【NEC】「iF DESIGN AWARD 2020」を2年連続・2テーマで受賞

「Smart Airport」・「NEC Walking Analysis Technology」(FiNC Technologies、マクアケとの共創PJ)

NECは国際的に権威のある「iF DESIGN AWARD 2020」を受賞しました。今回受賞したのは「Smart Airport」と「NEC Walking Analysis Technology」で、2年連続・2テーマでの受賞となります。

このたびNECは国際的に権威のある「iF DESIGN AWARD 2020」(※注)を受賞しました。今回受賞したのは「Smart Airport」と、株式会社FiNC Technologies、株式会社マクアケとの共創プロジェクト「NEC Walking Analysis Technology」で、昨年の「Multimodal biometric authentication Bio-IDiom」、「The Hachioji Model“Sustainable Healthcare Ecosystem”」の受賞に引き続き、2年連続・2テーマでの受賞となります。


■Smart Airport(受賞分野:サービスデザイン、受賞カテゴリー:サービスデザイン) 

2020年訪日外国人旅行者数4,000万人、2030年には6,000万人を目指す中、日本の玄関口・空港でスムーズな手続きを実現するための、税関検査場電子申告ゲートを中心としたSmart Airport。
最先端の顔認証技術を活用しながら、日本ならではの、おもてなし、やすらぎのある空港づくりを目指して、携帯品の電子申告を行うスマホ向けアプリ、電子申告端末、顔認証技術を活用したウォークスルーゲート、サイネージなど空港の税関検査場をトータルにデザイン。昨年受賞した生体認証「Bio-IDiom バイオイディオム」の顔認証を活用した実際のサービスが評価されました。

・関連ページのご紹介
iF DESIGN AWARD公式ページ(英語)
https://ifworlddesignguide.com/entry/283443-smart-airport
空港におけるNECの取り組み  
https://jpn.nec.com/safercities/transportation/fasttravel/narita.html


■NEC Walking Analysis Technology(受賞分野:ヘルスケア 、受賞カテゴリー:サービスデザイン ) 

歩行に関する詳細な情報の取得を通じて、今までは見ることのできなかった「歩行の状態」を可視化・分析し、分析結果に基づいた専門家の知見・アドバイスによって、人々の「歩行の質≒歩容」を高めるNEC Walking Analysis Technology。
人々の日常生活の基本である「歩行」に着目し新規事業開発を行うにあたり、ヘルスケアソリューション開発で豊富な実績を持つFiNC Technologies社、世の中にない製品の体験価値設計を得意とするマクアケ社Makuake Incubation Studioを共創パートナーに迎え、オープンイノベーションでのサービスデザイン創出を推進しました。
NECの「技術」、FiNC Technologiesの「知見」、Makuake Incubation Studioの「戦略」を組み合わせた、Direct to Consumerアプローチ活用による、独自性の高いサービスが評価されました。

・関連ページのご紹介
iF DESIGN AWARD公式ページ(英語)
https://ifworlddesignguide.com/entry/270574-nec-walking-analysis-technology
歩行センシング・ウェルネスソリューション
https://jpn.nec.com/wellness/index.html


NECは人の体験価値の向上を考える「ユーザーエクスペリエンス」と社会のあるべき姿を考える「ソーシャルエクスペリエンス」の2つの視点から価値を創出する、「ソーシャルバリューデザイン」をデザインポリシーとして掲げ活動しています。デザインに注力した事業推進によって、お客様のビジネスや未来の社会に「イノベーション」を提供し続けます。


注:iF DESIGN AWARD(iFデザインアワード)について
ドイツ・ハノーバーを本拠地とするiF International Forum Designは、世界で最も長い歴史を持つ独立したデザイン団体で、毎年優れたデザインを選出し「iFデザインアワード」を授与しています。
iFデザインアワードは、67年にわたり国際的に権威のあるデザインアワードのひとつとして、またiFロゴは優れたデザインの証として広く認知されています。賞は、プロダクト、パッケージ、コミュニケーション、サービスデザイン、建築、インテリア・内装、プロフェッショナルコンセプトの7分野で構成されています。今回は78名のデザイン専門家が56か国/地域から集まった7,298件の応募デザインを厳正に審査しました。
すべての受賞デザインは iF WORLD DESIGN GUIDE及び iF design appに掲載し、iF design exhibition Berlinにて展示します。

<NECのデザイン>
https://jpn.nec.com/design/index.html

<本件に関するお問い合わせ先>
NEC ビジネスイノベーションユニット info@ifda2020.jp.nec.com
  1. プレスリリース >
  2. 日本電気株式会社 >
  3. 【NEC】「iF DESIGN AWARD 2020」を2年連続・2テーマで受賞