IDCフロンティア、マネージドコンテナサービス「IDCFクラウド コンテナ」を提供開始

~海外大手クラウドからオンプレミスまであらゆるITインフラでKubernetes環境をデプロイ可能~

ソフトバンクの子会社でデータセンター・クラウド専業会社の株式会社IDCフロンティア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 勝久、以下「IDCフロンティア」)は、マルチインフラ環境でKubernetesクラスター(*1)の構築・展開・管理を実現するマネージドコンテナサービス「IDCFクラウド コンテナ」を、2021年5月13日より提供開始します。
IDCフロンティアは、いつでもどこでも様々なデジタルインフラを容易に利用できる「Anyインフラ」というコンセプトを掲げており、本サービスの提供は、その第一弾となります。

近年、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)が急速に進む中、システムを支えるITインフラのクラウド化が拡大しています。また、それに伴い、レガシー・アプリケーションからコンテナ化されたクラウドネイティブ・アプリケーションへの移行も進んでいます。

このような中、コンテナの管理基盤であるKubernetesが技術トレンドとして注目を集めています。しかし、Kubernetes環境を実装するための技術習得がエンジニアの課題となっており、コンテナ導入における障壁となっています。

「IDCFクラウド コンテナ」は、お客さま自身でコンテナの管理基盤を構築・運用する必要がなく、あらゆるITインフラ環境でシームレスにコンテナが利用できるマネージドコンテナサービスです。本サービスの特長は次のとおりです。

■特長1:ITインフラのオーケストレーション
IDCフロンティアのパブリッククラウド「IDCFクラウド」で、冗長化されたKubernetesクラスター環境を展開できます。さらに、海外大手クラウドをはじめとする他社クラウドや、プライベートクラウド、データセンターのオンプレミスなどあらゆるITインフラにおいてお客さま独自のコンテナイメージが利用でき、可搬性を実現します。

■特長2:複数のインフラにまたがるコンテナ環境をWeb UIで一元管理
直感的に操作できる画面から、マルチインフラ環境における煩雑なコンテナの管理とワークロードをデプロイできます。また、CI/CD機能(*2)や監視機能により、アプリケーションの本番環境へのリリース自動化やシステム全体の監視が可能です。

さらに、「IDCFクラウド」をアプリケーションのデプロイ先として選んだ場合は、次の独自機能が利用できます。

・ノードのオートリカバリー機能により、コンテナや仮想マシン上に障害を検知した場合は自動で復旧
・L4とL7に対応するロードバランシング機能を併用することで、クラスター内のコンテナをバランシング
・データベース機能を併用することで、コンテナ化されたアプリケーションのデータを保存
 

 

「IDCFクラウド コンテナ」ご利用のイメージ「IDCFクラウド コンテナ」ご利用のイメージ


また、「IDCFクラウド コンテナ」の提供基盤には、Kubernetesの管理プラットフォームである、独SUSE社(以下、SUSE)の「SUSE Rancher」を採用しています。

SUSE President Engineering & Innovation Sheng Liang 氏からのエンドースメント
「SUSEは、『IDCFクラウド コンテナ』の発表を心より歓迎いたします。SUSEが提供するSUSE Rancherはデータセンターからクラウド、エッジを含む全てのKubernetesをGUIからより手軽に一元管理できるKubernetesの管理プラットフォームです。『IDCFクラウド コンテナ』にSUSE Rancherが採用されることで、日本のお客さまに、今までよりも簡単で快適なKubernetesの管理運用と様々なITインフラの一元管理を実現したKubernetes-as-a-Serviceを提供できると期待しております。」

*1 Kubernetesクラスターはコンテナ化されたアプリケーションを実行するノードの集合です。
*2 Continuous Integration/Continuous Deliveryの略で、ソフトウェアやアプリケーションの継続的なインテグレーションとデリバリーを自動化する手法のこと。

***

■「IDCFクラウド コンテナ」の料金(税抜き)
サービスメニュー 単位 従量料金(時間) 月額上限料金(*3)
IDCFクラウド コンテナ for
IDCFクラウド
クラスター
/15ノード
24円 12,000円
IDCFクラウド コンテナ for
マルチクラウド
ノード 16円 8,000円
IDCFクラウド コンテナ for
インポート
ノード 16円 8,000円
IDCFクラウド コンテナ for
カスタム
ノード 16円 8,000円
IDCFクラウド コンテナ for
IDCFプライベートクラウド
物理ホスト
(*4)
160,000円
(月額固定料金)

 

*3 月額上限料金までは従量料金での請求となり、上限に達すると以降は定額の月額料金となります。
*4 物理ホスト6台からのご提供となります。

「IDCFクラウド コンテナ」の詳細は次のURLをご参照ください。
https://www.idcf.jp/container/

■「IDCFクラウド コンテナ」の画面イメージ

ワークロード管理の画面ワークロード管理の画面

クラスターの一覧画面クラスターの一覧画面

クラスターのリソース管理画面クラスターのリソース管理画面

コマンド操作の画面コマンド操作の画面

CI/CDパイプライン管理の画面CI/CDパイプライン管理の画面

以上

【IDCフロンティアについて】(https://www.idcf.jp
社名:株式会社IDCフロンティア(IDC Frontier Inc.)
代表者:代表取締役社長 鈴木 勝久
株式会社IDCフロンティアは、ソフトバンクグループの法人向けデジタルインフラ事業会社として、データセンター、クラウド、レンタルサーバーなどを提供しています。大容量バックボーンネットワークと大規模データセンターを全国で展開し、中小規模からエンタープライズ企業まで、幅広いお客さまに高品質・高信頼のサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社IDCフロンティア >
  3. IDCフロンティア、マネージドコンテナサービス「IDCFクラウド コンテナ」を提供開始