「神山まるごと高専」理事長に、Sansan創業者の 寺田 親弘。 同校のクリエイティブディレクターに、Crazy Wedding創業者の 山川 咲 が就任

神山まるごと高専設立準備委員会は、2023年4月の開校に向けて、同校の理事長にSansan株式会社創業者の寺田 親弘(てらだ ちかひろ)が就任し、併せてクリエイティブディレクター 兼 同校理事としてCrazy Wedding 創業者の山川 咲(やまかわ さき)が就任することを発表いたします。
昨年、校長に選出されたZOZO元CTO 大蔵 峰樹(おおくら みねき)とともに、3人が中心となり、神山まるごと高専設立に向けたプロジェクトが大きく推進されます。
なお、寺田の理事長職、大蔵の校長職、山川の理事職は、2023年の開校時に就任となります。

写真左が寺田親弘、中央が大蔵峰樹、右が山川咲写真左が寺田親弘、中央が大蔵峰樹、右が山川咲


■神山まるごと高専とは
神山まるごと高専は、「テクノロジー × デザインで、人間の未来を変える学校」をミッションとして掲げる2023年4月開校予定の私立高等専門学校です。これまで高等専門学校は、技術教育を中心とした5年制カリキュラムを有する、日本独自の教育システムでした。本校では、そこにITやソフトウエアといった最先端テクノロジーの教育や、アイディアを形にするUI・UXを中心としたデザイン教育、そして社会変革を生み出す起業家精神を育む教育を加え、これまでない学校の形を提供します。

また、地方創生のロールモデルとも言われる、徳島県神山町に設置し、神山町を巻き込んだ実践型教育を行う予定です。

日本財団の「18歳意識調査 『第20回 –社会や国に対する意識調査-』」によると、国際的に見ても、日本の若者は自己効力感や社会変革意識が低く、特に「自分で国や社会を変えられると思う」と考えている若者は、アメリカの65.7%や、中国の65.6%と比べ、日本は18.3%と著しく低いことがわかります(※)。

本校では、そのような日本国内において、学生の社会変革意識を育むとともに、テクノロジーやデザインでその実現の後押しを行い、社会に変化の一歩を生み出せる人材「起業するデザインエンジニア」を輩出することを目指しています。

神山まるごと高専の詳細はこちらからご覧ください。 https://kamiyama-marugoto.com

■寺田親弘の理事長候補選出について
2007年に寺田は、それまで世の中になかったクラウド名刺管理サービス「Sansan」を立ち上げました。世にある市場を作るのではなく、自ら感じた手触り感のある課題をもとに市場を作り出し、社会に新たなビジネスインフラを作ることに取り組んでいます。

これまでにない高専の設立プロジェクトを形にするには、強力な推進者が必要です。0から立ち上げた起業経験を発揮し、開校に向けて、プロジェクト推進はもとより教員集めや寄付金集めを牽引することを役割とし、理事長候補に就任しました。また、Sansanは同社のサテライトオフィスを2010年より神山町に設置しており、寺田自身、神山町と深いつながりを持ち、魅力を理解していることも就任理由です。

開校後、学校経営の最高責任者として、本校の価値最大化に努めます。

■山川咲のクリエイティブディレクター就任について
神山まるごと高専のクリエイティブディレクターとして、山川咲が就任しました。山川は、完全オーダーメイドウェディングブランド、Crazy Weddingを20代で立ち上げ、変化のなかった業界に風穴を開けた革命児として注目を浴び、情熱大陸にも取り上げられています。2020年に独立した山川が、自身の取り組むプロジェクトとして高専の設立に取り組みます。

神山まるごと高専は、既存の高等専門学校はもちろん、高校・大学とも異なる、これまでにない学校です。本校の魅力を形作り、社会に向けて広く理解を促すためには、ウェデイング業界の当たり前を変えるなど、業界を大きく革新させた山川の経験が活きると考え、今回クリエイティブディレクターに選出しました。

クリエイティブディレクターとして、神山まるごと高専のブランディングを牽引するだけでなく、カリキュラムやカルチャー、建築などのプロジェクト推進の上での積極的な情報発信や社会とのコミュニケーションを担います。なお山川は、同校の理事候補にも選出されており、開校後も同校の経営に携わる予定です。

世の中の新しい当たり前を生み出そうと起業した経験を持つ両名が、神山まるごと高専に深く関わることにより、本校設立に向けて、さらに加速します。

■両名からのコメント

 

理事長 寺田 親弘のコメント:
「『やりたいことが見つからない。』若者だけでなく、最近では大人もそんなことを言ったりします。でも、『やりたいこと』は、きっと探すものではなくて、決めるものなんだと思います。まず、決めてみて、動いてみて、そして結果から学び、それを更に磨いていく。そういった営みから芽生えたぼんやりした野心が、やがて志になっていく。

起業って素晴らしいものだと思います。
この高専では、テクノロジー×デザインというスキルと共に、人間の未来は変えられるという世界観の中で、それぞれの意思を強くしていきたいと考えています。

そこから生まれてきた野武士たちが、自ら、問いを創造して世界を変えていく。
そしてそれらが積み重なって、神山から未来のシリコンバレーが生まれていく。
そんなことを夢見て、この学校作りに向き合っていきたい。そう思っています。」

クリエイティブディレクター 兼理事候補 山川 咲のコメント:

 

「このプロジェクトにおけるクリエイティブディレクターとしての私の役割は、高専に『魂』を吹き込むことだと考えています。

決まった学校をどう見せるか、ではなく学校作りもひとつのスタートアップだと考えた時に、創業メンバーとして、「私たちは何者で、どんな未来のために、何を生み出すのか」という徹底的な自問から骨格を作り、そこに魂を吹き込み、プロジェクト内外の多くの人たちにそれを伝播していく。それが自分自身の役割だと思っています。

