日本空間デザイン賞、iF Design Awardとパートナーシップ契約を締結

DSA(一般社団法人日本空間デザイン協会、会長:鈴木恵千代、所在地:東京都港区)とJCD(一般社団法人日本商環境デザイン協会、理事長:窪田茂、所在地:東京都品川区)が共同主催する日本空間デザイン賞と、ドイツのiF International Forum Design GmbHが運営するiF Design Awardは、このほどパートナーシップ契約を締結しました。

日本空間デザイン賞2021 ロゴマーク(日本語)日本空間デザイン賞2021 ロゴマーク(日本語)

 

iF Design Award2022 ロゴマークiF Design Award2022 ロゴマーク


この度のパートナーシップ契約締結により、両アワードでお互いの情報をウエブやSNS等で発信するなどPR広報活動やイベントなどを連携協力して行い、双方が備えもつ強みを生かしながらお互いのアワードの飛躍向上を目指します。また、日本空間デザイン賞2021応募者のうちShortlist受賞者は、特典としてiF Design Award 2022応募登録費用が免除され、またiF Design Award のプレセレクションも免除され、ファイナリストとしてiF Design Awardの最終審査に参加することが可能になります。

iF Design Awardとは:公式ウエブサイト https://ifworlddesignguide.com
1953年にドイツで誕生した世界で最も歴史の長いデザインアワードで世界60カ国から1万点を超える応募がある国際デザインコンペティションです。応募カテゴリーはプロダクト、コミュニケーション、パッケージ、サービスデザイン/UX、建築、インテリア・内装、プロフェッショナルコンセプト、UX、UIの9つの分野があります。

日本空間デザイン賞とは:公式ウエブサイト https://kukan.design/
2019年に誕生した日本で唯一かつ最大級の空間デザインアワードです。国内外の優秀なデザイナーや、卓越したデザイン作品を発掘し、評価をすることを目的としています。応募カテゴリーは展示系、商業系、オフィス、住宅など全11カテゴリー。また、DSAとJCDは国連が採択する「持続可能な開発目標(SDGs エスディージーズ Sustainable Development Goals)」に向けた活動に賛同し、本年度より、空間デザインにおいてすべての人々にとってより良く持続可能な未来の実現に貢献する作品を対象に「サステナブル空間賞」(英文:Sustainable Space of the Year)を新たに開設いたします。

左:iF Design Award CEOラルフ・ウィーグマン, 中央:DSA会長 鈴木恵千代,右:JCD理事長 窪田茂 契約締結時写真左:iF Design Award CEOラルフ・ウィーグマン, 中央:DSA会長 鈴木恵千代,右:JCD理事長 窪田茂 契約締結時写真

iF Design Award CEO:ラルフ・ウィーグマン コメント
iF デザインアワードと日本空間デザイン賞が日本で初となるパートナーシップ連携を締結できることを心より嬉しく思います。
デザイン賞の受賞は重要かつ有効なマーケティング/コミュニケーションツールとなりますが、その受賞を効率的に利用することが出来ているとはいえません。私たちはパートナーと共に、両アワードの参加者に提供できるであろう様々な機会について検討し、iFが提供できるグローバルネットワークも共有したいと考えています。 
このパートナーシップを契機として日本空間デザイン賞とともに益々のデザイン業界の発展を祈念しています。

JCD 理事長:窪田茂・DSA 会長:鈴木恵千代 コメント
日本空間デザイン賞(以下KDA)は、世界三大アワードであるiFデザインアワードとパートナーシップ連携を締結したことを、心から嬉しく思っております。KDAは、空間系デザインアワードとして日本最大級の規模となっており、受賞する作品はどれも素晴らしいものばかりです。iFデザインアワードとの連携を通して世界への道を開いていく事は、デザインの力を海外に示す大きな可能性になると期待をしております。このパートナーシップを契機として世界のネットワークを広げ、iFデザインアワードと共にデザイン業界を益々発展させていきたいと思います。

日本空間デザイン賞2021Shortlist受賞者へのiF Design Award 2022応募時の特典について
・iF Design Award 2022応募登録費用(250〜450ユーロ)が免除されます。
*iF Design Award 2022応募期間:2021年4月15日から2021年11月末もしくは12月初旬(予定)
*日本空間デザイン賞2021Shortlist受賞者が特典として応募可能なカテゴリーは
「4.0 Interior Architecture」か「7.0 Architecture」のどちらか。
・iF Design Award 2022のオンラインプレセレクション(デジタル審査)が免除され、応募登録完了時点でiF Design Award ファイナリストとして認定されます。
*iF Design Award ファイナリストは最終審査費用(金額未定)が発生します。
*iF Design Award 受賞者(最終審査後に発表)は受賞者費用(金額未定)が発生します。
・iF Design Awardではランキングポイント制度を設けており、ファイナリストに5ポイント、受賞の際に20ポイント、ゴールド受賞の際に100ポイントが付与されます。ポイントを取得するとiF World Design Guideで公開されます。ポイント集計期間は5年間。公開された受賞者はiF WORLD DESIGN INDEXで業界・地域・国に関する詳細な情報を備えたプラットフォームに露出することができます。
 

日本空間デザイン賞2021 ロゴマーク(英語)日本空間デザイン賞2021 ロゴマーク(英語)


リリース資料:
・本リリース
・データ:日本空間デザイン賞2021 ロゴマーク
・データ:iF Design Award2022 ロゴマーク  
・データ:ラルフ・ウィーグマン, 鈴木恵千代, 窪田茂 契約締結時写真

【日本空間デザイン賞2021】
作品応募期間:2021年4月1日(木)10:00〜6月16日(水)23:00(日本時間)
作品は全てWEB上での応募となります。https://kukan.design/

日本空間デザイン賞
主催:一般社団法人日本空間デザイン協会、一般社団法人日本商環境デザイン協会
後援:国土交通省、日本貿易振興機構、日本経済新聞社(予定)

本プレスリリースに関するお問い合わせ先: 
日本空間デザイン賞 応募事務局(JDN内)email : kukan@japandesign.ne.jp
https://kukan.design/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本空間デザイン協会 >
  3. 日本空間デザイン賞、iF Design Awardとパートナーシップ契約を締結