イベント運営サービス「teket(テケト)」。動画プラットフォーム「Vimeo」との連携を強化。6月中にコンビニ決済、電子決済にも対応

ホン株式会社は、株式会社NTTドコモの新規事業創出プログラム「39works」を利用して、NTTドコモと開発した、音楽ライブや演劇などのチケット電子化、座席の管理、来場者分析などができるサービス「teket(テケト)」のベータ版の運営をしています。

この度、動画プラットフォーム「Vimeo」との連携を強化いたしました。これにより、チケット購入者のみ視聴できるライブ配信がより簡単に行えます。


teketは、アーティストのライブやオーケストラのコンサートを電子チケットに変えたいと思い立ち上げたサービスです。紙のチケットから電子チケットに変えることで、チケットを手売りや手書きで管理しているアーティストの負担を軽減してきました。

ですが、新型コロナウイルス感染拡大により、コンサートやライブそのものの開催が難しいというアーティストの皆さまにとって困難な状況となっています。そこで、teketでは無観客ライブなどの開催を手軽にする、ライブ配信を電子チケット販売できる機能を2020年3月に追加しました。

この機能追加をきっかけに、Vimeoとの連携を強化までにteketでは様々な機能追加や修正を行って参りました。例えば、イベント詳細ページにYouTubeなどの動画タグを埋めこめる機能や、イベントを限定公開できる機能など。これらの機能追加や修正は、teketをご使用いただいているアーティストの皆さまとお話をさせていただき、ご要望にお応えしたものとなります。

https://www.youtube.com/watch?v=JwFIYyLRUcE

また、teketではアーティストの皆さまがスムーズにライブ配信や、SNS上での情報発信ができるように、オンラインでの勉強会も積極的に行っています。これまでに、ライブ配信サービス「17 Live」とライブコマースサービス「HandsUP」をゲストにお招きしたライブ配信に関する勉強会や、テレワーク演奏会がSNSで話題となった「新日本フィルハーモニー交響楽団」からゲストをお招きしたテレワーク演奏会に関する勉強会などを企画しました。

勉強会をきっかけにライブ配信やオンラインでの演奏会を実施されたアーティストの方もいらっしゃり、好評をいただいています。

teketでは、今後も多数の機能追加を予定しています。6月中にご要望の多かったコンビニ決済、電子決済に対応。8月には、座席指定できる会場レイアウトを50箇所追加の予定です。

今後もアーティストの皆さまと手を取り合ってより使い勝手の良いサービスとなるよう機能改善・強化に努めて参ります。


■販売手数料無料キャンペーン

開催期間:3月26日(木) 10:00〜6月30日(火) 23:59
対象者:teketにイベント登録された団体または主催者
エントリー方法:
teketにアカウント登録し、teketイベント管理ページからイベント登録で完了
※キャンペーン対象団体および主催者にメールにて通知をお送りいたします。
※精算時の振込手数料1件あたり220円(税込み)のみ、主催者のご負担となります。



■teketの特徴
 


①イベントページ(告知ページ)作成
②販売状況管理
③指定席にも対応
④席ごとの値段付けや割引、チケットの譲渡に対応
⑤LINEでチケットを受取る機能
⑥来場者分析
⑦安価な料金体系
⑧紙のチケットとしての利用


teketは、誰でも簡単に音楽や演劇などのイベントページを審査不要で即日作成できます。ページを作成後、すぐに電子チケットを販売可能です。特徴は、会場ごとに指定席・自由席を決めることができ、指定席の席決めもWEB上で簡単に行えること。席ごとの値段付けや割引、チケットの譲渡にも対応しているので、臨機応変な対応が求められる現場でもご使用いただけます。

また、紙のチケットでは難しいリアルタイムでの販売状況の確認や、来場者の分析も行えます。PDFで送られてきた電子紙チケットを印刷することで、紙のチケットとしてもお使いいただくことが可能です。
 


さらに、LINE連携機能も搭載しています。LINEでteketのアカウントを友だち登録するとLINE経由でのチケットの受け取りが可能です(別途teketの会員登録が必要となります)。

teketは、無料公演であれば販売手数料は無料です。有料公演の場合は、自由席は8%、指定席は10%の販売手数料がかかります。


■ホン株式会社 会社概要
会社名:ホン株式会社
所在地:東京都目黒区東山三丁目18番9号B1F
代表者:代表取締役 櫻庭康人
事業内容:コンピューター・ソフトウェアの企画、開発
HP:http://h0ne.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ホン株式会社 >
  3. イベント運営サービス「teket(テケト)」。動画プラットフォーム「Vimeo」との連携を強化。6月中にコンビニ決済、電子決済にも対応