株式会社システムシェアード、株式会社アプリの全株式を取得

株式会社システムシェアード(本社:東京都千代田区、代表取締役:徐日柱)は、2022年5月30日付けで、株式会社アプリ(本社:大阪府貝塚市、代表取締役:泉屋浩二)の全株式を取得しましたことをお知らせいたします。
システムシェアードは、「日本で最も、中小・ベンチャー企業を支えるIT企業になる」というビジョンを掲げ、システム開発事業、教育事業及びクラウド事業の3事業を展開しております。大手から中小企業まで300社超の顧客を抱えるシステム開発事業と、東京のITスクールとしてトップクラスの実績を持つ教育事業が連携し、「学び→実践→教える」を繰り返す知行合一のIT教育力を軸に15期連続で増収を達成してきております。

アプリは2003年の創業以来、主に大手空調機器メーカー向けの組込み開発に従事してきております。大手空調機器メーカーとの強固な取引関係を有することに加え、組込み開発に強いエンジニアが多数在籍し、独自のシミュレータやツールを開発するなど高い技術力が特徴の企業です。

この度、システムシェアードは、アプリの創業者である泉屋浩二代表取締役との協議の結果、両社の強みを相互に補完することで更なる発展を期待できるものと判断し、システムシェアードグループにご参画頂くことにいたしました。具体的には①両社の顧客ベースを活用したシステム開発案件の共同開拓、②エンジニアの相互交流を通じた人材育成・採用、③新規事業の推進の3点を共同で進めることで両社の成長を推進していく予定です。
  

 

 

株式会社アプリ 代表取締役 泉屋 浩二
徐社長に初めてお会いし色々な価値観を確認していく中で「この人、この会社にアプリを任せたい」と思うようになりました。今回のM&Aに最初は戸惑いを隠せなかった社員も、徐社長との面談により私と同じことを感じたようです。私自身、売却した身ではありますが、これからのアプリの成長を非常に楽しみにしています。

 
株式会社システムシェアード 代表取締役 徐 日柱
意思決定の決め手は、泉屋様の従業員を大切にされる姿勢、そして従業員の皆さんの技術に対する向上心、好奇心でした。
またM&Aは買収がゴールではなく、創業社長が大切に育ててきた会社をより良い会社に成長させることがゴールだと思っています。両社で同じゴールを共有できた事も大きかったと感じています。
3年、5年、10年後に振り返り「グループに入って良かった」と従業員、顧客、先代社長に喜んで貰えるような成長を遂げていきたいと考えております。


システムシェアードは2021年に策定した中期経営計画に基づき、2025年に経常利益30億円を目指しております。中期経営計画を達成するための一つの手段としてM&Aを重要な施策と位置付けており、相互に成長を目指す成長支援案件や後継者不在による事業承継案件など、今後も積極的にM&Aや出資等を実施していきます。

M&Aに関するお問い合わせ:https://www.3sss.co.jp/inquiry/

 

株式会社システムシェアード
本店所在地: 東京都千代田区外神田1-18-13 ダイビル13F
代表者: 代表取締役 徐日柱
設立日: 2007年7月2日
資本金: 4,950万円
事業内容: システム開発
HP: https://www.3sss.co.jp/index.html

株式会社アプリ
代表者: 代表取締役 泉屋浩二
設立日: 2003年10月1日
資本金: 1,000万円
事業内容: システム開発
HP:https://go-apply.studio.site
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社システムシェアード >
  3. 株式会社システムシェアード、株式会社アプリの全株式を取得