大分トリニータを運営する大分フットボールクラブ、間接費管理業務の効率化とコスト削減を目指し、中小企業向けSAP® Concur®ソリューションを採用

~間接費管理業務工数を1/3削減~

出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、株式会社大分フットボールクラブ(本社:大分県大分市、代表取締役:榎徹、以下 大分FC)の間接費管理基盤として、中小企業向けSAP® Concur®ソリューションが採用されたことを発表しました。
同社では、従業員約50名の経費精算・管理に「Concur Expense Standard(https://www.concur.co.jp/perfect-expense)」、請求書管理に「Concur Invoice Standard(https://www.concur.co.jp/small-business/invoice)」を採用、2020年4月に稼働する予定です。

「サッカーを通じて大分の活力に貢献する」ことを経営理念とする大分FCは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する大分トリニータを運営。今年、6年ぶりのJ1に復帰し、ますますの活躍が期待されています。また、地域・コミュニティの経済的・社会的価値向上に貢献すべく、サッカーをはじめとするスポーツ競技会やイベント、スポーツ教室の開催など、事業内容は多岐にわたります。 

今回、煩雑化していた経理部門の業務効率化、特に立替経費やベンダー経費といった間接費管理業務の省力化を図るため、承認プロセスのワークフローから会計ソフト連携、支払いまでを一元管理・運用可能なクラウドシステムの導入を行うことにしました。そこで、導入が容易であり、かつJリーグ特有の勘定科目体系への対応ができることなどから、中小企業向けソリューションであるConcur Expense Standard、Concur Invoice Standardを採用するに至りました。

Concur Expense Standard、Concur Invoice Standardを利用することで、システム上で経費承認のワークフローを回すことができるほか、規程チェックが自動化されるため、経理部門の管理業務が軽減されます。また、これまで紙とエクセルに依存していた経費精算についても、Concur Expense Standardのモバイルアプリを使って領収書を撮影し、スキマ時間で経費精算申請・承認ができるようになります。そのため従業員は、紙の領収書提出のため毎回帰社することなく、出張や遠征先で逐次経費精算をすることが可能となり、経費精算の負担が軽減、本業に集中できることから、生産性向上につながります。また、Concur Invoice Standardの利用で、受領した請求書をデータ化してシステム上で集中管理できることから、ベンダー経費の管理業務効率化も併せて実現することができます。

なお、Concur Expense Standard、Concur Invoice Standardは中小企業の限られた人的労力でもスムーズかつ、短期間での導入を実現するために、セルフサービス型の導入ウィザードを搭載。導入費用が不要であるうえ、詳細なマニュアルや、電話によるサポートにより容易に導入することが可能です。

加えて、分析ツールである「Intelligence」により経費支出の可視化・分析を行うことで、適正な経費使用を促し、コスト削減とガバナンス強化を目指します。

大分FCでは、今回の導入により、経費管理業務工数について経理部門で30%、従業員で15%の削減を見込んでいます。あわせて、今後は電子帳簿保存法を活用し、領収書・請求書管理のペーパレス化にも取り組んでいく予定です。

コンカーの代表取締役社長である三村真宗は、次のように述べています。
「J1リーグで活躍される大分トリニータを運営している大分FC様の経費費管理業務の基盤としてSAP Concurを採用いただいたことを大変嬉しく思います。大分トリニータをはじめとするチームの皆様の今後の活躍を、我々のソリューションでご支援できればと考えております」

■株式会社コンカーについて
世界最大の出張・経費管理クラウド SAP Concur の日本法人で、2010年10月に株式会社サンブリッジとジョイント・ベンチャー方式で設立されました。『Concur Expense(経費精算・経費管理)(https://www.concur.co.jp/expense-management)』・『Concur Travel(出張管理)(https://www.concur.co.jp/travel-booking)』・『Concur Invoice(請求書管理)(https://www.concur.co.jp/invoice-management)』を中心に企業の間接費管理の高度化と従業員の働き方改革を支援するクラウドサービス群を提供しています。
コンカーの詳細についてはhttps://www.concur.co.jp/をご覧ください。

■SAP Concurについて
20年以上にわたり、出張・経費・請求書・コンプライアンスそしてリスクなどの間接費に関するすべての管理を自動化することで、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAP Concurの世界標準の知見と業界トップのイノベーションは、多種多様なパートナーとアプリケーションのエコシステム、従業員のムダな時間削減を支援するソリューションや最先端の技術、そして包括的な出張・経費データの活用を通じ、お客様の出張・経費管理の価値最大化に貢献します。ユーザーフレンドリーですぐにビジネスに活用できるSAP Concurのソリューションは、ビジネス課題の複雑性の低減と間接費の可視化を促進することで、企業に強力な洞察力を与え、積極的な間接費管理を実現します。詳細はhttps://www.concur.com/またはSAP Concur ブログ(https://www.concur.com/newsroom)をご覧ください。

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社コンカー >
  3. 大分トリニータを運営する大分フットボールクラブ、間接費管理業務の効率化とコスト削減を目指し、中小企業向けSAP® Concur®ソリューションを採用