【蔦屋家電+】オープン日決定! 第1期 展示プロダクトを発表

くわしくはこちら→https://store.tsite.jp/tsutayaelectricsplus-futako/


株式会社蔦屋家電エンタープライズ(東京都世田谷区)が手がける日本初のネット時代の次世代型ショールーム「蔦屋家電+」(読み:ツタヤカデンプラス)のオープン日が2019年4月5日(金)に決定しました。
本日「蔦屋家電+」ホームページ(ティザーサイト)を公開、蔦屋家電+の第1期 展示プロダクト一覧を発表いたしましたのでお知らせいたします。

 

  • 第1期 展示プロダクト

 

蔦屋家電+には、日本国内での販売が未定であったり一般発売前のプロダクトのほか、すでに店舗やネットで販売している製品もあります。すべてに共通しているのは「人々の暮らしを豊かに、便利に、楽しくするために生まれたモノ」だということ。国内外を問わず集めたプロダクトをぜひ、店頭で体感してみてください。いままで考えつかなかったような斬新な発想や、暮らしを変えるヒントがきっと見つかります。

さらに、実際にプロダクトと出合い感じたことや質問など、ぜひ蔦屋家電+スタッフに教えてください。より良いプロダクトを生活者の手に届けるため、いただいたご意見は今後の製品開発につなげるマーケティングに活かしていきます。
以下では、展示プロダクトの一部をご紹介いたします。

時を司る指輪
RING CLOCK(RAKNEW)

ハンガリーのデザイナーGusztav Szikszaiが生み出したRING CLOCK。一つ一つがハンドメイドで大切に創られており、指元で数字が光るその姿は高級なジュエリーのような、または宇宙からやってきた幻想的なツールにも感じられる。大切な人に指輪を贈るという習慣は10世紀以上前から存在するらしい。その指輪という存在に、この世界で一番尊い【時間】の概念が加わると言葉に出来ない美しさになる。

(蔦屋家電+キュレーター:木崎大佑)


仕上げは映像アートで。
DishCanvas(パナソニック株式会社 アプライアンス社)

調理家電の進化によって料理の可能性・楽しみ方の幅はどんどん拡がっているが、その表現方法や演出はアートの領域であり、現在の調理家電で補うことは難しい。本製品はパナソニックアプライアンス社の新規事業プロジェクト「Game Changer Catapult」である。美しい写真や映像に心を動かされた経験から、「お皿×映像によって食体験を変える」ことを目指し、開発をスタート。お皿に搭載されたディスプレイによって、料理が持っている季節感やイメージをより豊かに、より深く、より自由に表現することができる。シェフがこだわり抜いた食材、卓越した技術、アイデアと情熱ある演出に驚きやワクワクをもたらすことができるであろう。ヴィジュアルによって食の体験が変わるアートなスマート食器だ。
(蔦屋家電+キュレーター:吉崎真矢)

すべての愛猫家と、すべての猫様のために
Catlog™(株式会社RABO)

「愛猫の見えない時間を、見えるようにしたい」「離れていても、もっと近くに猫を感じられる世界にしたい」Catlog™はそんな想いから生まれた。この首輪は、外出先でも愛猫の様子を確認できるようになるウェアラブルデバイスだ。食事や運動のデータも蓄積されていくので、健康管理にも役立てることができる。部品の選定に至るまで、猫様のことをいちばんに考えたデザイン、負担がかからないよう軽量化と最小化もされている。このプロダクトはただならぬ猫様愛に溢れている。猫様ファースト。愛は最高の原動力だ。

(蔦屋家電+キュレーター:佐藤綾香)

最新テクノロジーで睡眠の質を向上
スノアサークルEMSいびきストッパー(ウェザリージャパン株式会社)

 

いびきによる睡眠の質の低下は、本人の健康はもちろん家族やパートナーにも影響する深刻な問題です。片耳イヤホンタイプから始まったVVFLY社のスノアサークルシリーズは、いびきの抑止にフォーカスしたウェアラブルデバイス。私自身、睡眠時無呼吸症候群でいびきに悩んでおり、旧モデルでも家族に好評でした。喉の下に貼る最新モデルは、無呼吸症患者が推奨される横向き寝の姿勢で寝返りをうっても違和感なく利用でき、いびきの原因である喉の筋肉に直接EMS低周波を送れる理想的な設計に進化したと言えるでしょう。
(蔦屋家電+キュレーター:百名 覚)

電動自転車2.0
TOYODA TRIKE OMEGA(豊田TRIKE株式会社)

