睡眠見守りシステム「まもる~のStation」 アップデートで「睡眠」から「生活」の見守りが可能に

ナースコールとの連携により、さらになる効率化を実現

 株式会社まもるーの(東京都千代田区、代表取締役:桑原 弘明)は、介護施設向け見守りシステム 「まもる~のStation」に、これまでの睡眠や脈拍、呼吸数だけでなく、椅子等への着座、トイレやドアの開閉の回数といった部屋全体の見守りができる「新機能」を追加いたしました。
|株式会社まもるーの| https://mamoruno.miel.care
まもる~のStation|製品| https://mamoruno.miel.care/product-station.php

 

【新機能の特徴】
  • ベッド上だけでなく、お部屋全体を見守り
まもる~のStationは利用者様のベッドのマットレス下に設置したセンサーで、利用者様の睡眠・離床、部屋環境を的確にとらえ、介護施設スタッフにお知らせするシステムです。

これまではベッド上の離床時間・在床時間・睡眠時間を表示するのみでしたが、トイレ、ドア、椅子にセンサーを取り付けることにより、センサーの反応時刻も表示することができるようになりました。

この機能追加により、「利用者様のベッド以外での居室内の動き」が可視化され、介護業務の最適化につながるため、スタッフのさらなる業務効率化が促進されます。
  • ジーコム株式会社「ワイヤレスナースコール ココヘルパ」と「まもるーのStation」が新たに連携
これまでは、スマートフォン内の別々のアプリケーションにアラートが通知されていましたが、ココヘルパアプリひとつで通知を受けとることが可能になりました。

ココヘルパVcamシステム※1 などのカメラ機能との連携も可能となり、「まもる~のStation」からのアラートでカメラ機能が作動するようになりました。このカメラとの連携によって、離床時の転倒事故の際、映像確認により、原因追及や再発防止策を講じることができ、ケア品質の向上が期待できます。
※1 ココヘルパVcam:ナースコールの呼出に対しスマートフォンで居室の映像確認が可能なシステム
|ジーコム株式会社 |ココヘルパVcam| https://www.gcomm.co.jp/cocohelpa/vcam

今回のアップデートにより、利用者様のプライバシーに配慮しつつ、安全性を強化した見守りシステムへと生まれ変わりました。これからも利用者様の課題解決や介護スタッフ様の負担軽減に役立てるよう取り組んでまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社まもるーの >
  3. 睡眠見守りシステム「まもる~のStation」 アップデートで「睡眠」から「生活」の見守りが可能に