羽田空港の充電設備を機能強化 / 蓄電池を内蔵し、停電時にも充電が可能に

エリーパワー製可搬型蓄電システム内蔵の充電設備100台設置 / 停電時には2万台のスマートフォン充電が可能

日本空港ビルデング株式会社とエリーパワー株式会社は、旅客利便性の向上ならびに万が一の大規模災害への備えとして、羽田空港第1、第2ターミナルの到着ロビーおよびゲートラウンジ内に2021年2月25日から順次、蓄電池内蔵充電設備を整備します。
既存設備に加えて本設備を配備することで、館内の充電環境が拡充され、停電時に約2万台※のスマートフォンの充電が可能となります。
※1カ所に搭載するUSBポート(8ポート)に対し、約200人(1人当たり30分間)が順次使用する想定。


■設置開始
 2021年2月25日()から順次設置予定

■設置場所
第1、第2ターミナル内 到着ロビーおよびゲートラウンジ内(100
 

■蓄電池製品の仕様
POWER YIILE 3 製品ページ
https://www.eliiypower.co.jp/products/general/py3.html


■その他写真

本件に関する報道機関向けお問い合わせ先

■日本空港ビルデング株式会社
広報・ブランド戦略室 TEL:03-5757-8030
9:00–17:30(土日祝除く)

■エリーパワー株式会社
広報部 TEL: 03-6431-9047 
9:00–18:00(土日祝除く)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エリーパワー株式会社 >
  3. 羽田空港の充電設備を機能強化 / 蓄電池を内蔵し、停電時にも充電が可能に