日程調整カレンダープラットフォームのSpir(スピア)が「Microsoft for Startups」に採択され、Microsoft 365との連携を開始

Microsoft 365のOutlookと連携してSpirの利用が可能に

日程調整カレンダープラットフォーム「Spir」(スピア)を展開する株式会社Spir(東京都渋谷区、代表取締役:大山 晋輔、以下Spir)は、マイクロソフトコーポレーション(本社:米国ワシントン州)が提供するスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択されました。また合わせて、Microsoft 365のOutlookと連携してSpirをご利用いただけるようになりました。

■「Microsoft for Startups」とは


Microsoft for Startupsとは、マイクロソフトが提供するスタートアップ支援プログラムです。独自のイノベーティブなテクニカルソリューションを持つスタートアップ企業の成長促進を目的としており、すでに14を超える国と地域でプログラムが展開されています。

当プログラムに採択されたスタートアップ企業は、テクノロジーのサポートに加え、同社のグローバルな営業部門およびパートナーと連携し、事業拡大に適した専用のリソースが提供されます。
Microsoft for Startups概要:https://startups.microsoft.com/ja-jp/

■ Microsoft 365とSpirの連携開始

SpirはこれまでGoogle WorkspaceのGoogle Calendarのみ連携が可能でしたが、Microsoft 365のOutlookとも連携が可能になりました。これに伴ってOutlookで管理している予定をSpirでも表示しながら、予定の管理や日程の調整を行っていただくことが出来ます。

Microsoft for Startupsへの採択により、マイクロソフトからの支援をうけながらMicrosoftとの連携を今後強化して参ります。

■ Spirが提供するサービス

SpirはGoogle CalendarやOutlookの複数のアカウントと連携して社内の予定管理や社外との日程調整ができるカレンダープラットフォームです。現在は無料でご利用いただくことの出来るβ版を5,000名様まで先行公開しています。(https://www.spirinc.com/

料金:無料
サービスURL:https://www.spirinc.com
β版の利用申込:https://forms.gle/zCSDSVzosJGv6nxcA
お問い合わせ先:info@spirinc.com

Spirの特徴

1. 複数アカウントのカレンダーを一元管理
本業のOutlookの予定と副業先/兼業先/プライベートのGoogle Calendarの予定など、複数アカウントの予定を一つのカレンダーで表示・管理出来るため、用途に応じてカレンダーを切り替える必要がありません。

複数アカウントのカレンダーと連携複数アカウントのカレンダーと連携

 


2. あらゆるタイプの日程調整にワンストップで対応
条件指定による予約受付型の日程調整、候補日時を都度選択する日程調整、複数人での日程調整に全て対応し、また、日程調整はURLでの送付だけでなく、テキストでの候補日時の書き出しにも対応しているため、幅広い日程調整のニーズにワンストップで対応することが出来ます。

 

日程調整のタイプ日程調整のタイプ


3. Zoomなどのビデオ会議のURLを自動発行
ZoomやGoogle Meetと連携して、日程調整の確定時に自動的にビデオ会議のURL発行され、予定参加者に共有されるため、ビデオ会議用のURLを連絡する手間が不要です。

ビデオ会議URLの自動発行ビデオ会議URLの自動発行

 


■ 株式会社Spirについて

「創造性を解放する」というミッションを掲げ、2019年3月に設立。日程調整カレンダープラットフォームの『Spir』 は、DX(デジタルトランスフォーメーション)が進展する中で、ビジネスパーソンの創造性の解放のための重要な位置づけのサービスです。今後もユーザーに価値を提供するべく、ミッションと合致した事業展開を行ってまいります。

名称|株式会社Spir
設立日|2019年3月
代表者|代表取締役社長 大山 晋輔
事業内容|日程調整カレンダープラットフォームSpir(スピア)の開発・運営
URL|https://www.spirinc.com/about

■ 本件に関するお問い合わせ

株式会社Spir
代表取締役社長 大山 晋輔
info@spirinc.com

 

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Spir >
  3. 日程調整カレンダープラットフォームのSpir(スピア)が「Microsoft for Startups」に採択され、Microsoft 365との連携を開始