アジアを代表する起業家集団を目指す、Code Republicが起業家への支援体制を強化、本日より第7期募集開始

​ヤフー株式会社のコーポレートベンチャーキャピタルであるYJキャピタルと、日本および東南アジアで最大級のシードVCであるEast Venturesが共同運営するアクセラレーターCode Republic(https://www.coderepublic.jp/)は、起業家に対する支援体制を強化、本日より第7期参加企業の募集を開始します。


これまでCode Republicは3ヶ月間のメンタリング・ゲストディナー・デモデイを開催する常時募集型プログラム「Code Republic」を中心に、学生向けの講義型プログラム「Code Republic Startup School」、毎週開催のセミナープログラム「Code Republic Studio」を開催してきました。
 

 

第7期は、これまでのプログラムに加え、専任の共同代表の任命、担当キャピタリストの増員、期間固定により支援体制を強化、1社1社の仮説検証、事業計画策定、バックオフィス支援、営業先・提携先・投資家の紹介、資金調達などプログラム終了後も含めて徹底的に支援、シリーズA達成率100%を目指します。

 


新たなプログラムでは、シード期の起業家に対して5つの価値を提供します。

 



■Code Republicについて
Code Republicは、シード期のスタートアップを対象としてPMF(Product/Market Fit)達成を目指す4ヶ月間のプログラムです。

毎週開催される各種イベントやキャピタリスト・アドバイザー・起業家からのフィードバックにより、アイデアの仮説検証を繰り返し、最短でのPMFを実現します。

 

 

2016年の設立以降、合計21社に対して累計9.7億円の投資を実行、追加調達率は77%、卒業企業の累計時価総額は156億円となり、多くの企業が成長を続けています。


Code Republicサイト:https://www.coderepublic.jp/



■募集要項について
以下フォームより、必要事項を記入の上、ご応募ください。
エントリー後、書類選考および面談選考を行います。合否通知は3月上旬を予定しています。

▼プログラム期間
2020年4月3日〜2020年8月3日

▼募集期間
2020年1月9日〜2020年3月15日23時59分

▼応募フォーム
https://forms.gle/9fSdBPLzxtk3BiWg7

アジアを代表する起業家を目指す以下のような起業家、起業志望者のご応募をお待ちしています。
  1. 社会構造・産業構造の革新を目指している
  2. 誰よりも対象領域に詳しい
  3. データドリブンで意思決定している
  4. スピード感を持ってエグゼキューションできる
  5. 粘り強く仮説検証を繰り返すことができる
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. YJキャピタル株式会社 >
  3. アジアを代表する起業家集団を目指す、Code Republicが起業家への支援体制を強化、本日より第7期募集開始