千葉道場ファンドに連続起業家の松村映子とTechCrunch Japan元副編集長の木村拓哉が参画

起業家コミュニティ・ベンチャーキャピタル「千葉道場ファンド」に連続起業家の松村映子、TechCrunch Japan元副編集長の木村拓哉が参画したことを報告いたします。

「千葉道場」はスタートアップ経営者が本音で語り合い、学び合い、切磋琢磨するコミュニティです。徹底的なGIVEの精神と、絶対的な秘密厳守のルールによって起業家同士の濃密な関係性が特徴です。コミュニティは2015年より活動を開始し、年に2回開催される合宿と勉強会を積み重ねて成長してきました。現在ではM&AやIPO、ユニコーン企業を多数輩出する日本有数の起業家コミュニティとなっています。

「千葉道場ファンド」は、「千葉道場」から生まれたコミュニティ・ベンチャーキャピタルとして2019年に設立されました。ファンド運用総額は約120億円となっており、主にシード・アーリーまたはレイターステージのスタートアップに投資実行しています。運営メンバーの約半数に起業家経験があるため、起業家目線に立った親身なサポートが特徴です。

今後、松村は投資先支援などを行うフェローとして、木村はベンチャーキャピタリスト兼メディア統括としてスタートアップエコシステムの発展に貢献していきます。

■参画メンバー 松村映子のプロフィール


2014年に宅配クリーニング「バスケット」を運営するバスケット株式会社を創業。2015年に株式会社ストライプインターナショナルの完全子会社となる。同社の取締役Chief Digital Officerに就任し、ファッションレンタルアプリ「メチャカリ」などを手掛ける。2021年11月より現職。千葉道場ファンドでは、フェローとして投資先支援を担当。



■参画メンバー 木村拓哉のプロフィール


新卒で入社した証券会社を経て、2016年にシリコンバレー発のスタートアップメディア「TechCrunch Japan」へ編集記者として参画。スタートアップへの取材を約5年間行う。2020年、副編集長に就任し編集チームを統括。国内最大級のスタートアップイベント「TechCrunch Tokyo」の企画運営なども行う。2022年7月より現職。千葉道場ファンドでは、投資業務やメディア運営を担当。



新メンバー加入に関するファンドメンバーのコメントを以下に掲載いたします。

- 千葉道場ファンド 代表取締役GP 千葉功太郎

千葉道場ファンドとして、連続起業家である松村さんをフェローとして、TechCrunch Japan元副編集長の木村さんをベンチャーキャピタリストとして参画いただいたことを大変嬉しく感じています!
今回、新たに2名のメンバーを迎えることで、千葉道場ファンドチームも支援の幅を広げることができました。これからも『起業家による起業家のためのコミュニティ・ベンチャーキャピタル』として起業家支援を行います。

- 参画メンバー 松村映子

2011年から起業し、清算や売却を経験してきました。いくつものハードシングスを乗り越えてこられたのは、相談しあえる起業家仲間がいたからです。どうしたらそのような起業家仲間が作れるのか?その答えのひとつが千葉道場の取り組みだと感じ、私も参画することに致しました。順調な時もそうでない時も、自分たちや自分たちの会社を高め合える仲間にひとりでも多く出会えるコミュニティを作っていきたいです。

- 参画メンバー 木村拓哉

TechCrunch Japanで編集記者としてスタートアップの取材を長年続けてきましたが、今回千葉道場ファンドに参画し、新しい立場から起業家の皆様を支援できることを嬉しく思います。キャピタリストという職業は私にとって新たな挑戦となりますが、キャピタリストになっても、「起業家こそが主人公である」という記者時代からの基本理念を忘れず、業界の発展に貢献していきたいと思います。

■ 起業家コミュニティ「千葉道場」の概要

「千葉道場」は代表の千葉功太郎がエンジェル投資家として出資していたスタートアップの起業家たちから「起業家同士で経営の課題や悩みを相談しあえる場がほしい」と相談を受けたことから始まった日本有数の起業家コミュニティです。

千葉道場には投資先の経営者のみが参加でき、完全秘密主義徹底のもと、起業家にとって本当に必要なものを横串で応援するプラットフォームとして活動してまいりました。千葉道場には現在75社以上が参加しており、次世代を担うユニコーンスタートアップの成長を支えるべく、合宿や勉強会を通して、起業家同士で切磋琢磨しあう学びの場となっております。

<会社概要>
会社名:千葉道場株式会社
代表者:代表取締役 千葉功太郎
所在地:東京都渋谷区恵比寿一丁目31番11-501
事業内容:スタートアップ起業家コミュニティ「千葉道場」の運営
     ベンチャー投資ファンド「千葉道場ファンド」の運用・管理
ホームページ:https://chiba-dojo.jp/

【本件に関するお問合せ先】
千葉道場株式会社 担当:木村
Mail:kimura-takuya@chiba-dojo.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 千葉道場株式会社 >
  3. 千葉道場ファンドに連続起業家の松村映子とTechCrunch Japan元副編集長の木村拓哉が参画