時間中は各路線1時間間隔で運行。詳細な時刻はしずてつジャストラインバス時刻表サイトよりご確認ください。

●車、タクシーを利用する場合

東名静岡IC・清水IC、新東名新静岡ICより約20分。
静岡駅南口より南幹線経由、約20分。
草薙駅より、約5分。

http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/guide/access/
 



 



【会社概要】
<株式会社 森下木工所>
創業:1946年8月
代表:代表取締役 栄田 俊
本社所在地:​静岡市駿河区中島2811
事業内容:家具並びにインテリア用品の企画、デザイン、設計、製造及び加工、卸、販売、オーダー、修理対応

創業1946年の森下木工所は、「末永く愛される家具造り」を信条として、静岡の伝統的な指物技術で家具製造を行うファクトリーメーカーです。丸太で購入した国産広葉樹材を自社工場にて、高い指物技術と、一職人が材料の選定から木地製作、最後の仕込み(まとめ)までを担当する「一貫製作」を守りながら、MADE IN 『SIZUOKA』の商品を提供しています。
URL:http://aze-kura.com/
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社森下木工所 >
  3. 静岡の家具屋、森下木工所 静岡県立美術館で展示会「静岡の森林(もり)からはじまる仕事展」2019年4月16日(火)から4月21日(日)まで