〈バレットグループ〉「1日500円」リモートワーク手当の実施と新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急対策を強化

全社員対象、業務全てにおいて社内利用を”原則禁止”そして「リモートにおける手当」を支給

バレットグループ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:小方 厚、以下バレットグループ)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、以下の内容で対策を実施することをお知らせします。


 
  • 実施概要 
東京都知事による新型コロナウイルス感染対策についての緊急会見を受け、バレットグループでは引き続き、
原則在宅勤務体制を継続するとともに、さらに感染防止の強化のため全社員の本社オフィスへの出社を原則禁止することを決定致しました。また、在宅勤務となる全社員に対し在宅による、従業員の負担軽減を目的とした「リモートワーク(在宅勤務)手当」を福利厚生としてスタートします。
 
  • 緊急対策:具体的な対策概要
<1>通勤ラッシュ時(午前7時~午前10時)において全従業員が電車通勤を回避
<2>不要な出社を控え、基本的に在宅勤務を実施
<3>外出時及び、社内においてマスクの常時着用を実施、可能な限り公共交通機関の利用を避け、感染リスクを回避する

*以下、本日より追加事項となります。
<4>本社オフィスの利用禁止、原則、全員在宅勤務にて対応
<5>契約シェアオフィスの利用禁止
<6>外出アポイントの禁止、テレカンへの切り替えが不可の場合は、原則延期とする
<7>顧客来社アポイント(面接・面談含む)の禁止

▽期間
2020年1月29日(水)~ 原則新型コロナウィルス感染事態 終息まで
※2020年2月10日(月)継続決定
※2020年3月25日(木)対策強化とともに、継続決定

バレットグループ全体として、必要な経済活動は止めず社会情勢に応じた迅速な対応とともに感染リスクを排除し、安全の確保に務めて参ります。
 
  • リモートワーク(在宅勤務)手当の支給をスタート
上記の緊急対策と併せて、バレットグループとして新しい福利厚生を設置しました。
現在、社会問題となっている通勤ラッシュへの対策及び”社員の通勤ストレス軽減”や”業務効率の観点”により、全社としてリモートワーク(在宅勤務)の実施をスタート致します。
今後、自宅勤務による環境整備費、光熱費、備品購入 費などの負担増加が想定されることを考慮し、会社として補助する目的として導入を致します。

▽内容と運用ルール
リモートワーク(在宅勤務)を 5h以上/日 実施した場合、500円/日 を支給
※オフィス勤務のみ、シェアオフィスのみの勤務日は支給対象外
同日でオフィス勤務+リモートワーク勤務を実施した場合、その日のリモートワーク勤務部分が5h以上であれば、支給対象。支給対象回数を集計し、給与と合わせて支給します。

 


■バレットグループについて
人とテクノロジーで世界をつなぐ

バレットグループは最新テクノロジーを取り入れた事業を展開し、ITラッシュである現代においての開拓者たちの夢を支えられる「究極のサポーター集団」を目指します。自社オリジナルの広告事業、商品企画からユーザーサポートまでを一気通貫で対応するD2Cプランニング事業、エンジニアやクリエイターのキャリアコンサルティングを手がけるビジネスソリューション事業を柱として国内外へ事業展開しています。また、グループ会社であるBGテクノロジー社では、広告主・パートナー社に最大限寄り添える唯一の成果報酬型プラットフォームSLVRbullet(シルバーバレット)を展開。ゴールに向けてオーダーメイド型でプランニングしながらパートナー社がパフォーマンスを最大化出来るようあらゆる角度で支援しています。

コーポレート   : https://bltinc.co.jp/
リクルーティング : https://bltinc.co.jp/recruit/

<グループ会社>
BGテクノロジー株式会社 : https://bgtech.co.jp/
バレットグループミャンマー株式会社

■会社概要
社名:バレットグループ株式会社
本社所在地:東京都新宿区新宿5-18-14 新宿北西ビル 10F
代表:代表取締役 小方 厚
設立:2013年1月

<受賞歴>
ベストベンチャー100
WOMAN’s VALUE AWARD 2018/2019

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バレットグループ株式会社 >
  3. 〈バレットグループ〉「1日500円」リモートワーク手当の実施と新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急対策を強化