川村文化芸術振興財団は2021年度 ソーシャリー・エンゲイジド・アート(SEA)支援助成の公募を開始します。

コミュニティや社会にコミットし、地域社会や住民とともに制作や活動を実施し、より良い社会モデルの提示や構築を目指す日本国内で実施されるアートプロジェクトに対して助成します。

【2021年度の公募について】
現在の新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、本年度に限り「コロナ禍におけるソーシャリー・エンゲイジド・アートプロジェクト」をテーマとしたプロジェクトのアイディアを募集します。コロナ禍(もしくはアフターコロナ、ウィズコロナ)におけるコミュニティ、社会生活、社会制度について新たな提案を含んだSEAのプロジェクトの応募を期待しています。

きむらとしろうじんじん+ブレーカープロジェクト「野点+いまみや妄想ひろば 実験その1」写真:仲川あいきむらとしろうじんじん+ブレーカープロジェクト「野点+いまみや妄想ひろば 実験その1」写真:仲川あい


川村文化芸術振興財団(理事長 川村喜久)は、2021年度「ソーシャリー・エンゲイジド・アート(SEA)支援助成」の公募を開始いたしました。ご希望の方は募集規定をご確認の上、ぜひお申し込みください。また、今年度はオンライン公募説明会&シンポジウムを開催します。

当財団は、2017年より日本初となるSEAに対する支援助成事業を継続しています。コミュニティや社会にコミットし、地域社会や住民とともに制作や活動を実施し、より良い社会モデルの提示や構築を目指す日本国内で実施されるアートプロジェクトに対して助成します。芸術文化と社会との関係性をさらに深化させ、日本における文化の発展向上に寄与することを目的としています。

【2021年度の公募について】
現在の新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、本年度に限り「コロナ禍におけるソーシャリー・エンゲイジド・アートプロジェクト」をテーマとしたプロジェクトのアイディアを募集します。採択された助成対象者には、当該プロジェクトを実施するためのプロトタイプ(事前ワークショップ/試作/レクチャー/映像等)を2021年度に発表していただきます。詳しくは、川村文化芸術振興財団公式ウェブサイトより募集要項をご覧ください。

受付期間:2020年8月3日(月)〜10月4日(日) 18 時まで(※日本時間)
採択件数:10件程度
助成額:総額上限 300万円  ※助成額 30万円/件(予定)
助成期間:2021年4月1日〜2022年3月31日
審査結果発表:2020年12月(予定)

受給資格:下記の項目を満たす個人、団体より申請を受け付けます。
・年齢、国籍不問
・芸術活動を行うアーティストおよび団体

募集要項 http://www.kacf.jp/guideline.html

【オンライン公募説明会&シンポジウム】
テーマ:「コロナ時代における、ソーシャリー・エンゲイジド・アートの新地平」
日 時:2020年8月27日(木) 18:00-21:00
出演者:エキソニモ(アーティスト)、きむらとしろうじんじん(アーティスト)、琴仙姫(アーティスト)、高山明(アーティスト)、川村喜久(川村文化芸術振興財団理事長)、窪田研二(キュレーター/川村文化芸術振興財団理事)、相馬千秋(NPO法人芸術公社代表理事/アートプロデューサー)、毛利嘉孝(東京藝術大学大学院教授) ※順不同
参加方法:無料/要事前申込(先着300名)
※Googleフォームよりお申し込み下さい。前日までに配信リンクをお送りします。
Googleフォーム:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf82l2FvlVsuEImlxlPzB6JgWAu5KeBoA2VqkKEYrPtVTg2Jw/viewform

【本件のお問い合わせ先】
一般財団法人 川村文化芸術振興財団 助成事業係 
E-mail:info@kacf.jp
公式ウェブサイト http://www.kacf.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般財団法人川村文化芸術振興財団 >
  3. 川村文化芸術振興財団は2021年度 ソーシャリー・エンゲイジド・アート(SEA)支援助成の公募を開始します。