【夏だと遅い!? 暑くなる前に、早めのエアコンの試運転】3人に2人がエアコンの試運転をしたほうがいいと回答。しかし実態は…

霧ヶ峰Times 【夏本番に向けたルームエアコン意識調査】

 5月に入り、気温もどんどん上がってくる季節になりました。また新型コロナウイルスの感染拡大により、ご自宅で過ごす時間が長くなることが想定されることから、この夏は室内で快適にお過ごしいただく環境づくりが、より大切になります。三菱電機 霧ヶ峰PR事務局は、本格的な冷房シーズンを前に、エアコンの試運転に関する意識調査を実施しました(調査対象:全国の男女618名)。調査の結果66.6%が「エアコンの使用を始める前に、試運転をした方がいいと思う」と回答しました。しかし、昨年、夏前に試運転をした人は半数以下の46.0%でした。
 日本の気温は上昇傾向で、昨年の東京では5月後半ですでに最高気温30度以上の真夏日を記録しています。今年も5月11日には各地で30度以上の真夏日となり、山梨県と群馬県では33.4度を観測しました(気象庁データより)。必要なときすぐ冷房が使えるよう、エアコンの試運転は大変重要です。三菱電機 霧ヶ峰PR事務局は、本格的な暑さを迎える前の今こそエアコンの試運転をお勧めします。


  • 1. 東京では5月から真夏日が当たり前に
夏の到来は年々早まっています。東京では直近5年間(2015〜19年)のうち2017年を除いて毎年5月に真夏日を記録しました。全国の主要都市を見ても、5月の真夏日は当たり前の現象になりつつあります(図1)。
2019年は、東京で5月24〜27日までの4日連続で真夏日を記録し、今年はすでに5月11日に青梅市で30.0度の真夏日を記録しました(気象庁データより)。

(図1)(図1)

  • 2. 夏到来前の今こそ、エアコンの試運転を!
夏の必需品と言えばエアコンです。冷房が必要なとき快適に使用していただくため、三菱電機はエアコンの試運転を推奨しています。夏の到来が早まっているデータから考えると、試運転の最適なタイミングは5月中。4.で後述するように、試運転の方法は大変簡単で、故障や不具合を事前に発見できるのはもちろん、エアコンの冷房効果を高めたり、電気代を抑えたりすることにも役立ちます。
また、7月からの本格的な冷房シーズンには、エアコンの点検相談依頼が殺到し、すぐに対応ができない可能性もあります(グラフ1)。真夏日や熱帯夜が続くタイミングで冷房が使えないことになれば、健康面での心配もあります。そうした点でも、夏到来前の5月のうちにエアコンの試運転を行い、来る夏に備えましょう。

※三菱電機サービス課調べ (グラフ1)※三菱電機サービス課調べ (グラフ1)

 ​【コラム 2020年夏も熱中症にご注意!】
気象庁は4月24日発表の3か月予報で、5〜7月の気温を「向こう3か月の気温は、暖かい空気に覆われやすいことから、全国的に平年並か高いでしょう。」と予測しています。気温28度を超えると熱中症の危険が増します。昨今では、屋外より室内の熱中症の危険性が指摘されています。冷房を効果的に活用し、室温をコントロールしましょう。
  • 3. エアコン試運転の必要性を感じる人が3分の2。しかし、実践するのは半数以下
霧ヶ峰PR事務局は、エアコンの試運転に関する調査を行いました。「各シーズンでエアコンの使用を始める前に、試運転をした方がいいと思いますか?」の質問に対し、「必ずしたほうがいいと思う」「できればしたほうがいいと思う」と回答した人が66.6%と全体の3分の2を占めました(グラフ2)。
しかし、昨年の冷房シーズン前に実際に試運転をした人は、46.0%と半数以下にとどまりました(グラフ3)。試運転が必要だと思っていても実践しない人が、まだまだいることがわかりました

(グラフ2)(グラフ2)

 

 

(グラフ3)(グラフ3)

三菱電機の相談窓口である三菱電機お客さま相談センターは、エアコンの試運転について「お客様からは、“試運転のやり方がわからない“というお声をたびたびいただきます。確かに、各シーズンではじめてエアコンを使用する前には、いくつかのチェックポイントがありますが、試運転自体は決して難しくありません。プラグやコンセントの部分にほこりがたまり事故の原因になったり、フィルターが汚れて余計な電気代がかかってしまったりする可能性もあります。安全、快適、経済的に冷房シーズンを過ごしていただくためにも、ぜひ使用前の試運転をお願いいたします。」とコメントしており、その重要性がうかがえます。
  • 4. 実はとても簡単! エアコン試運転の3ステップとチェックポイント
試運転の際には、安全に使えるようまずプラグやコンセントまわりをチェック。続いて、冷房の効率を下げないためエアコン内部のフィルターの汚れをチェックします。最後に、30分程度冷房運転して、風の冷たさや水漏れの有無を確認します。霧ヶ峰PR事務局では、機種に関わらず簡単にできるエアコン試運転の3ステップとチェックポイントをまとめました。

  • 5. 三菱電機のルームエアコン「霧ヶ峰」は、お客様のお困りごとを解決するために日々、研究開発を行っています
最近のルームエアコンは、フィルターを自動で掃除する機能を持つものが増えてきています。
しかし、一般的にその機能は複雑で簡単に取り外せず、内部までお客様ご自身でお掃除することは難しい為、専門のクリーニング会社に依頼することも多いかと思います。
そこで霧ヶ峰では、フィルターおそうじユニットを簡単に丸ごと外して、ご自身で簡単に内部を掃除できる独自の「はずせるフィルターおそうじメカ」を開発しました。また、吹出し口部の左右風向フラップが開くのでファンまで手が届き、通風路のお手入れが簡単な「はずせるボディ」をほとんどの機種に搭載しています。

【三菱ルームエアコン霧ヶ峰】https://www.MitsubishiElectric.co.jp/home/kirigamine/special/z/clean/

【調査概要】
■調査対象者:日本国内在住の30-59歳の男女で、直近3年以内に新居購入またはリノベーションをし、かつ、エアコンを購入した方618名
■調査方法:インターネット
■調査期間:2020年1月31日(金)~2月2日(日)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三菱電機 霧ヶ峰PR事務局 >
  3. 【夏だと遅い!? 暑くなる前に、早めのエアコンの試運転】3人に2人がエアコンの試運転をしたほうがいいと回答。しかし実態は…