オートデスクとホンダデザインセンター、戦略的提携の下 デザイン業務のさらなるデジタル化の加速を目指す

オートデスクはホンダデザインセンターと共に、業務のさらなるデジタル化の加速と商品魅力の創出・表現・可視化の強化に取り組みます
オートデスク株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長 織田 浩義、以下、オートデスク)と株式会社本田技術研究所 デザインセンター(所在地:埼玉県和光市/センター長:南 俊叙、以下、ホンダデザインセンター)は、2017 年に締結したエンタープライズビジネス契約(EBA)を経て、今般、戦略的提携の新たなフェーズを開始しました。

両社は 2017 年、デザインの魅力創出と開発効率化を促進させるために EBA を締結し、これまで新技術を中心にデジタルツールを活用した業務貢献の可能性を模索してまいりました。

このたびの戦略的提携では、本田技研工業株式会社の研究開発機関として、新技術や製品の研究開発を行っているホンダデザインセンターと共に、業務のさらなるデジタル化の加速と商品魅力の創出・表現・可視化の強化に取り組みます。

デジタル技術をさらに活用することにより、未来の働き方を促進するうえで必要不可欠となる業務そのものの「質」を上げることが可能になります。そして、組織・プロセス・企業文化を変革し、競争力を高めることができるようになります。

ホンダデザインセンター オートモービル開発室室長である河野 拓氏は次のように述べています。
「オートデスク様とのパートナーシップにより、ホンダが掲げる 2030 年ビジョンの実現へ向けて、より効果的なデジタル技術の活用を促進するというチャレンジに取り組むことができると思います。製造業としても変革を求められる時代ですが、その流れをチャンスと捉えるべく我々も進化していきます」

オートデスク アジアパシフィックアカウント営業本部 シニアディレクターのルー・グレスパンは次のように述べています。
「ホンダデザインセンターの開発プロセスにおける DX 促進に貢献できることを大変嬉しく思います。世界中の自動車メーカーのデザインスタジオとの取り組みにより培った知見のみならず、ホンダデザインセンターに最適な技術を用いて、ワークフローの構築を支援していきます」
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オートデスク株式会社 >
  3. オートデスクとホンダデザインセンター、戦略的提携の下 デザイン業務のさらなるデジタル化の加速を目指す