キャンピングカーレンタルの Dream Drive が新モデル『Kago』を発表

小型ながらも快適さは変わらず

キャンパー利用者のフィードバックを反映して生まれた最新モデル
「株式会社Dream Drive(ドリーム ドライブ)」は、バンライフ・スタイルにカスタムビルドしたキャンピングカーのレンタルを行うスタートアップ企業です。2020年11月10日に世田谷営業所にて新モデル『Kago(カゴ)』を発表いたしました。トヨタ・ライトエースをベースにカスタムビルトしたKagoは、普通車と同じ感覚で運転しやすく、小型なボディサイズながらも、ホテルグレードの快適な車内空間が特徴です。限られた車内スペースには、セミダブルベッドを配し、車両後部に引き出し式のテーブル、ミニキッチン、収納スペースを搭載しています。就寝定員2名となるKagoはカップルやソロでのご利用に最適です。

ベース車両はトヨタ ライトエースバンベース車両はトヨタ ライトエースバン

ライトバンクラスのベース車両のため、普段運転に慣れていない方や、大型のキャンピングカーの運転に不安がある方も安心してご利用頂けます。従来の背の高い車両に比べて低いフロアを実現したライトエースは乗り降りもしやすく、フルサイズのキャンピングカーに比べ、その扱いやすさも特徴です。さらにDream Driveが謳う“Hotel room on the wheels”のコンセプトのもと、小型な車両ながらセミダブルサイズのマットレスを採用し、眠りの質にもこだわっています。
車両後部には引き出し式のテーブルとミニキッチン、収納戸棚やラゲッジスペースを搭載しており、アウトドアギアやタオルなどのアメニティもレンタル料金に含まれるので、手ぶらでキャンプやロードトリップに出かけることが可能です。その他、ミニ冷蔵庫、屋外用シャワー、外部電源、サブバッテリーシステムなど充実の装備を搭載しています。

 

 

『Dream Driveのキャンパーをご利用いただいた皆様の率直なフィードバックを反映させて生まれたのが新しい「Kago」です。そんな私たちの最新モデルをドライブして、車でしかアクセスできない日本国内のローカルトリップを楽しんでもらえたら嬉しいです。』

Dream Drive 代表 ジャレド・カンピョン
 

【Dream Drive - New Kago】

車両:トヨタ・ライトエースバンバン
排気量:1500cc 
トランスミッション:AT
ガソリン:レギュラー
乗車定員:5名
就寝定員:2名
装備品:冷蔵庫(18L)、外部電源、サブバッテリーシステム(出力1600W・容量1260Wh)、間接照明、外部シャワー、引き出し式ベッド、換気扇、ルーフキャリア
ウェブサイト:https://www.dreamdrive.life/jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Dream Drive >
  3. キャンピングカーレンタルの Dream Drive が新モデル『Kago』を発表