自動車のプロフェッショナルが集結して創りあげた次世代のモビリティ。前二輪による抜群の安定性が快適な乗り心地を実現。最大の特徴はセパレートで動く前輪が段差をまるで平坦な道のように軽々乗り越えてしまうこと。シニアも安全に楽しめるモビリティ、かつ業務対応も可能な耐荷重と堅牢性。超高齢化社会や物流問題、これからの日本が抱える課題に真っ向から立ち向かう新しいモビリティが誕生。
(蔦屋家電+キュレーター:木崎大佑)


<第1期 展示プロダクト/出展者>
E-BOOK(イーブック)/有限会社リバティトレーディング
energypod(エナジーポッド)/アースエンジニアリング株式会社
Orbital 2(オービタル 2)/株式会社BRAIN MAGIC
OTTOLOCK(オットーロック)/GREEN FUNDING
Capillus(カピラス)/Cipillus Japan
KISSonix(キスソニックス) HDS4/キスソニックス株式会社
Catlog™(キャトログ)/株式会社RABO
QD Laser(QDレーザ)/株式会社QDレーザ
Super Box(スーパーボックス)/GREEN FUNDING
STEM PORTABLE(ステムポータブル)/株式会社カドー
STORY(ストーリー)/FLYTE
スノアサークル EMSパッド いびきストッパー/ウェザリージャパン株式会社
DishCanvas(ディッシュキャンバス)/パナソニック株式会社 アプライアンス社
TOYODA TRIKE OMEGA(豊田トライクオメガ)/豊田TRIKE株式会社
nemoph(ネモフ)/パルスボッツ株式会社
POWER YIILE 3(パワーイレ・スリー)/エリーパワー株式会社
BCPLAY_(ビーシープレイ)/株式会社蔦屋家電エンタープライズ
日立空気清浄機 EP-PF120C 深澤直人モデル/日立アプライアンス株式会社
ヘアドライヤー BD-E1/株式会社カドークオーラ
PEDIC(ぺディック)/コリアマーケティング株式会社
ヘルスサーバー/ドリコス株式会社
BODYBOSS 2.0(ボディボス 2.0)/GREEN FUNDING
三菱ブレッドオーブン TO-ST1/三菱電機株式会社
MIRAI REMOCON(ミライリモコン)/TEPCO i-フロンティアズ株式会社
Lanmodo(ランモード)ナイトビジョンシステム/GREEN FUNDING
Lyric Speaker Canvas(リリックスピーカーキャンバス)/株式会社COTODAMA
RING CLOCK(リングクロック)/RAKUNEW
Lusciouz(ルーシャズ)シャワーエアレーター/株式会社ADAPTREND
LUMENA(ルーメナー)シリーズ/株式会社KMコーポレーション


蔦屋家電+ホームページでも展示プロダクトをご紹介しています。
https://store.tsite.jp/tsutayaelectricsplus-futako/

 
  • 蔦屋家電+とは
 

 

「蔦屋家電+」は世界中のユニークなプロダクトに実際に触れることができ、創り手とのコミュニケーションによって製品開発に参加することができる、次世代型ショールームです。

最新テクノロジーを駆使した家電製品をはじめ、優れた技術を生かして開発された日用品、食品などのほか、発売前の最新プロダクトにも直に触れ、感じることができます。
また、創り手のプロフィールや製品に込められた思い、デザインのコンセプトなど、普段触れることが難しいリアルな情報を、蔦屋家電+のキュレーターが独自の目線で編集しご紹介します。


店舗名 蔦屋家電+(ツタヤカデンプラス)
オープン日 2019年4月5日(金)
営業時間 10:00~21:00
定休日 1月1日
所在地 二子玉川 蔦屋家電 2階
〒158-0094 東京都世田谷区玉川1丁目14番1号二子玉川ライズ S.C. テラスマーケット
ホームページ ※2019年4月5日(金)正式オープンに先駆け、ティザーサイトを公開中
https://store.tsite.jp/tsutayaelectricsplus-futako/
Twitter https://twitter.com/t_electricsplus
Facebook https://www.facebook.com/tsutayaelectricsplus/
お問い合わせ(Mail) tsutayaelectricsplus_info@ccc.co.jp

 
  • 会社情報

株式会社蔦屋家電エンタープライズ


2018年4月2日設立。日々変化する時代において最新家電テクノロジーを通じて人と世の中を豊かにする「ライフスタイル提案」を企画・推進します。

住所:東京都世田谷区玉川1-14-1 二子玉川ライズS.C. テラスマーケット
TEL:03-3707-1550
ホームページ:https://store.tsite.jp/futakotamagawa/tke/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社蔦屋家電エンタープライズ >
  3. 【蔦屋家電+】オープン日決定! 第1期 展示プロダクトを発表