保護猫活動にも寄付できるニャ!ネコ好き店主が企画したネコ専用こたつ付きみかん「猫と、こたつと、思い出みかん」が今年も予約受付中。

SNSで話題になり1,000箱がおよそ1ヶ月で完売した、日本初となる「ネコ専用こたつ付きみかん」が今年も登場。おうちにコタツがなくても、愛猫のかわいい「こたつ猫」の写真を思う存分に撮ることができます。

紀州うめどりや和歌山グルメのネットショップ「チキンナカタ」を運営する有限会社中田鶏肉店(所在地:和歌山県御坊市、店長:中田直希)は、昨年SNSで話題となりおよそ1ヶ月で1,000箱が完売した、日本初となるネコ専用こたつ付きみかん「猫と、こたつと、思い出みかん」の本年分の予約販売を開始しました。

「猫と、こたつと、思い出みかん」は店主が猫好きであったことから、ネコ好きのためのみかんがあってもよいのではないかという想いで企画した当店オリジナルのみかん。猫とこたつ、そしてみかんは日本の冬の風物詩であることから「猫と、こたつと、思い出みかん」という和歌山を舞台とした一冊のライトノベルに見立てました(なお、お届けする段ボールは原稿用紙にネコを落書きしたようなデザインになっています)。

この物語の続きをおうちの猫ちゃんと紡いで、冬の思い出を作ってほしいー。そんな想いからみかんのおまけとしてつけた段ボール製のネコ専用こたつは、お客様からの声をもとに丈夫さと脚の長さを改良しました(天板を一枚増やし、脚の長さを5cm伸ばしました)。

”こたつに猫”という組み合わせは、”こたつにみかん”とならぶ冬の風物詩ですが、最近ではおうちにこたつがない方も増えています。そんな方でもこの”ネコ用こたつ”があればおうちの猫ちゃんで「こたつ猫」の写真を思う存分に撮影可能。届いたみかんと一緒に写真に収めれば、こんなぬくぬくとした幸せな一枚を撮ることができます。

そうして撮影した写真をハッシュタグ「#猫とこたつと思い出みかん」をつけてInstagramまたはTwitterで投稿すれば、1投稿につき2円が保護猫のために寄付されます(本商品売り上げの2%も寄付されます)。なお投稿する写真はおうちの人間用こたつと猫ちゃんの写真でもOKです。

「猫と、こたつと、思い出みかん」でお届けするみかんは太陽の光をたっぷりと浴びた和歌山みかん。有名な「有田みかん」と、有田みかんと同じ品種で近隣地域で育てられている、甘酸っぱくて味の濃い「土生(はぶ)みかん」「天田みかん」の3種類のうち、いずれか1種類5kg入りとなります。

今回使用する「土生(はぶ)みかん」「天田みかん」は、有田みかんにひけをとらない味の濃いみかんです。ただ有田みかんに比べると知名度が低いために、一生懸命育てた農家さんたちが望むような価格で買い取ってもらえなかったり、大きな流通に乗りにくいという課題があります。

ネコ好きが猫にたっぷりの愛情を注ぐように、みかん農家さんもみかんに愛情を注いでいます。

わたしたちはこの「猫と、こたつと、思い出みかん」をつうじて、届いたとき、箱を開けたあと、そして食べたときそれぞれに喜びのある「一粒で3度おいしいみかん」を味わっていただくことで、愛情たっぷりのみかんを育てている和歌山の農家さんたちにこれからも貢献してまいりたいと考えております。

<参考URL>
「猫と、こたつと、思い出みかん」
https://item.rakuten.co.jp/chicken-nakata/10001438/(楽天)
https://chicken-nakata.jp/shopdetail/000000000091(本店)
チキンナカタ
https://www.rakuten.ne.jp/gold/chicken-nakata/(楽天)
https://chicken-nakata.jp/(本店)
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 有限会社 中田鶏肉店 >
  3. 保護猫活動にも寄付できるニャ!ネコ好き店主が企画したネコ専用こたつ付きみかん「猫と、こたつと、思い出みかん」が今年も予約受付中。