スポーツでつながる。未来をつくる。『アル美健康プロジェクト』

放課後児童クラブにてスポーツ指導のサポートをいたしました!

株式会社新潟アルビレックスランニングクラブ(本社:新潟県新潟市中央区/代表取締役社長:大野公彦)では、新型ウイルスの影響による子どもたちの健康二次被害を予防するため、学校休校後も子どもの受け入れを継続している放課後児童クラブにて感染予防にも配慮し、スポーツ指導のサポートをいたしました。
  • 実施の背景
全国の緊急事態宣言を受け、県内の学校休校やスクール活動の休止が相次いでおります。それに伴い、生活が崩れがちな子どもたちの心身のケアが重要となって参ります。
そこで、当クラブが果たすべき社会的意義を考え、子どもたちの運動不足による免疫力低下や精神の不調などの健康二次被害の予防と学童スタッフの負担軽減を目的とし、放課後児童クラブにてスポーツ指導のサポートを始めました。
 
  • 実施の様子
4月27日(月)新潟ひまわりクラブ第二での活動様子



 
  • 今後のスケジュール(予定)

 

  • アル美健康プロジェクトについて

これまで、『アル美健康プロジェクト』では、「スポーツで人々のココロとカラダの健康に寄与し、地域社会に貢献する」ことをテーマに、ジュニアスポーツの普及や市民マラソン大会の運営など、地域の心身両面の健康づくりに取り組んでまいりました。
しかしながら、昨今の社会情勢を受け、「新型ウイルス感染拡大防止につながる活動」と「健康二次被害の予防につながる活動」に特化をし、地域の皆様方の安心・安全な生活を取り戻すべく、活動を推進して参ります。

 

  •  アル美健康プロジェクト活動実績
 実 施 日              活 動 内 容
4月7日(火)  クラブ員・スクール生・関係者へのマスク無料配布(3,000枚)
4月17日(金)   新潟市へマスク寄贈(5,000枚)
4月24日(金)  新潟県へマスク寄贈(10,000枚)

新潟市へマスク寄贈新潟市へマスク寄贈

新潟県へマスク寄贈新潟県へマスク寄贈

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社新潟アルビレックスランニングクラブ >
  3. スポーツでつながる。未来をつくる。『アル美健康プロジェクト』