トライアスロン競技 東京オリパラに向け再スタート

公益社団法人 日本トライアスロン連合(JTU)は、5月25日の緊急事態宣言解除を受け、各選手の個別合宿及び個別トレーニングを段階的にスタートいたしました。

男子選手・チームは、本日6月5日より長野県で強化トレーニング事業を実施、女子選手・チームも、長野県をはじめ各拠点での個別トレーニングを段階的に再開しております。また、パラトライアスロンチームの男女各選手は、同じくそれぞれの拠点に戻り個別強化トレーニングに取り組んでいます。

日本トライアスロン連合(JTU)は、第32回オリンピック競技大会(2020/東京)、東京2020パラリンピック競技大会での目標達成に向けた代表候補選手の個別強化活動支援事業として、引き続き各活動拠点の地方自治体・施設と連携を図り、各選手の個別合宿及び個別トレーニングをサポートする方針です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益社団法人 日本トライアスロン連合 >
  3. トライアスロン競技 東京オリパラに向け再スタート