【9月8日リリース、M&Aで日本経済に活力を】しごとのプロ出版株式会社が、スモールM&Aの市場で活躍するM&Aマッチングアドバイザーを養成する講座をオンライン商品化・リリース

〜コロナ不況で業態転換や多角化を行う企業のニーズに応え、日本経済を活性化させる 〜

デジタル媒体でのコンテンツプロデュース業を手掛けるしごとのプロ出版株式会社は9月8日、コロナ不況で業態転換や多角化を行う企業のニーズに応え、スモールM&Aの市場で活躍するM&Aマッチングアドバイザーを養成することを目的とし、すでに実績多数の「スモールM&Aマッチングアドバイザー養成講座」をオンライン商品化、リリースしました。

緊急事態宣言が明けた6月、それまで一時的に停滞していたM&A市場に動きが出始めました。

コロナ禍で倒産や廃業が増加する一方、コロナ後を見据えて、事業買収や多角化に乗り出す企業も出てきています。M&Aを活用することで素晴らしい技術やノウハウを持つ企業を守ることは我が国の経済発展に欠かせません。
そのための鍵として企業の間を取り持つ人材が必要となってきています。後継者不足や新型コロナウイルス感染拡大で、影響が深刻な企業とパートナーになり得る企業のマッチングを行い、企業の「命」をつなぐ存在である「M&Aマッチングアドバイザー」を増やすことで、日本経済に活力を与え、発展に寄与することがこの講座の目ざすところです。
今回リリースするコンテンツ内容としては、「スモールM&Aの現状」「M&A成約までの11のステップ」「M&A案件発掘法」「決算書のチェックポイント」などを含めた全3回30時間に及ぶ本講座動画の視聴権やスモールM&A専門のマッチングサイト「ReBORN」利用権に加え、M&A成約サポートがあります。
「ReBORN」は弊社の運営する、スモールM&A専門のマッチングサイトです。現在100名の受講生がM&Aアドバイザーとして在籍し、会社を売りたい方と、 会社を買いたい、または新たに事業を始めたいと思っている方を繋げるサポートを行っております。さらに、会計士、弁護士、税理士を含むM&A経験や専門知識を持つアドバイザリーが8名在籍、多数サポート・バックアップを行っています。
 


弊社代表の大坪は、この講座の重要性について以下のように述べています。

「私自身、過去に3回の事業譲渡の経験があります。スピーディな事業の選択と集中を図る上で非常に有効でした。その意味でもコロナ危機が迫りくるいま、M&Aは、中小零細企業の生き残りにとって必須のスキルであると言えるでしょう。
また、M&Aを当事者として経験したなかで痛感したことがあります。事業譲渡の相手は1親友といえる相手だったのですが、そんな相手であってもM&Aの交渉は感情を抑えるのが難しく交渉の度に怒鳴り合いになってしまい険悪な終わり方をするのが常でした。
ところが弁護士を中に入れたところ、すんなりとまとまったのです。親しい相手ですらこうですから、ましてよく知らない相手との交渉がすんなり決まるはずがありません。間に立つプロが必要だとほとほと痛感しました。これがマッチングアドバイザーの養成に乗り出した理由なのです。」


さらに、この講座を受講した方々の活躍により、M&Aにおいて行政との連携が生まれたり、M&A案件の立件や、経営者の相談役になり、将来を考えるきっかけを与えるなど、実績が多数報告されています。
記者の方は、このオンラインコンテンツの一部を無料で提供させていただきますので、ご希望の方は掲載のお問い合わせ先までご連絡をお願いいたします。

しごとのプロ出版株式会社は、今後も日本経済の発展に貢献するべく、世の中にお役に立つコンテンツをオンラインにて積極的に発信してまいります。

商品のご紹介はこちら→https://shigoto-pro.com/online-manda/
  1. プレスリリース >
  2. しごとのプロ出版株式会社 >
  3. 【9月8日リリース、M&Aで日本経済に活力を】しごとのプロ出版株式会社が、スモールM&Aの市場で活躍するM&Aマッチングアドバイザーを養成する講座をオンライン商品化・リリース