最新のテクノロジーにより環境に優しいクルーズを実現、世界初のハイブリッド探検船「ル・コマンダン・シャルコー」2021-2022年 全ツアー日程とアクティビティを発表

 

極地観光クルーズのエキスパートとして30年以上の経験を持つポナン(英:PONANT/本社:フランス・マルセイユ)は、2021年に誕生する世界初の液化天然ガス(LNG)と電気を燃料としたハイブリッド探検船「ル・コマンダン・シャルコー号」のツアー日程と提供予定のクルーズアクティビティの一部を発表いたしました。
最新のテクノロジーを駆使し、環境に優しいクルーズを実現する「ル・コマンダン・シャルコー号」の誕生は探検クルーズの歴史に新しい時を刻むとともに、お客様にはさらに進化したクルーズ体験を提供いたします。


■環境保護においての革命。世界初の液化天然ガス(LNG)と電気を燃料とするハイブリッド船の誕生。
「ル・コマンダン・シャルコー号」は最新技術を屈指して環境保護に取り組んでいます。世界初となる、液化天然ガス(LNG)と電気エンジンを結合しているハイブリッド推進システムにより、環境への影響を最小限に留めます。さらに船内には自然科学の研究ラボも完備し常に変わり続ける極地の生態系と生物の多様性を研究し続けます。

■最先端の極地の探査、さらに遠くの世界へ。
南極探査の英雄時代から約1世紀を経た今も尚、南極大陸は神秘の謎に包まれています。最新技術を駆使して誕生する「ル・コマンダン・シャルコー号」はロス海、ベリングスハウゼン海、ピョートル1世島などさらなる未開の地へと皆様をご案内することが可能となります。

■生涯の思い出になる旅行。
ハイキングやゾディアック(軍用ゴムボート)クルーズなどの既存のアクティビティに加え、「ル・コマンダン・シャルコー号」では熱気球での遊覧ツアーも新たに誕生。ホバークラフトやカヤックと綱で繋がった熱気球に乗り、南極の果てしなく続く美しい大地や海を上空からも眺めることができるスペシャルな体験となります。
また、自然ガイドと科学者チームの管理下の元、海氷の上に基地を作ったり、アルゴス送信機を配備したり、水のサンプルを集めたりと科学的なワークショップも体験いただけます。




『ベリングスハウゼン海の皇帝ペンギン』クルーズ


日程:2021年1月11日〜(18泊19日)
航路:プエルトモント(チリ)→南極→
   ウシュアイア(アルゼンチン)
船名:ル・コマンダン・シャルコー

この特別なクルーズはべリングスハウゼン海の中心、ピョートル1世島とシャルコー島へゲストの皆様をご案内します。1820年に南極大陸を発見したロシアの海軍大将で探検家のべリングスハウゼンから名付けられたこの海はほぼ一年中氷で覆われており、たどり着くのが困難なほぼ未開の海です。それゆえに大変珍しく、貴重な光景を目にすることができる島々となります。
さらに滅多に観察できなかった皇帝ペンギンの巨大な群れを観測することが可能となります。


『ロス海』クルーズ

 


日程:2022年2月16日〜(24泊25日)
航路:ウシュアイア(アルゼンチン) →南極→
   ウシュアイア(アルゼンチン)
船名:ル・コマンダン・シャルコー

ロス海は南極で最も貴重なパーツを発見することができる海だと言われています。寒さはより厳しく、風は強く、様々な形をした氷の世界はとても美しく神秘的な世界です。南極点から数百キロメートルの距離に位置し、南極大陸で最も大きなロス棚氷を見ることができるこの地は、地球最後の無傷の自然と言っても過言ではありません。
野生動物との遭遇や、様々なブルーのグラデーションからなる美しい氷の景色は一生の思い出に残るほどのインパクトです。


『ウェッデル海&ラーセン棚氷』クルーズ

 


日程:2021年12月3日〜/12月28日〜
2022年1月22〜/3月14日〜/3月25日〜
(11泊12日)
航路:ウシュアイア(アルゼンチン)→南極→
   ウシュアイア(アルゼンチン)
船名:ル・コマンダン・シャルコー
何層にもなった厚い氷に覆われたウェッデル海は難易度が高い反面、とても魅力的な海と言われています。そんなウェッデル海を訪れる上でベストと言える航海ルートです。ウェッデル海の北西部に位置する”氷のバリアー”と呼ばれるラーセン棚氷にも足を運び、特別な景色と体験を提供します。そしてウェッデル海に住む真の野生生物達を可能な限り身近で見ることができるクルーズとなるでしょう。



*全てのクルーズは国際南極旅行業協会(IAATO)と北極探検クルーズオペレーター協会(AECO)の安全規則に従い、豊かな経験と実績を持つキャプテンとエクスペディションリーダーにより遂行されます。ルートや寄港地、上陸地は天候によって変更になる可能性があります。



<会社概要>
会社名  :Ponant     本社所在地:408 Avenue du Prado, 13008 Marseille, FRANCE     
創立:1988年
公式HP :www.ponant.com

<PONANT(ポナン)とは>
1988年にジャン エマニュエル ソウヴェエと12名の船乗りが設立。
ポナンは高品質のサービスとユニークなコンセプトの船旅を、小型船である事にこだわり提供するという新しいラグジュアリークルーズを確立し、業界を先導してまいりました。そして2018年、未来へ持続可能な観光事業を確立するため、PONANT財団を設立しました。PONANT財団では美しい海と南極・北極の自然を保護し、また人々の交流を促進することを目的としています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PONANT JAPAN >
  3. 最新のテクノロジーにより環境に優しいクルーズを実現、世界初のハイブリッド探検船「ル・コマンダン・シャルコー」2021-2022年 全ツアー日程とアクティビティを発表