「JAPAN ツタンカーメン プロジェクト」発足のご挨拶

CMEモルゲンランドはオールジャパンの専門家を結集し「JAPAN ツタンカーメン プロジェクト」を発足しました

文化事業と環境ビジネスを推進する株式会社CMEモルゲンランド(本社:千葉県長生郡、東京オフィス:東京都中央区。代表取締役:野澤汎雄。以下、CMEモルゲンランド)は、自社で所有するツタンカーメンの「スーパークローン芸術®」作品を用いた「JAPAN ツタンカーメンプロジェクト」を発足し、オンラインコミュニティ開発運営の株式会社エイプリル・データ・デザインズ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:濱田功志。以下エイプリル)と共同で、リアル・バーチャルの展覧会事業を開始することをお知らせします。

 

ムスタファ・ムハンマド教授ムスタファ・ムハンマド教授

プロジェクトのメンバーは、エジプト学の専門家やイベントプロデューサー、展示デザイナー、映像プロデューサー、カメラマン、エジプト音楽家、出版関係者など国内の各分野の専門家や法人を結集して構成しました。

■CMEモルゲンランドが所有する「スーパークローン芸術®」作品とは

エジプトのミニア大学純粋芸術学部のムスタファ・ムハンマド教授が率いるエジプトの彫刻家、彫金師などの専門家たちがツタンカーメン王の陵墓から発見された「黄金のマスク」や「戦車」、「玉座」など3,300年前の至宝を本物と同じサイズで精巧に再現しました。

 

私どもCMEモルゲンランドは「日本やアジアの子どもたちの教育芸術文化に役立ててほしい」というムスタファ・ムハンマド教授の願いに応え、126点の作品を所有することになりました。

2022年はイギリスの考古学者ハワード・カーター博士が1922年にツタンカーメン王の墓を発見して100周年となり、世界中でツタンカーメンに注目が集まることが予測されます。

■「JAPAN ツタンカーメン プロジェクト」の計画

今後、アジア全地域(中近東およびオセアニア・大洋州を含む)でのリアルとバーチャルの展覧会の開催を計画しています。

また、コンテンツ開発のパートナーであるエイプリルと共同で、映像、ゲーム、マンガ、音楽から教材出版、グッズ製作まで多岐に渡るオリジナルコンテンツ開発。「Re Art & Craft®」「スーパークローン芸術®」の名のもとに全世界に向けて発信することを計画しています。

私たちは、世界のマンガ・アニメ文化をリードしてきたオールジャパンの「想像力」と「創造力」を結集し、アフターコロナの希望のシンボルとして、若き王ツタンカーメンの波乱万丈な物語を世界に向けて発信していきます。

 

(C) ANKH(C) ANKH

 


写真 : 村尾昌美 + 竹脇献 / © ANKH


<株式会社CMEモルゲンランド会社概要>
本社:千葉県長生郡長南町
東京オフィス:東京都中央区銀座
代表取締役:野澤汎雄
設立:平成15年9月
資本金:4000万円
URL:https://www.cmemorgenland.com/
事業内容:文化事業・環境ビジネス・メディア事業


<株式会社エイプリル・データ・デザインズ会社概要>
本社:東京都世田谷区
代表取締役:濱田功志
設立:平成4年10月
資本金:1000万円
URL:https://www.aprildd.co.jp/
事業内容:オンラインコミュニティ開発、ゲームアプリ開発
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エイプリル・データ・デザインズ >
  3. 「JAPAN ツタンカーメン プロジェクト」発足のご挨拶