株式会社MomoのAgri PaletteがKDDIと舞鶴市の実証実験に採用

 

株式会社Momoは農業IoTソリューション”Agri Palette”がKDDI株式会社と舞鶴市の”IoTを活用した万願寺甘とうのスマート農業事業”に採用されたことを発表した。
本実証実験では、Agri Paletteにより、生産部会内での農業センシングデータの共有による生産性向上を検証する。


株式会社Momoは農業IoTソリューション”Agri Palette”がKDDI株式会社と舞鶴市の”IoTを活用した万願寺甘とうのスマート農業事業”に採用されたことを発表した。

万願寺甘とうは、細かくブランド選果基準が設定されており、大きく品質の良いものだけがブランド品として認められるため、栽培が非常に難しく生産者によって収量にばらつきが生じている。
”IoTを活用した万願寺甘とうのスマート農業事業”では、Agri Paletteにより気温・湿度・土壌温度・水分量・土壌EC・日照量などの栽培情報を収集・クラウド上へ蓄積し、高収量生産者の栽培データをモニタリングの上、解析・共有していくことで栽培知見を確立し、舞鶴市全体の万願寺甘とうの安定生産を目指す。

MomoはAgri Paletteにより、安価な農業IoTソリューションとしての普及のみならず、生産性や所得の向上や安定化への活用を目指している。
本件では日本の農業における生産部会の機能に着目し、生産部会内での農業センシングデータの共有による生産性向上を検証する。
栽培状況をIoTセンサーで見える化し、来年度には、収集した情報と万願寺甘とうの生育状況との相関を分析し、高収量生産者の好事例を生産者間で共有する​。

来年度以降には、満願寺あまとうでの採用拡大や他の作物での横展開を目指している。




 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Momo >
  3. 株式会社MomoのAgri PaletteがKDDIと舞鶴市の実証実験に採用