ONE YOUNG WORLDミュンヘン2021閉会式に参加するオール女性代表団のメンバーを発表 

OYWJ特命代表のSUMIRE、川口千里率いる女性オールスターバンドと共に閉会式に出席。

日本、東京:One Young World Japan (OYWJ)は、国際女性デーに合わせて、2021年7月25日に開催されるOne Young World Munich 2021の閉会式で、東京と日本を代表して参加するSDGs 目標5の実現に向けた全員女性の代表団のメンバーを発表します。
東京と日本を代表して、One Young World及びミュンヘン市からバトンを受け取るために、One Young World Japan初の特命代表であるSUMIREさんがミュンヘン世界サミットに登場します。昨年10月に開催された「One Young World 2020 Tokyo Caucus」に特別出演したSUMIREさんは、世界が一つになることの大切さをテーマにスピーチを行いました。このイベントでは、SDGsの17の目標と、現在世界が直面している多くの課題に対する現実的な解決策を議論しアクションに結びつけていくために、世界の若いリーダーたちが対面とオンラインで集まりました。SUMIREさんのミュンヘン世界サミットへの登壇は、2021年の日本代表団の士気を大いに高めると期待されています。
 

ONE YOUNG WORLD 2020 TOKYO CAUCUSの開会式におけるSUMIREさんONE YOUNG WORLD 2020 TOKYO CAUCUSの開会式におけるSUMIREさん


2022年5月に東京で開催されるOne Young World世界サミットは、One Young World史上最大規模のものになることが期待されています。また、SDGs目標5の実現に向けた支援の表明と、来年の東京サミットへの期待感を盛り上げるために、SUMIREさんが、ドラムの鬼才・川口千里さんを中心とした日本を代表する女性ミュージシャン8名をミュンヘン閉会式において紹介します。

川口千里さんは5歳の頃から、世界中の聴衆を魅了し、様々なジャンルやスタイルを持つ多くの伝説的なミュージシャンと共演してきました。音楽監督/作編曲は安部潤氏が、サウンドエンジニアには長年のマネージャー兼パートナーである木村正和氏が担当します。川口さん率いる、全員女性のオールスター・バンドは、以下のメンバーで構成されています:
 

川口千里川口千里

 

 

 

 

 

 

瀬川 千鶴瀬川 千鶴

竹田 麻里絵竹田 麻里絵

芹田 珠奈芹田 珠奈






 



 

中園 亜美中園 亜美

寺地 美穂寺地 美穂

米澤 美玖米澤 美玖

稲村 和佳奈稲村 和佳奈











この素晴らしいプログラムをドキュメンタリー化するために、OYWJの理事であり経験豊富なテレビ・映画プロデューサーでもあるダレン・アフシャー氏は、女性監督のリル・オジエー氏と女性撮影監督の迫あすみ氏に声を掛け、スーパーグループの東京―ミュンヘン往復の旅路を記録することとしました。One Young Worldの4日間のサミットは世界190カ国以上から集まる特別な次世代リーダーのみが体験できるものですが、この女性による、女性のためのドキュメンタリーは今年の秋に日本でも放映予定です。サミットへの参加が叶わない方でも、ドキュメンタリーを観ていただくことでサミットの様子をご覧いただくことができます。
 

リル・オジエーリル・オジエー

 

迫あすみ迫あすみ













- END –
 

 


One Young Worldは英国を拠点とする非営利団体です。世界中で活躍する次世代リーダー達の活動を支援し、ネットワーキングしていくプラットフォームを提供します。彼らがより責任ある立場や環境のもとで、より効果的に実践的にリーダーシップを発揮することを可能にすることで、より良い世界を実現していきます。毎年開催されるこのサミットには、気候変動から紛争解決まで、最も差し迫った社会課題に取り組むために、196カ国から2,000人以上の優秀な次世代リーダーが参加します。

One Young Worldは、故コフィ・アナン氏、メアリー・ロビンソン大統領、フアン・マヌエル・サントス大統領、ボブ・ゲルドフ卿、リチャード・ブランソン卿、デズモンド・ツツ大司教、ジェームズ・チャウ氏、エマ・ワトソン氏、メーガン・マークル氏、ムハマド・ユヌス教授など、著名な世界のトップリーダー達によって積極的に支援されています。世界のリーダー達が、One Young Worldサミットに参加する次世代リーダー達と共に、社会
変革に向けて取り組みます。

2009年の設立以来、One Young Worldは1万人を超えるアンバサダー(歴代のOne Young World参加者)のネットワークを構築し、彼らの様々なプロジェクトは、世界中で2000万人以上の人々に恩恵をもたらしています。アンバサダーの中には、FGM廃止を唱えるジャハ・ドゥクレ氏、脱北者のヨンミ・パーク氏、サンパウロ・タバタ・アマラル・デ・ポンテス連邦保安官代理、精神衛生活動家のフセイン・マナワー氏、カルモニー創設者の岩沢直美氏、ソーシャルメディアで人気のジェローム・ジャール氏、Wheeling Happinessの創設者デヴィカ・マリク氏などが名を連ねています。

「ダヴォス会議の若者版」とも呼ばれ、数々の賞を受賞したOne Young Worldサミットは、C&ITによって過去3度、International Conference of the Yearに選ばれています。また、One Young Worldは、どのNGO団体よりも企業との連携が大きく、Fortune500社やFTSE100社に名を連ねる世界の主要企業500社以上と提携しています。

これまでの開催地は、ロンドン(2010)、チューリッヒ(2011)、ピッツバーグ(2012)、ヨハネスブルグ(2013)、ダブリン(2014)、バンコク(2015)、オタワ(2016)、ボゴタ(2017)、ハーグ(2018)、ロンドン(2019)。次回のサミットはミュンヘン(2021)、そして2022年には東京で開催される予定です。

 



 
  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人One Young World Japan Committee >
  3. ONE YOUNG WORLDミュンヘン2021閉会式に参加するオール女性代表団のメンバーを発表