関わる人たちが創造的であること、それを作ることが今回の私のクリエイティブディレクターという肩書きにおける、最大のミッションです。とにかく生み出したいのは、皆が注目せざるを得ないたったひとつの面白い事例。15歳から20歳までの未来の可能性が、最も広がる機会としての教育に何ができるのか、を発明するつもりで考えていきたいと思っています。

私は、これまで人の人生が変わる瞬間を生み出そうと奔走してきました。新卒採用、結婚式、と自分のキャリアで真剣に向き合ってきた事に、今度は10代の学生に向けた教育という場面で向き合っていこうと思っています。

 私にとって教育の目的とは、何かを教えることではなく、人々が「今ここから人生が変えられることに気づき、自らが変化を生み出す」こと。私の人生をしっかりと使い・向き合いどこにもない学校を作りたいと思います。」

■神山まるごと高専を牽引する3名の鼎談
「日本の田舎町に未来のシリコンバレーを」神山町に高専を作る、3人の決起物語
校長の大蔵峰樹、理事長の寺田親弘、クリエイティブディレクターの山川咲による神山での鼎談をnoteにまとめました。なぜ、この3人が学校作りを目指すのか、その出会いとはどのようなものだったのかを語っています。是非ご覧ください。

note リンク:https://note.com/kamiyama_kosen/n/n4521aabe4ea3 


■理事長候補 略歴
氏名:寺田 親弘(てらだ ちかひろ)
生年月日:1976年12月29日
学歴:学歴:慶應義塾大学
出身地:東京都

1999年 3月     慶應義塾大学 環境情報学部卒業
1999年 4月     三井物産株式会社入社 情報産業部門に配属
2001年 5月     米国転勤 Mitsui Comtek社(在シリコンバレー)勤務
2002年 8月     本店 IT ソリューション事業部に帰任
2006年 2月     三井物産セキュアディレクションに出向 経営管理部長就任
2007年 5月     三井物産を退職
2007年 6月     Sansan株式会社 代表取締役就任

略歴:
三井物産株式会社に入社。情報産業部門に配属された後、米国・シリコンバレーでベンチャー企業の日本向けビジネス展開支援に従事する。帰国後、社内ベンチャーの立ち上げや関連会社への出向を経て、2007年にSansan株式会社を創業。

※理事長には、2023年4月の開校時に就任予定です

■クリエイティブディレクター 兼理事候補 略歴
氏名:山川 咲(やまかわ さき)
生年月日:1983年9月11日
学歴:学歴:神田外語大学外語学部
出身地:東京都

2006年3月 神田外語大学外語学部 卒業
2006年4月 株式会社アチーブメント 入社
2012年7月 株式会社CRAZY創業
2020年3月 株式会社CRAZY退任
2020年12月 株式会社SANU取締役就任

略歴:
CRAZY WEDDING創設者。1983年東京生まれ。大学卒業後、ベンチャーのコンサルティング会社へ入社。退職後に単身オーストラリアへ。「意志をもって生きる人を増やしたい」と考え、2012年に業界で不可能と言われた完全オーダーメイドのウェディングブランド「CRAZY WEDDING」 を立ち上げた。2016年5月には毎日放送「情熱大陸」に出演。その後、産休・育休を経てIWAI OMOTESANDOの立ち上げに携わる。2020年3月27日にCRAZYを退任し独立。2020年12月にホテル&レジデンスブランド「SANU」の非常勤取締役及びCreative Boardに就任。著書に「幸せをつくるシゴト」(講談社)

※理事には、2023年4月の開校時に就任予定です。

■Sansan株式会社の神山まるごと高専の取り組みについて
Sansan株式会社は、2021年1月に「神山まるごと高専設立支援室」を同社社内に設置しました。同社のESG活動の一環として、未来のイノベーションを生み出す、本プロジェクトを後押しします。支援室には同社社員が所属し、Sansanの事業活動を通して得た、専門的なスキルを本プロジェクトに提供します。

 

2021年1月、神山まるごと高専 学生寮の建設予定地にて2021年1月、神山まるごと高専 学生寮の建設予定地にて


(※)日本財団調べ 第20回テーマ「国や社会に対する意識」(9カ国調査)
https://www.nippon-foundation.or.jp/app/uploads/2019/11/wha_pro_eig_97.pdf

(以上)

■「神山まるごと高専」とは
神山まるごと高専は、2023年4月開校予定の私立高等専門学校です。「奇跡の田舎」と称される徳島県神山町に設置され、神山町をまるごと、学びのフィールドに活用した、実践型教育を展開します。
学校のミッションは、「テクノロジー x デザインで、人間の未来を変える学校」。
従来の技術教育中心の高専とは異なり、ソフトウエアを中心としたテクノロジーや、UI・UX・アートなどに関連したデザイン教育。また、起業家マインドを育成する教育を実施し、どんな社会でも、世の中を変えていける人材を育成します。

ウェブサイト: https://kamiyama-marugoto.com
公式note:http://note.com/kamiyama_kosen
公式twitter:https://twitter.com/kamiyama_kosen

※上記はあくまで目標であり、「学校法人設立並びに学校設置の認可」取得時期によって、開校を 2023 年 4 月以降に変更する場合もあります
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 神山まるごと高専 >
  3. 「神山まるごと高専」理事長に、Sansan創業者の 寺田 親弘。 同校のクリエイティブディレクターに、Crazy Wedding創業者の 山川 咲 が就任